【まんが・コミック感想】Black☆Rockshooter THE GAME TNSK , huke/imageepoch 【レビュー】【ネタバレ注意】

LINEで送る
[`google_buzz` not found]
[`yahoo_buzz` not found]

 TNSK , huke/imageepoch

人類滅亡寸前から始まる反攻劇

 

Black☆Rockshooter THE GAME TNSK , huke/imageepoch

 

こんにちは、こんばんは
エビシャコです

レビューまいります

 

できるだけ時系列順にまとめてレビューしますのでご了承下さい

 

・異星人、襲来す

ちなみにこれは「シティー・イーター」と言う兵器で文字通り
建物ごと現地住民を捕獲する兵器です
が、おおざっぱすぎてよほど頑丈な生命体でない限りは・・・

 

おい?ちょっとまて

何?

異星人たちの目的は資源でも水でもなく「食料」
ただし、彼ら彼女らの「食料」は「生命体のデータ」
それも「惑星の人類のデータ」でした

あのな・・・他人ごとみたいに言うが

どう見てもお前やクレスの同類だよなこいつら?
あの外見がガワか本性かは置いといたとしても

 

・・・・・他の組織とかの事は知りませんし
うちらの身内だとしても基本「撃滅された」とかの余程のことない限り不干渉なんで

 

(組織が大きくなりすぎ問題だな)

 

で、普通なら

こうなって

いきなりここにつながるのですが・・・

ゲームでは端折られていたとても重要な要素がありましてね

ほぉ?(何を怒ってるんだコイツは?)

・WRS総督艦隊

異星人のグループのリーダーは

WRS(ホワイト☆ロックシューター)

ありがちな「星から星を渡り歩き領土を広げる」侵略者異星人艦隊としては
かなり特殊と言うか独特

彼女は侵略先の惑星で仲間をスカウトして回っていました
それも「強力な戦士」などではなく

その惑星で迫害されていた者を選んで

巨大組織に所属しながら「ある目的」と「信念」をもって
独自に活動していたようです

だが、フリーザ軍のように強い者が幹部を務めている組織だろうな
見たところ計8人か・・・
エビシャコの情報ではあと8人ほどこの場にいない留守番組がいるらしい

それでもたった16人
それだけの人数で惑星を侵略して回っていただけでも
強さが分かる

 

「地球」にさえ手を出さなければ仲間を集めながら領土拡大を続けていたでしょうね
本当にあの惑星は死神でもいるかのような高難易度なのに
みんな手を出しに行くという・・・

 


侵略成功したのは数少ない、惑星を破壊せず手にした勢力はもっとだ
なぜかヒーロー勢が味方しようとするからな・・・

 

・こいつがすべての元凶

え~、彼女

地球に来てからこんな感じで・・・

↓どこ行った!?

仲間たちも毒気を抜かれたのか

完全に平和モードに

ギブソン博士がやらかさなければ人類滅亡回避どころか
異星人の技術そのまま地球に棚ぼたで輸入して
科学技術や文明が大きく発達しただけで済んでいたでしょう
しかもWRS様は総督だから
「地球の侵略は完了した」と報告すれば他の艦隊は来ませんし
「ここは私の領土だ」と言えば他の艦隊リーダーも手出しできないわけで

生命が居住可能と言ってもド辺境だからな
わざわざ手を出しに行く旨味もない
ウルトラマンベリアルも地球への手出しは「いやがらせ」が主な目的だったからな
効果がないと思っていたら手を出しに行く事すらしなかっただろう

で、何したのだ、その博士?

まず、異星人たちの認識から確認しましょう
彼ら彼女らは「高次生命体のデータ」を食べて生きています
では航行期間中などの長い間「データ」を確保できない期間はどうしているのでしょう?
そもそも「人類」がいる惑星など滅多にありません
立ち寄った惑星で捕まえて補給などということが
ポンポンできるはずもなく
それに成功したとしても「データ」に変換して保存したとしても
数に限りがあるのは必定

休眠して凌ぐか、あるいは自分たちで作るしかないな

そう、「クローン」なら簡単に作ることができます
恐らく本来は事故などで欠損した肉体を補うための技術
ですがこれは理論上「食糧問題の解決策」として転用も可能

ただ、全員が我が強い&特定人物への執着が強い者が中にいるので
「誰のクローンで食事をするか」相当揉めると思われます
あとリリオあたりは「ミー(婚約者)を食っていいのはオレだけだ!」とか言いそう

難儀だな(結婚という概念はあるのかあいつら)

で・・・・・・・子供を紹介した時のセリフ

これ

馬鹿か?

