【小説・ノベル感想】【書籍感想】魔法少女育成計画 limited(前)(後) 遠藤浅蜊【レビュー】【ネタバレ注意】

LINEで送る
[`google_buzz` not found]
[`yahoo_buzz` not found]

魔法少女育成計画 limited(前)(後) 遠藤浅蜊

 

約130年の時を超えた「悪夢」、再び!

 

魔法少女育成計画 limited(前)(後) 遠藤浅蜊

 

こんにちは、こんばんわ
エビシャコです

レビュー参ります

DIOか?
こっちでもDIOが出るのか?

DIO様はまだ対話可能なだけいいです
何より弱点多い吸血鬼なので
もっと厄介な人なのですクレス

 

・・・?

 

ヒント、私がかつてゲリザギバスで仕留め損ねたエモノの名を冠する・・・

 

!!?ちょっとまてこら!!
まだ処分していなかったのか魔法の国は!!?
あんなの生かしておいても害しかないだろう!!?
この100年近く何をしていたのだ
あの無能どもめが!!!

 

お、おい?
お前がそこまで取り乱すって
そんなにヤバイのか、今回の相手は!

 

こっちのレビューでちらりと触れた人たちを
変質者なおバカさんが「ついで」で本当に娑婆に出しちゃいましてね・・・
とりあえず、いきます

 

・いきなり魔法少女に!

 

冒頭はまだ平和です
生徒からつけられた渾名「怪物(モンスター)」に傷ついた
B市の波山中学校の女性の国語教師「姫野希(20代後半)」
そんな彼女と文化祭清掃委員会の打ち合わせのため理科準備室に集まっていた
女子生徒「芝原海 (中学2年生)」「根村佳代 (中学2年生)」「結屋美袮(中学2年生)」
「三 香織 (中学1年生)」「酒己達子 (中学1年生)」
彼女たちの5人その場で魔法少女になります

唐突だな・・・

妖精「トコ」が飛び込んできたためなのです

あのファヴと異なり彼女は人型をしています
結果、7人の魔法少女がその場に揃いました

 

ん?
ちょっとまて、数が合わんぞ?

それは・・・トコの魔法が大雑把すぎて
その場にいたある程度の大きさ以上の生物
無差別に魔法少女にしてしまったためなのです

 

テプセケ・メイ

理科準備室で飼育されていたエジプトリクガメのメイちゃんが元の姿です

能力は「風と同化してどこまでもいけるよ」

そういえば、チェルナー・マウスという例がいたな

 

だがまて、それでも数が合わんぞ

その場にいたのが人間は6人
誕生した魔法少女は5人
リクガメを入れて7人
・・・1人はすでに魔法少女だったということか?

 

さすが、鋭いのです

きな臭いな・・・どうせそいつはトコとやらとグルだろう?
魔法少女を増やしたのも「木を隠すには森の中」
「魔法少女を隠すには魔法少女の中」のような理由からだろう?
そもそも、平気で一般人を巻き込む奴が善良な奴なわけがない

それ以上はネタバレになりそうなんでストップ!
ちなみに姫野先生の「モンスター」という渾名は
「外見年齢があまり変わらない(幼い容姿)だから」だそうです

ちなみにメイちゃん以外は

繰々姫(姫野希)

能力は「何本ものリボンを自由自在に操れるよ」

 

キャプテン・グレース(芝原海)

能力は「すごくかっこいい魔法の海賊船を出せるよ」

 

ファニートリック(根村佳代)

能力は「隠したものと別のものを入れ替えるよ」

 

レイン・ポゥ(三 香織)

能力は「実体を持つ虹の橋を作り出せるよ」

 

ポスタリィ(酒己達子)

能力は「どんなものでも持ち主のもとに送り返せるよ」

 

 

ウェディン(酒己達子)

能力は「約束したらそれを絶対に守らせるよ」

 

犯人は、この中にいる!!

 

ちなみに、その魔法少女は「魔法少女の暗殺」をやらかして
追われていたそうです

それを言ったらクラムベリーをどうして今まで放っておいたのだろうな?

