【まんが・コミック感想】だんだらごはん(6) (KCx)   殿ヶ谷美由記   【レビュー】【ネタバレ注意】

LINEで送る
[`google_buzz` not found]
[`yahoo_buzz` not found]

【まんが・コミック感想】だんだらごはん(6) (KCx)

決戦の時

 

【まんが・コミック感想】だんだらごはん(6) (KCx)

 

こんにちは、こんばんは
エビシャコです

レビューまいります

その前に・・・

・それぞれの「推し」

 

・芹沢鴨&会津推し
※時々時代感覚とか認識とかが数百年単位でズレる

 

・薩摩(ぼっけもん)推し
※強い奴のバトルが見たい、良ければ自分の「後継者」にしてやろうとか思っている

 

・とくになし(退屈しなさそうならどこでもいい)
※混沌とした状況が好き、お祭り騒ぎもっとやれ

 

・長州&維新志士推し
※長州を馬鹿にする奴はをもって償うべし!

 

・???
※大体寝てる、戦争大好き

 

・新選組推し
※ウルフレンドで異世界出身のカード使いの友人に「新選組」を3日3晩徹夜でお勧めされた経験あり
(=人=)ナムナム

 

以上をご確認の上でご覧ください

・決戦前夜

 

何気ない世間話

 

襲撃の発端でした

 

お梅さんと側近さん(平山氏)はそこまで過激ではないことが伺えます

ちなみに、平山氏の関連艦艇検索したらなぜか「戦艦大和」がヒット・・・
「アルキメデスの大戦」という作品で大和推し平山造船中将という方が
おられる事が原因と思われます

模型あったら取り寄せる気だっただろう、お前?

 

しかしな・・・お前ですらもここまで過激じゃないからな・・・

シスグロンギ死因第一位が「身内との殺し合い」だから・・・

北欧のヴァイキングもな
お前が好きな勢力って身内で殺し合って勝手に減ってる感が半端ないんだが?

うう・・・

 

で、鴨さんが読んだのがこの一句

ここから過去編です

たぶん知られていないであろう改名前のお名前

 

 

あの方々って基本気位高いんで
人間の言うこととかタダじゃ聞きませんし(大体お酒を要求されます)
牛若丸のお話とか例外中の例外もいいところなんですけどね

本物の天狗の話じゃないと思うぞ・・・

 

足の匂いで倒されるとか戦士にあるまじき恥辱ですね

そう見えなくもないな・・・

とうとう捕まったか・・・と思ったが
藩の考えが変わった?

時代劇において珍しいことではありません

ああ、悪代官が実権握ったとか、その逆で成敗されたとかで
ころころ変わるからな・・・

ちなみにこれの原因は「藩主斉昭の強制隠居」だそうだ

 

ちなみに天狗党は一枚岩ではなく各派閥が勝手に動き回っていたとのこと

ちなみに彼女の名前は「色橋さん」

ああ、マギアレコード↓の・・・

「環いろは」さんとは違うのです

現代にあるこれか

恐らく間違いなく関係ないと思うのです

 

 

何が起きた?

 

これには浅い事情と短いお話がありまして・・・

なんだそれは逆に聞きたくなったぞ!?

 

実は・・・↓

この紋所が目に入らぬか!

 

ここにおわす御方をどなたと心得る!?

↓で

 

エビシャコお前・・・いや、分かってはいたしお前ならやると思う
相手と時と場所とあと状況を考えろ
あとぼっけもん好きだからって影響受けすぎだ

何故だと?

お前以外に誰がこんなことする?

 

 

100%↓こいつがトチったせいだろ

いきなりひどい!!!

 

お前確かあの時は数少ないネームド手持ちのセラフィエル↓出したとか後日言っていたよな?

 

 

いや、何があったらそいつ出して負けるんだ?

アクエリアンエイジのサガIII公式小説でめちゃくちゃやらかした奴だぞ?

 

まさか、あんな手段があったとは・・・

本当に水戸で何があったんだ!!?

