緊急コラム:新型コロナウイルス感染症対策における現金給付について2

LINEで送る
[`google_buzz` not found]
[`yahoo_buzz` not found]

緊急コラム:新型コロナウイルス感染症対策における現金給付について2

時間が経ち色々分かってきたことがあります

※このコラムで述べることは情報を解析したエビシャコが導き出した仮説であるので
鵜呑みにして過激な行動へ出ないでください

緊急コラム:新型コロナウイルス感染症対策における現金給付について2

こんにちは、こんばんは

エビシャコです

現金給付に関して色々考えたこちらの記事の続きです

 

・休業補償はなし

さて、こちらはもう政府が言い切った事ですので
皆さまはご存知でしょう

緊急事態宣言の発令後も満員電車は走り続け、7都道府県で感染者は増え続けています

ちょと考えれば素人でも分かりますよね?

仕事を続けるから人が動くから感染者が増えているのです
かといって休業はできません
休めば収益が生まれません
収益がないと潰れるようなお店もあります

では何が必要かと言うと
休業の要請と応じた企業・個人への補償です

補償さえあれば休業すると答える店舗や企業は少なくありません
みんな感染が怖いのです
休めるなら休みたいのです
それができないから活動を続けているのです

ですが政府は「補償はしない」と言い切った上に
東京都の求めた休業要請などにも出し渋りを見せました

渋った言い訳は「東京都はできても他の都道府県はできないだろう」という理由です

「国が金を出す」とは一言も出ませんでした

代わりに麻生大臣からは痺れを切らし独自の休業要請に踏み切った東京都に対し
「東京は金持っているんだろうね」の一言を出しました

さらに、休業をした百貨店が政府の経済産業省に呼び出され厳重注意されたという事態も起きています

 

・「問題はなかった」

さて、少しそれますが・・・この一言は結構耳にすることが多いと思われます
児童虐待の凄惨な結果を受けた会見で、いじめ自殺問題で、などなど
額面通りに受け取るなら「我々の対応には何ら問題がなかった」というシンプルなもので
「責任逃れ」とも受け取れますが

エビシャコはもう一つの意味に辿り着きました
「望んだ結果になったから結果オーライだ」という意味の言葉、ということです

・「あの対応は誤りだった」 ・「だからこの悲惨な結果になってしまった」
・「対応に問題はなかった」 ・「だからこの結果を導き出せた」

簡単な国語の「文章を線でつなぐ問題」です
「対応に問題はなかった」→「だからこの悲惨な結果になってしまった」
とはどう考えても点と点を線でつなぐことはできませんし
日本語としておかしいでしょう

先生に提出したらXをもらうこと間違いなしです

・「あの対応は誤りだった」→「だからこの悲惨な結果になってしまった」
・「対応に問題はなかった」→「だからこの結果を導き出せた」

上記二つが「模範解答」と言えます

なので、会見で述べられている「対応に問題はなかった」というのは

ただの責任逃れとは言い切れないということです

「行動は言葉よりも雄弁に語る」と言います
その後の裁判で争う姿勢を言い訳した側が見せる事例がほとんどであること
捜査の打ち切りが相次いでいる事
これが何よりも雄弁に「対応に問題はなかった」に続く
その後の言葉を語っているといえるでしょう

 

・対応の裏にある本音

冒頭でも述べましたが再度述べます

※このコラムで述べることは情報を解析したエビシャコが導き出した仮説であるので
鵜呑みにして過激な行動へ出ないでください

 

 

 

 

 

 

 

では、続けます

 

今や一切の補償をしない政府への不満がどこからも噴出しています
政府を「無能」となじる声もあります
ですがちょっと待ってください
彼らは果たして無能なのでしょうか?

このどさくさ紛れにダウンロード規制法案や年金の支給年齢引き上げなどを
通そうとする姿勢は
狡猾悪質ではあっても馬鹿には見えません

つまり何が言いたいかというと
彼らは無能ではなく「これをしたら何が起きるか」を予測して行動できる頭を持っている
ということです

「補償がないと潰れる企業が出る」「すでに潰れている店や企業が出ている」
政府は当然分かっていますし
恐らく計算済みでしょう

結論を言いましょう、政府がなぜ「補償」を出さないか

それは意図してやっているからです

これは、計画的淘汰です

今の災厄を乗り越えることができた強い企業のみで経済活動を継続していき
強い日本を作ろうという思惑があると思われます
コロナ後の世界情勢を見据えた計算でしょう
すでに欧米では中国への憎悪は高まりつつあり
脱中国へ向けた動きも出始めています
コロナ後の世界情勢はコロナ前とは全く違ったものになると
予測が出てもいます

当然、企業だけでなく人口も減少するでしょう
ですがそれも狙いと思われます
高齢者の医療費に子育て問題、毎年来る災害への対応と対策の費用
国民の数が減ればぐっと減ります
少子化問題に後ろ向きなのも、子育て問題を放置しているのも
将来的に国民の数を減らすための戦略と考えればつじつまが合うでしょう
以前から政府は「小さな政府」を目標に掲げています
国民の数が少なければ運営はしやすいでしょう


さすがに「突拍子もないこと」とエビシャコも
自分で言っておきながら上記の仮説を思っていました
本当なら「お蔵入り」のつもりでした
ですが、デパートへの叱責に加え
「(補償が出なければ)潰れるような企業は潰す」という自民党幹部の発言があったという情報
これらを受けてさすがにもう「突拍子もない」などと言えなくなったので
今回の記事に仕上げました

 

最後に・・・あまり言いたくないのですが、人命に変えられないので

日本で大流行は起きます
企業倒産も相次ぎます

すべては政府の思惑通りです

私たちにできることは「生き延びる事」です
国の助けを待たず地域単位で町単位でご近所で助け合いましょう
コロナ後に「どうするか」も「生き延びる事」あってこそです

皆さま
身を守る行動を取ってください

 

ではまた

 

 

 

 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