少なくともあいつの方が圧倒的に大量に殺しているだろうに・・・

 

 

・魔法の国の捜査班たち

さて、魔法の国の追手たちは一度「暗殺犯」に撃退され犠牲者も出したものの
続々と救援の魔法少女が駆けつけてきました

 

7753(七谷小鳥)

能力は「相手の能力が分かる魔法のゴーグルを使うよ」

上司に言われて派遣されてきたのはいいものの
ゴーグルの事を秘密にしての潜入に近い形の共闘な上に
リーダーの魔法使い「マナ」がめちゃくちゃ不機嫌と言う状況です

従来は新人の研修を担うだけのごくごく平和(クラムベリーなどの例外は除く)なお仕事を
している上に、彼女自身が新人の事を気にかけてくれる善良な先輩魔法少女であるため
デスゲームとは無縁の人でした
この時までは

ちなみに「上司」は新しく配属された人で勝手にゴーグルを改造した上に
彼女を新人研修の名目でB市に派遣しました

とんだ災難だな、まったく・・・

 

マナ

「呪文と儀式でいろんな魔法を使うよ」と言う能力だそうですが
これ、能力じゃなくて「魔法使い」に分類される人はみんなやってると思うのです

こいつは魔法少女でも魔術師でもない「魔法使い」なんだな?

 

ああ、地球人たちの間で最近流行の「30歳まで貞操を・・・」

それで本当に魔法使いになる異世界転生者や召喚者出てくるとか
訳分からないんですけどね今どきのリントたちって!

ただ、彼女はモンスターメーカーのガンダウルフさんに代表されるような
ファンタジーでありがちな白いひげのおじいさんみたいな
「万能型」なわけではありませんし、身体能力は魔法少女未満
魔法を使うにも儀式など準備が必要でむしろ現状ひっ迫しています
さらに悪いことに、犠牲者が出たことで感情的になり取り乱していて
7753たちに当たり気味という・・・

戦場で冷静さ失うのは致命的すぎるぞ
自分が死ぬだけならともかく
最悪、味方を道連れに心中になりかねん

しかも来てくれた奴に喧嘩を売るとか
後ろから撃たれても文句も言えんだろう

 

下克上羽菜

能力は「感覚をものすごく鋭くできるよ」
マナとは姉妹同然に仲が良く、しかも彼女の受けた試験の試験官は
マナの父親で
マナの父親は彼女の名前から取って「マナ」を名付けたことから
ただの試験官と生徒と言う間柄ではないことが伺えます

家族ぐるみで仲がいいって何があった

短編集で後々語られると思います

そういえばエビシャコ、お前の試験官はどんなだった?

先生の事はまた今度・・・

そして彼女は妹分のマナがこんな状態のため
彼女に代わってみんなを取り持つお姉さん的な役割をします

 

魔王パム

能力は「四枚の黒くて大きな羽で戦うよ」

ってええええええええ!!!?
ここでこの人来ちゃうのですか!!?

ちょっとまて今度はどうした?

「魔王塾」は知ってるのですよね?
その塾長が彼女

「魔王」の名は伊達ではなく、「外交部門の秘密兵器」とすら言われる
恐らく魔法少女の誰に聞いても「最強の魔法少女は誰か?」という問いに答えとして出るだろう
文字通りの「最強」です

そんなのが出張るほどのヤマなのか、今回の「暗殺犯」は?

特筆すべきは・・・
彼女は「クラムベリー」の師匠と言うことでしょう

!!?なんだと・・・!!

クラムベリーは放逐されたわけではなく「卒業生」
「魔王パムに一撃を入れる」という試験課題をパスして正門から出て行ったのですけど
その後で何してくれたかは「魔法少女育成計画」等を参照
ただ、これらの事は師匠である彼女は全く知らなかったことですけど
「魔王塾」と彼女の所属である「外交部門」は失墜
当人は気にしていないように装っていましたけど
リップルに敬語を使って話しかけるなど、やはり申し訳なく思ってはいる様子です

普段はハートマン軍曹みたいな話し方や接し方する人なんで

ああ、「生きたり死んだりできなくなるまで痛めつけてやる!」で有名な鬼軍曹か!

クレス~?
記憶野に重大なバグが発生しているのですよ
それにそれでは「鬼軍曹」と言うより「鬼畜生」でしょう!