↓こいつが全部悪いということを理解すれば、それでいい

そうそ・・・

クレス、どさくさ紛れに何を言い出すの!!?
日和って隠居に追い込んだ藩主をまた担ぎ出した方があらゆる元凶でしょう!?

そもそも上の都合でコロコロとですね(以下、愚痴が延々と続くので割愛)

いつものシメ

エビシャコの敗因レポート:印籠には勝てませんでした

数年後には制御不能のツケのお支払い「天狗党の乱」が起きるわけですが・・・

 

ここから刮目!!

八月十八日の政変がスタートします!

そっと・・・

小早川秀秋ガンダム

ラフレシアとバグはどうするんだ?

とっくに購入済みなのですよ

お前にラフレシアはともかくバグ持たすのはいささか危険な気がするんだが・・・?

 

一応言っときますけど「戦の前」ですからね!!
本来は四方膳の儀式やって戦意高めまくるのですよ!!

幕末なんだが、今?

 

まぁ、いいのではないか
たまにはこういうのも

そこの梅と昆布はこっちに寄越せ

暴食邪神!?

 

言うまでもなく戦国時代にはすでにありましたからね?
保存が利くということは
戦場で携帯する兵糧として有用であるということでもあります

お前はちょくちょく戦国時代の話を持ち出すよな

「握り飯」だけでも有用なのですよ
なにせ片手が空くので食べながらでも戦えるのです
米さえあればすぐに用意できるから
かの豊臣秀吉公の「中国大返し」「美濃大返し」では
街道に用意された「給水所」で駆け抜けた兵士に配られていたことでも有名です

あと、味噌には消化酵素と塩分も含まれるから
食べたものをエネルギーに手早く変換して、さらに汗で失われた塩分も補給できるという
一石二鳥の効能があるのです

しばづけ・・・!

!?いかん!

(エビシャコの首にリードをつける→柱にリードの端を括り付ける

くぅ~ん・・・

な・・・・・・・たくあんが、ない!!?
<「その時、司令部は想定外の大損害誰もが声を失ったという・・・」>

いめーじ

おま・・・ショック受けすぎだ!?

損害か・・・?)

白目剥いて動かないエビシャコを放置)しかしな・・・

もはや戦場の雰囲気ではあるまい・・・

ここで京都の土産物屋でもよく見かけるあの旗が登場か!

クレス、オブラート!!!!!!

 

ちなみにこの後起きる
京都市街全体を巻き込んだ戦火「禁門の変(蛤御門の変)」の中心になる場です

ねぇ~、せんそーまだなの~?

(Bダッシュで向こうへ押しやり説得しながらドアを閉める)

おい、今のは・・・ 
一瞬だけでめちゃくちゃな戦闘力を計測したぞ?

イマダレカイマシタカ?

さて、会津藩の侍たちの目利きの結果は!!!?

 

↑審査対象

ででどん!!

現実は冬の会津磐梯山のごとく厳しいのです!!

あそこってたしか活火山だったな
あの野口英世が生まれた後(1888年)にも大噴火したという話だ

今も火山活動が継続しており観測中・・・
火山性地震が頻発しているのです

相方のお侍さんはこの表情です・・・
事情知ってるなら相棒にお話してあげてください

結局、いつものように鴨さんが前を押しのけて
どうにかしてくれました

ついに、この名前が正式に・・・

しかし、油断してはいけません・・・

刺客↑はすぐそこに潜んでいるのです!!

ひどい、ひどすぎる・・・
細菌兵器の使用条約違反のはずだぞ!?

・そして、決戦へ

 

 

会津公はは不問に伏したのですけどね?

やはり一戦交えるべきですね・・・(謎のやる気

だが問題は山積みのようだぞ

当然です!!

何でお前が自慢げなんだ・・・?

エビシャコ、久し・・・あ゛?↑

!!!!!?

ま、おま、お・・・お待ちください、どうか落ち着いて・・・

いや、だからだこの女?

!?な、なんでここに!!?