「食べ物だ」と紹介してどうする?

「これは食べ物です」て最初に言ったのあなたですからね!!?
自分のトチリを棚に上げないでください

しかもせっかくWRS様が改心してくれたのに

こいつ科学者のくせに短絡的と言うか
短気すぎないか?

そう思いますよねジェラート
一回二回の失敗でろくに考察もせず打ち切るタイプは成功しません!
何十何百と言う失敗を重ねて初めて成功を得るのが普通なのです!

まして異性の心というだけでも試行錯誤の繰り返しなのに
異星人相手では・・・
まず「相手の認識と価値観を理解する」ところから始めるべきでしたね

混沌勢のトール様ですらこの理解力なのに

 

そして事態は

最悪のシナリオへ

「一人の馬鹿のせいで全員壊滅」というのは本当に最悪の極みだな
「子供」という概念がない相手であってもあそこまで懐いているなら
「あの子たちは自分にとってとても大切なものだ」とでも言えば絶対に手出しせんだろうに

 

描写を見る限りではこの博士
「WRS様を変える」ことだけに念頭置いてて
肝心の自分が変わろうとか相手の認識や価値観を理解しようとか
すり合わせようとすらしていなかった模様
WRS様だけが一方的に相手に合わせる努力をしていたということです

うまくいくわけがありません
調べて知る=理解する、ではないのですよ
執事のザハ様、内心ハラワタ煮えくり返ってたんじゃないでしょうかね?

 

せめてこのくらいの気概は持って欲しいところ

 

・・・ところでクレス、さっきから黙ってどうしたのです?

いや・・・「娘目的で妻を裏切る」て
「魔女とラプンツェ」に出てきたあの男を思い出してな

 

ああ、いたな、そんな男

 

かといって「破妖の剣」の「金の魔王」様みたいな
奥さんにべったりで配下&子供たちあまり眼中にない
というのも問題大ありですけどね

我とプライドが強い妖貴があんなことされたらキレるの当たり前です

 

(こいつの場合は「どれも手放さない」強欲さゆえに妻も子も大事を発揮してるわけだが・・・)

・そして冒頭へ

はい、博士の大ポカその2です
自分の死後に娘たちを信頼できるところに隠さず
データから何から全部人類側に渡してしまった模様

 

そういえば、WRSのクローンだからそれなりに強いわけか
逆に言えばこの少女たちが最後の切り札・・・
しかし、あの博士とやらはこんなつもりで避難させたのか?

 

描写からするに、前線に出しまくるとかは全く想定してないでしょう
たぶんWRS様さえ倒せば後の連中は動かないとか
その間に異星人の技術解析して反撃の機会を伺うとか
そこまでしか考えていなかったかと

 

つまり、WRSの生存は計算外
そして子供たちが前線に出されるのは人類が勝手にやった事

あまり、良い扱いではなさそうだな

 

どうせ「敵の総督のクローンなら敵を倒せるくらい強いはず」と言う想定しかしないで
訓練して実戦投入したのでしょう
そこだけは合っていました、最終的に8人のA級異星人が彼女たちと人類によって撃破されました

しかし、WRSはどうする?
経緯からするに恐れるどころか血眼で探し回って殺そうとするだろう

前線に出す等「見つけてくれ」と言うようなものだ

鋭い、ですね・・・

人類はWRS様のフットワークの軽さを甘く見ていました
そして、WRS様はギブソン博士から「クローンのデータ」を事前に受け取っていて
そこにキツイダメ出ししていました

核の直撃に耐えるような相手にたった7人を出してもな・・・

WRS様はなぜかナナ一人だけを殺さずに帰りましたが・・・

ここから人類の最大級の大ポカが開始

おいおい・・・・・・・
唯一の切り札を自分で放り捨てるとか馬鹿の極みだな

本当に↓

(いや、そこまでせずとも・・・)

 

あの子供たちはどうした?
あの子供たちまであっちに回ったとは考えにくいが・・・

この子?