 

リップル(細波華乃)

前々作「魔法少女育成計画」より再登場、この時点で19歳
能力は「手裏剣を投げれば百発百中だよ」
「スノーホワイト育成計画」で見られたスノーホワイトとの修行の他
彼女を助けるべく魔法の国での出世の道を選んだことから自主訓練も行っているようです
実力は新米のころとは格段に上がっているでしょう

相変わらず、傷は治していないようだな

 

 

・どうしてさっさと処分せなんだ、この無能ども(byムガレ=クレス)

魔法の国の捜査チームと即席魔法少女チームがかち合っている最中
魔法の国では異変が起きます
異変を起こしたのは魔法の国に不満を持つ勢力「レジスタンス組織」
あろうことか、魔法の国の刑務所を集団で襲ってしまいました

 

トットポップ(ジェシカ・ブレイズ)

能力は「魔法のギターで実体のある音符を作り出すよ」
どんな相手でも「ロックだ」と感じれば仲良くなれる才能の持ち主
イギリス出身で師匠はあのキークと同じくピティ・フレデリカ
今回の大惨事のある意味主犯格と言えなくもありません

組織の魔法少女を戦闘員として拝借し、催眠ガスを放って
刑務所内部を無力化、ピティ・フレデリカ救出作戦を実行し成功させます

なんであんな気持ち悪い奴を処分せず生かしておく?

それが・・・

魔法の国では「死刑制度」は表向きなく、ピティ・フレデリカは「封印刑」に処されていました
この「封印刑」と言うのは文字通りの「封印」で・・・
逆に言うと魔法の国が必要と判断した時に刑務所から囚人を取り出して
解決策や手駒として使用することができて
しかもそれが常態化していたという・・・

腐敗と言うより進みすぎてもはやになっているぞ?

 

ピティ・フレデリカ

能力は「水晶玉に好きな相手の姿を映し出すよ」

弟子のトットポップにとってはすごく良い師匠だったらしく
わざわざ手勢を集めて刑務所を襲撃してまで救助しています
ここまでならタダの脱獄騒動でまだ済んだのですが・・・

・・・なにを、した?

「戦力」として、あの二人を解き放ってくださいました

消し飛ばせ!刑務所を!!今すぐ!!
邪魔するのなら魔法の国も世界空間もろとも砕いてくれるわ!!!

情報来てる時点で手遅れだから・・・

で、どんなやつらだ?
私は知らないがお前たちは知っているということは
滅亡戦争ででも大暴れしたのか?

・・・時期的にはそのへんか?
たしかこっちの世界はその頃は約130年前くらいだったな?
場所は確かイギリス

ウルフレンドじゃなくてこっちにも侵攻していたのか?

いや、それは別のグループだ
こいつ↓が知識欲爆発して数学教授の公開講義を受けに大学に行ってて・・・

 

懐かしいですね、ジェームズ教授

 

(19世紀・・・数学・・・ジェームズ教授・・・まさか・・・!?

 

プキン

能力は「魔法の剣で刺した相手の考えを変えられるよ」

一人称は「吾輩」、貴族のような口調で話す男装の麗人と言ったところですが
ベルばらのキャラクターと同一視すると死にます

能力は前述の通りで、これがほぼ「洗脳」
これを悪用して無実の人間に犯行を自供させ
冤罪を数々作り上げて自らの功績を積み上げていきましたが
ある時、良心の呵責に耐えられなくなった真犯人が自首して罪を告白したことで
彼女の出世街道は水泡に帰します
しかも真犯人が自首した時には冤罪で犯人になった人物の処刑は執行された後でした

モチーフは数々の冤罪を仕立て上げて罪なき女性ばかり魔女狩りで殺しまくって
私腹を肥やしていった「魔女狩り将軍」マシュー・ホプキンス

死刑で良くないか、そんな輩は?

本当に・・・逃がすべきじゃなかったと今も後悔しています

いや、人間じゃなくてその魔法少女の事だ


ああ・・・たしかに
刑務所に入って少しは反省したかと言うとそうではなく
時々出されてはこき使われる生活に嫌気がさしていただけ
ピティ・フレデリカに救助されたことも特段感謝することもなく
むしろ自分の一人称を笑ったレジスタンス魔法少女二人の首をその場で落としています

こう

ん?

どんぺりにゅん!!!!?

 

ク~レ~ス~!

す、すまん、まさか当たるとは・・・
次いくぞ次!!

 

ソニア・ビーン

能力は「さわったものをすぐボロボロにしちゃうよ」

どこかで聞いた名前だな?