 

なんで、とはご挨拶だなクレス・・・
それより長州藩が維新志士が尊王攘夷が馬鹿にされているようなのだが?

ご安心を!手は打ってあるのです・・・

私の番か!!

 

 

とうっ!

なにを~!!

ごああああああ!!!!

何しに行ったんだアイツは?

でやられたぞ、おい・・・

・・・(じろり

は、はい、次は私も出向きます・・・

幹部交代イベントかなコレ・・・?)

 

密なのです!!

お前は静かに飲むのが好きだったな
気が付いたらとんでもない量を飲み込んでいることを除けば
可愛いものだ

 

 

ちなみにこのレシピは現代語に解読されて再現可能になっております!!

分かっていると思うが、変なの作って食わせたらシメるぞ?

はい、先生・・・

先生だと!?(そういえば師匠が厳しいとか走らされたとか前から言っていたな・・・)

 

かわいいですね~

・・・・・・・↓

先生!!!?

(こいつ、ついに自分の師匠からすら危険な変質者扱いに)

 

まっすぐだな

 

総員、配置につきなさい
迎撃用意!

今回の怪人>

すでに酔っ払いだぞ?

 

まぁどこから来ようと、艦砲射撃
でぇえ!!!!!?(ぐしゃあ!!)

<ザコ戦闘員>

イイイイイイイイイイ!!!!?

え、ちょ、お前が真っ先にやられてどうしろって・・・

お前もだよ!!

!!!?

 

私が来たというのにこの大失態
帰ってきたら覚悟しとれよ馬鹿弟子

これだ!!!このバトルを見たかった!!!

まぁ、強いのは確かだからな

エビシャコの奴と違って飲むと弱体化するのが敗因だったか・・・

あいつみたいな特殊体質がごろごろいてたまるか!

 

 

・決戦の後で(お前がすべての元凶ですか

 

ねぇ、まだ~?

 

しばらくお待ちください
馬鹿弟子の件は計算外ですが
全てはあなたのお望みのままに進んでいます

↓(仕置き中)

 

おもいきりぶった斬っておいて
どう誤魔化したのだ?

すでに遺体を焼いたとかではないか?

 

は?

(こわい・・・)

 

タミヤ 1/700 ウォーターラインシリーズ No.318 日本海軍 軽巡洋艦 木曽
フジミ模型 1/700 特シリーズ No.39 日本海軍航空戦艦 伊勢
ピットロード 1/700 JP09 海上保安庁 巡視船 つがる型(えちご)
フジミ模型 1/700 航空母艦 龍驤

・・・以上が該当する艦船?

 

相変わらず器用なことを・・・
そして好きな物は仕事が早い

 

しかし・・・うまくいってもいかなくても
大きな禍根が残るぞコレは・・・

ほぉ? 話が分かるレイブラッド星人だな

(この女だけは敵に回してはいけないと、私の直感が告げている・・・)

しかし・・・

沖田君これの元凶が永倉さんとは・・・
私は土方さんか近藤さんあたりを疑っていましたけどね

衛府の世界にまで本当に影響来るとは我も思わなんだ・・・

 

そうだ、その粋だ!!
それでこそ長州武士よ!!!

 

お、おいエビシャコ、お前の師匠だろ、なんとかしろ

ごめんなさい無理不可能;;

ひとまず話し合いで・・・

 

・・・・・・・・・(石を拾い上げて無言で握りつぶし粉砕

おい馬鹿ども!!命が惜しいならそのへんにしろ!!

このおおばかがああああああああ!!!!(とうとう声に出してシャウト)

禍根の範疇で終わらんだろこれ・・・戦争になるぞ

 

戦争・・・か・・・そうだな?ぎろり

 

ビクッ!!!?

 

分かっているな?
お前の責任だ、始末しろ

ハ、ハイ先生!

 

(まるきり失態続きの幹部に組織のボスが「最後のチャンスだ」とか言い放つアレ

 

来ませんでした~すっぽかしですか?(地味に傷心)

<今回の怪人枠>

(・・・・・・・)

今で言うところの「床屋さん」ですね
髷って難しいから・・・

 

また奇襲!?