ああ、そいつはあの人喰い一族「ソニー・ビーン一家」がモチーフだからな

能力は言ってしまえば「急速劣化」
生物だろうが無機物だろうがあっという間に分解してぼろぼろにします

本人はその取捨選択ができるのでうっかり足元を消して
地面を掘り進みマグマダイブすることはありません
プキンとは唯一無二の相棒同士
脱獄の際に頼み込んでまで救助を要請したほど
ただし中身は真逆で知能は低く、ただ食べることが大好きという・・・

ケィードが魔法少女能力を手にした感じか?

 

あ、おいばか!!?

 

・・・・・・・ジェラート

うちの娘とあの悪食魔法少女を
どこをどうしたら引き合いに出してしかも同一視できるのか
ゆっくりわかりやすく説明して欲しい

 

まてまてまてまてまて!!!!!!

【しばらくお待ちください】

顔立ちが魔法少女みたいで可愛い子だからついうっかり・・・ね
いいでしょう、それなら

 

(こいつのバカ親属性をうっかり忘れていた・・・)
で、ソニア手綱を握っているのはプキンだけか?

従来は人見知りで臆病な性格で、追いはぎをして生活していたところを
プキンに拾われた経緯があってな・・・
当然だが、悪い方向に二人とも向かって行った
プキンが罪を犯してもソニアがいれば証拠は物だろうが死体だろうが消せるからな
「悪い事をするとプキンとソニアが来るよ」という諺が生まれるほどの暴れ方をしてくれた
その上、こいつらは敵味方の識別が自分たち中心だから
魔法の国もイギリスの法律も縛ることはできん
良心や道徳心など持ち合わせていないから手が付けられん

本当に・・・

何でこいつらを今まで処分せずにおいた!!?
しかも取り出してたびたび使うなど
ふざけているのか!!!?
我の配下だったらとっくに我が食らっておるわ役立たずどもめ!!

(エビシャコの次はコイツか・・・)落ち着けクレス!
しかし、脱獄した連中がいるのは魔法の国だろう?
どうやったらB市へつながるのだ?

それが、トットポップの所属のレジスタンス組織
魔法の国の不正の証人にしたいからと
「暗殺犯」の身柄を求めていまして・・・

 

・・・こいつら二人を制御できるのか?
無関係の一般人を一人も殺さずにできるのか?

 

無理でした
まず、ピティ・フレデリカの水晶玉ワープに使われた髪の毛の持ち主である
B市在住者の老紳士が犠牲になります
次にプキンが気に入った車の持ち主など・・・
次から次へと一般人に犠牲者が出ることに

今からでも遅くないのではないか?

最終的に、魔法の国は暗殺犯を逃がさないために覆っていた
B市の結界の中に大量破壊兵器を投下し
B市もろとも脱獄班を葬る決定を下したという情報
7753たちは受け取ることに

 

もう魔法の国は潰した方がよくないか?

 

まぁ、エビシャコのコレと同じで
旧式タイプの魔法少女なことが幸いしているな
こいつら燃費が恐ろしく悪い
バカみたいな実力を出す代わりに
絶えず食事をしていなければ短時間でガス欠になる

 

だがクレス、こいつらが出たのは市街地だぞ?
食料なら店にも民家にも豊富にあるのではないか?
それに、話を聞く限りプキンたちが
金を払って物を買うとは到底思えんが・・・

・・・・・・・・・・・・・たしかに
一般人を襲って食料を強奪するだろうなこいつらは

 

それに、ソニア・ビーン「肉」なら人肉だろうと構わず喰らう魔法少女
襲って殺した人間から衣類などを強奪しようとしたところを
プキンに「大荷物は持ち運べない」と叱られて
名残惜しそうに死体を分解消去していたので
彼女が止めなければ食べて始末していたでしょうね
なお、二人とも日本の「スシ」は大変お気に召した様子

ソニアはともかくプキンは美食家だからな
お前みたいに身内すら引くようなメニューばかり
延々頼むこともないだろう

 

深海魚とか市場にはまず出ない水族館でしか見ないような魚とかって
メニューにあったら頼まずにはいられないはずなのです!!