そぉい!

え? 終わり? 俺ってここで終り?

だがそれでもまだ一対一だぞ?(エビシャコの方を見ないようにしている)

(そうだな、あいつMSまで持ち出したからな今回)

ヂギギィ(ちぃぃぃ)!!!!

 

 

!!!?

 

眠れ、ガイコツ野郎(MSに背を向けて立ち去る)

 

まさか、あの宮本武蔵も使った戦術を使うとは・・・
よく研究しているなこれは・・・(MSを無視)

しかしな、ここまで完璧な
宣戦布告はないぞ?
しかもやってもいない罪を擦り付けるって
どちらかが滅びるまで続く因縁になる・・・

恐らく逃げた二人はこの後、長州藩で
洗いざらいぶちまけるだろうし

 

戦争か、悪くないな・・・それに時間
ゲリザギバス・ゲゲルを開始する!

(こいつが来た理由はそれか・・・!)

 

ずる・・・ぐちゃ・・・)

禁門の変は厳密にはこの後起きる
京都市街地が戦場になった騒乱です、念のため・・・

 

エビシャコ無事か・・・って
うわああああああああ!!?

グロ!すごいグロ!!
絶対に画面に映しちゃダメなグロ!!(錯乱)

煙草か?

お酒?

 

お前らが好きな物じゃないぞ

 

 

なるほど、・・・か
エビシャコではないが柿は古くから続く甘味
記録は弥生時代以降からあるようだ

どうしてお前らは食べ物のことになると
蘊蓄がすごいのだ?

ちなみに戦国時代には「干し柿」は兵糧として重宝され・・・

その気色悪いボディはお前の手製か?

ひどいです

モデル

またパーツが多いのを取り寄せたな、おい・・・

 

・地獄の大掃除

炬燵か・・・
リントが生み出した最終兵器
私ですら抗うことはできん!!

(ネコ系怪人だったかこいつ確か?)

 

 

一見すると平和な光景です
しかし・・・

 

突如、平和な日常は崩壊しました

こいつが次の敵・・・って
世話になってる館の主の息子ではないか

 

なるほど、「大掃除」

 

 

イイイイイイイイイイ!!

お前が速攻でやられたせいでこいつらも第二形態も出番なかったな

ごめんなさい!(お説教され中)

(その時、一同に電流が走る!!)

すごいなおい

芹沢鴨や長州侍と殺し合う時ですら
ここまでは危険度いかなかっただろ?

島田さん(の料理)>I嘆きの壁I>>(略)>鴨さん=長州藩?

仮にアメリカと戦争することになったとしても
ここまで切迫した命の危機みたいな叫びは出さんだろうな・・・
喉元に刃突きつけられていたとしても出るかどうかのレベルであるし

 

う・・・うわぁ・・・(「饅頭」を見て絶句)

 

「美味い」「不味い」とか「下手」ですらなく

「危険」か・・・!!

あの~、「料理勝負」っていうのは
「味で相手を倒す」戦いではないですから・・・ね?
念のために言いますけど・・・

風習と言う名の「理不尽」
罪なき人々に襲い掛かります!!

「さだめ」だ、免れることはできん

最初の犠牲者はお世話になってるご主人

恩を仇で返すなよ・・・

 

こんなことが、こんなことが許されていいのでしょうか!?

次々に犠牲者が増えていくとか怖いな・・・

 

さて、ここからはお楽しみタイムだ!

御飯が多いのとお新香や魚などが中心なのは江戸時代日本ならでは

ほとんど白米から栄養摂っていたみたいだからな
そのせいで江戸患い(脚気)が流行したというありがたくもない事態が発生したらしいが

 

「煮しめ」、「(これ)にて(今年を)しめる」か・・・?

おおおおおおお!クジラなのです!!