 

(クレスが昔こいつの行動で苦労したことが「『拾い』食いを止めさせる」だったな確か・・・)

 

・デスゲーム「鬼ごっこ」の始まり

と、いうわけで「暗殺者」をめぐる3つ巴の戦いは幕を開けます

魔法少女サイドは相手を殺さないように
中学生チームもやっつけるまではしても殺す気は全くないので
平和的な殴り合いレベルでした

脱獄犯チーム到着までは

彼女らに「なるべく殺さずに済ます」などと言う考えがあるはずもなく・・・
運悪く遭遇したキャプテン・グレースが犠牲になります
自慢の海賊船で押し潰す作戦も、ソニアの能力の前に通じず・・・
彼女と同じ場所にいたファニートリックと下克上羽菜は捕虜として囚われます

ピティ・フレデリカは「スノーホワイト育成計画」の時点で死んでおくべきだったな

 

・・・・・・・

なぁエビシャコ、お前とソニアって血縁関係あるか?

弥生(大陸からの渡来民)系だから遠い祖先辿ったらつながりあるかも分からないですけど
何故それを聞くの?

? 普通の対応でしょう?

・・・本当に関係ないんだな? お前とソニアとは?

あ、でも血液検査したらグロンギとのつながりはあるかもですね、
ソニアとプキンは

クラムベリーと魔王塾の連中も追加してやれ

 

 

・デビルパムズブートキャンプ

さて、魔王パムは中学生チームのウェディン、レイン・ポゥ、ポスタリィの3人を捕まえ
シバキながら「魔法少女としての在り方」を文字通り
叩き込みまくります
が・・・
それを、騒ぎを聞きつけて見に来た幼女に見つかり・・・
「お姉ちゃんたちはすぐどくから」と
魔法少女たちに対するのとは全く別の「柔和な笑顔でのんびりしたしゃべり方」の対応をします・・・

 

・・・・・・・・・いや、手遅れ過ぎるだろう?

幼女は第一印象で区別するからな

「エクセル・サーガ」懐かしいです

 

逆の反応でも、この幼女が将来「第二の魔王パム」になる可能性があるな・・・
いや、この作品の傾向を考えると、
そっちの可能性の方が高いか

 

・露見する本性

魔王パムは脱獄犯への対応に動きます
もちろん、彼女の対応に「絶対に殺さない」などという甘い考えはなく
脱獄犯の抹殺もその目的には含まれます

それに対し、ソニアは手袋を投げつけて挑発

「挑戦状」を叩きつけられた魔王パムは決闘を受けて立ちます

で、どっちが勝つと思う?

持久戦に持ち込めば魔王パムが有利でしょうが、
ソニア・ビーンはそこまで馬鹿ではありませんでした
短期決戦すべく魔王パムへ能力を発動しながら走っていきます
魔王パムの「翼」すらもその前には無力
「どんな危険な能力か分からない」ということで慎重に能力を見極める策を取った
魔王パムも、さすが「魔王」と言うところでしょう

事実、ソニア・ビーンに格闘戦を挑んでいたら彼女と言えど敗北していました

翼を囮にして「触れたものをぼろぼろにしてしまう」までは分かりましたが
問題なのは倒し方です
壁の硬さなど関係なく、武器も触れればぼろぼろにしてしまう魔法少女
それに対する答えは・・・

呼吸を封じる、だな?

正解!

魔王パムは翼を可燃性の液体に変化させて火を放ち
ソニア・ビーンの周囲を火の海にします
結果、ソニアは酸欠でダウン
炎は能力が消えた彼女をそのまま包んで焼き尽くしました

まずは一人、か・・・

その魔王パムを、レイン・ポゥは背後から虹で突き刺して始末します

傍にいたトットポップも撃破します

!!!?

 

やはり、中学生に混じっていたか「暗殺犯」とやらは

ですが、彼女の正体がわかった後もポスタリィは「友人」として
レイン・ポゥを助けます

なんと、リップルの投げた手裏剣を能力で返却してリップルを撃退するという大金星

リップルって・・・あいつも相当強いはずだぞ?
スノーホワイトと並ぶのではないか、このコンビは?

 

・それぞれの復讐の開始

 

相棒であるソニアを失ったプキンは逃走を選択
襲撃して食料を強奪しかきこみますが・・・
ソニアを失った喪失感までは埋められず
初めて味わう感覚に彼女は戸惑っていました

どれだけの人間にそれを味わわせてきたと思っているのだ、
この魔法少女は・・・

そして八つ当たりの対象にピティ・フレデリカを選択
トットポップほど話術のない彼女でしたが
「プキンが自分に責任を問うのではないか?」という危惧があったため
いつでも回避できる姿勢をしていたので辛うじて剣を回避
逃走します

そんなピティ・フレデリカでしたが
彼女は弟子を殺した暗殺犯に対し「激怒」していました

ほぉ・・・あいつってそんな感情あるのか・・・意外だな・・・

 

しかし本当にソニア以外はどうでもいいんだな、このプキンとやらは・・・

一方で魔法の国の調査隊は「結界が解除されるタイムリミットまでに脱獄犯を何とかしなければ
大量破壊兵器によって市街が吹き飛ぶ」という情報を受け取っていました

ですが彼女たちは魔王パムと下克上羽菜を殺され、リップルは行方不明という状態
マナは姉同然の魔法少女を失い取り乱しますが7753がどうにかとりなします

そして中学生チームが彼女たちに協力します
親友を殺されたファニートリック、町と人々を守りたいウェディン、
生徒と家族を殺された繰々姫、そして彼女たちを仲間と認識してトコ(&レイン・ポゥ)を敵と認識したテプセケメイ

さらにここへピティ・フレデリカが合流
プキンを殺すために手を組む選択をします
ウェディンの能力で「約束」させられてしまいますが、それでも彼女は従いました

逆に言うと、それほど強く危険な相手ということだな
プキンは?

「斬られたら終わり、たとえかすり傷でも」なので
レイン・ポゥはうっかり一撃を受けたために認識や考えを強制的に変化させられ
ポスタリィとトコを「料理」してプキンへ提供することに

うわぁ、えぐいな・・・
しかもプキンも人間を食うのか・・・

恐らく妖精を食うのが目的だろうな
不味いが魔力は高い、一匹食うだけでも相当な力を得られる
不味いが

え?

いつだったか、異世界でコイツにデブのゴブリンが吹き込んでな・・・
迷わず味覚の共有を切断したわ!

ああ、相当古いドラゴンが活躍するコミックの世界のアレね
本当に昔から好き嫌いが多くてこの子は・・・

好き嫌いで済ます気かアレを!!!?#

じゃあ、ファヴタイプとかどう?

あのな、あれは饅頭に見えるのは見た目だけだぞ?

(食った事あるのか、コイツ・・・)

 

・そして決着へ

 

まず、プキンとレイン・ポゥの分断に動きます
レイン・ポゥだけを電車内に追い込む事に成功したウェディンとピティ・フレデリカ
ですが
ピティ・フレデリカの策で電車は発進
結界を通過
魔法少女は結界を越えられないため中にいたウェディンとレイン・ポゥ二人とも激突死します

やはり始末すべきだったなピティ・フレデリカは

残るプキンは結界の端のあるB市の端への誘導に成功
繰々姫がすべてのリボンを使い裸をさらしてでも奮闘し
最終的にファニートリックの能力で
「結界の境目の材木置き場」へとプキンを強制移動に成功します
プキンは上半身と下半身を結界に切断されましたが
それでもまだ生きていました

殺さないと死なないからな、お前と同じで
ああ、魔法少女は同じ旧式タイプだったなそういえば

 

(トゲを感じる・・・)そこへ
駆けつけたテプセケメイが風と化してプキンの体内に移動
そのまま破裂させて完全に破壊
今度という今度はプキンは絶命しました

そこまでやってやっと死ぬのか・・・
バケモノだなお前らって

 

なんで私までひとくくりになっているの?

 

しかし、今回の件は結構な数の死傷者が出たな

中学生チームで生き残ったのはテプケセメイ一人だけ
魔法の国の調査班もマナと7753だけが生き残りました
ピティ・フレデリカはリップルを連れて姿を消しました

どさくさ紛れに
何してくれているのだ
あのバカ者は!!!!!

もうよいわ!!
我が直々に始末してくれる!!

二人とも落ち着いて
ちなみに、7753の上司は
↓この二人と判明

 

そして今回のマルイノ先生のお気に入りは彼女

魔法の国の無能が今回明らかになったわけだが

クレス、わざと無能を装う悪質な奴もいるのですよ

その可能性の方が高いか・・・

 

ではまた

 

 

 

ポチリとお願いします


人気ブログランキングへ
にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
にほんブログ村

 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