 

・・・・・・

を投擲→首に巻き付いたのを見計らって通りすがりのイノシシに放る)

あああああああああ・・・・・・(引きずられてフェードアウト)

(容赦なし)

ああ、そういえば「信長の忍び」でも似た話が・・・

これは、痛い・・・

勉強になるな、こういう歴史を楽しみながら学べる書物は

 

・おまけ

さて、舞台は新撰組の浪士組結成1年ほど前

季節は

なお混浴がデフォ

男しかいないのは大人の事情か・・・

 

 

お蕎麦です!

この蕎麦から摂れる栄養のおかげで「脚気」にならずに済む人がいた事は
史実から分かっているのです

そもそも栄養が偏りすぎだ

この頃は比較的平和でしたねそういえば

 

まず幕府の徳川一門を討ち取って親藩や譜代も
従わないものは滅ぼして
あと外様にも同じ対応をして
すべて平らげた後で京都に向かって征夷大将軍の位をいただく
という流れでよろしいでしょうか?

天下統一までしろと誰が言った!!?

それはもう立身出世ではなく
新たに幕府を開く話だぞ?

(敢えてノーコメント)

この後も終始食ってばかりですけど

 

おおおおおおおおおお

 

悪くないですね、こういうの!!

昔から好きだよなお前

 

 

ではまた

 

 

・<今回の登場怪人>

【メ・ゴモウ・デ】 
●ウメ種怪人(身長164cm、体重193kg)
●能力:飛行術 (モチーフ:飛梅伝説)
●怪人態

●ゲゲルの内容:不明(開始前に不意討ちされた)

●飛行能力を持つ女性戦士だが登場即終了と言う不遇な結果に
本来は空を飛び回り真上から猛毒の種子弾丸を撃ち落とす強敵。

 

【メ・ロボヨ・グ】
●ヒヨケザル種怪人(身長218cm、体重102kg)
●能力:反物化 (モチーフ:妖怪一反木綿&妖怪フスマ)
●怪人態

●ゲゲルの内容: 不明(手伝いに駆り出された先で倒された)

●飛行能力持ちな上に全身を反物に変化して相手を包み、
上空へ持っていった上で落として殺すかその場で絞殺すかするのが好きな怪人。
速攻で倒されたので不発に終わる。

 

【メ・モグオ・ダ】
●アマミノクロウサギ種怪人(身長118cm、体重119kg)
●能力:土の操作 (モチーフ:泥田坊)
●怪人態

●ゲゲルの内容: 不明(手伝いに駆り出された先で倒された)

●地中を自由に動き回り足を掴んで引きずり込む。
また土を操り生き埋めにする。
まともに闘うと強いのに不意討ちで終了。

 

【ラ・ギヌギ・デ】 
●キンギョソウ種怪人(身長196cm、体重1000kg~)
●能力:変異体形成・環境適応 (モチーフ:がしゃどくろ)
●怪人態

最初に出張って最初にやられる幹部ゲームマスター

●「人骨種怪人」じゃないのです、あと能力しょぼいとか言わないでください;;(本人談)

 

【ラ・ギヌギ・デ(第2形態)】 
●キンギョソウ種怪人(身長196m、体重1096t~)
●怪人態

●ただでさえ重いのにとうとう1000t超え&大きさ150m以上
巨体で押しつぶす以外にも体中から「砲台」を出し種子弾丸の雨あられを見舞う重火力型
第一形態でぶっ倒されたせいで日の目を見ることなく完全に不発に終わる。

 

 

【???】 
●???ネコ種怪人(身長168cm、体重104kg)
●能力:? (モチーフ:?)

●長州藩推し、長州を馬鹿にされるとキレる、タバコ好き。

 

【???(ベルフェ・モール)】 
●???種怪人(身長?cm、体重?kg)
●能力:? (モチーフ:?)

●本を読んでいるか寝てるか食べるかしている、ひたすら怠惰な少女。
「ベルフェ・モール」という偽名っぽい名前以外は一切が不明。
ウルフレンドにも行ったことがありアルボアやグラナールとも面識はあるらしい。

 

 

 

 

ポチリとお願いします


人気ブログランキングへ
にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
にほんブログ村

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