ああ、そうだ、その子供だな

「回収」されて、恐らく・・・

人類の愚かさに殺されたようなものだな
親と社会は選べぬとはいえ、哀れな・・・

当然ですが、ナナは人類を見限り異星人側に付きました

人類に同情の余地が全く見られんのだが?

自業自得で滅ぶべくして滅んだわけだ
恐らくWRSもデータは食っているだろうから
せめて子供たちがWRSの腹の中とはいえ、エビシャコの言葉を借りて表現すると
「戦って守ってくれたお姉ちゃんたちに再会している」ことを祈ろう

本当に、馬鹿な大人の責任での子供の巻き添え事例はやり切れません

 

・目覚め

はい、ここからゲーム本編に入ります

ガンダムで言うとやっとここまで来た感じでしょうか?

結構重要なプロローグだったが、本編ここからか

総数わずかとなった人類が抵抗を続ける場所が舞台

総数どれくらいだったかな?

え~、ここで生物学のお話になりますけど
「最小存続個体数」というものがありまして
簡単に言うと「その種が存続を維持していく事が可能になる必要最低限の個体数」です
一般に自然状態で100年ないし1000年後のその種の生存確率が90%から95%と算出される数ですね

で、地球人の場合はどうなのだ?

人類だけでなく陸上の脊椎動物に適用されるのは
「血族関係にない個体1000体」がおおよそであると言われています
それもあくまで「理想状態(雌雄半々&全員生殖可能)」を前提としたものであるので
実際はもっと多くが必要でしょう

つまり、どっちにしろ絶滅は確定

だが、異星人が持つクローン作製装置を奪えばまだ分からんぞ
生殖による繁殖は不可能だろうが

え~、ここでさらに重要なお知らせを・・・
生き残りは全員「男」です

・・・(-_-)

・・・・・良いお返事で・・・

フォボスはBRSを覚醒させるべくトレーラーを銃撃!
トレーラーはコンピュータもろとも完全に沈黙!!

ふむ、最後の敵はやはり地球人だったか

さて、なんか食べに行くかな~

二人とも!
これまだオープニングだから帰らないの!!!

あの大ポカばかりする博士がそんな気を回すとでも?

そもそも「精密機械」だからな、衝撃や隙間からの水気でも壊れるものだ

無事だったようです、良かったですね

・・・・・・・・・

そうだな~
自分の寝床に銃弾をご馳走してくれた相手を
「どう認識すべきか?」と問いかけられたら
「敵」と全員が答えるだろうな~

彼女の戦闘力については言うまでもなく・・・

「寝るのを邪魔されたから」という理由で怒ってザコを一蹴

(ちなみにプレイのチュートリアル)

説得に失敗したらどうなるかは・・・
そこらのガラクタの仲間入りなのは確かだな

説得に成功、やってきた中ボス級の敵を撃破しました

・・・・・・・

片手間でミンチになりたいのか?

 

 

・尖兵ミー

サメ型の他の異星人に家畜にされていた惑星住人でしたが
WRS様の介入で助けられ、
メンバーの一人「リリオ」と婚約中の「ミー」

婚約までに至る経緯をぜひともお聞きしたいところ

少なくともリリオはお前よりはまともじゃないのか?

ひどい

さて、彼女はBRSへ接近します

外見は「紫色の魔女のような服装に身を包む女性」

今までのザコと異なり地球人と似た外見です

 

たしかさっきサメ型の異星人の惑星では・・・

そう、彼女の戦闘力を鑑みて尖兵として寄越したようです

 

「ネブレイド」しようとしてたのですよね・・・

おいおい、かなり危なかったわけかつまり?

 

コミュニケーションで食らい合うのはガゾート↓だけで十分だろう!?

トモダチ!

 

間一髪、ロスコルたちが駆けつけて戦闘開始!!

そういえば、お前確かゲーム知ってたな?
攻略法とかあるか?

とくにないのです

ないって・・・こいつそんなに強いのか?

 

 

避けたり攻撃したりロックオンしたりといった動きと
ボス戦慣れするためのチュートリアルボスなので

そもそもが倒されること前提

メタいなおい

序盤に強敵持ってきても負けイベントでない限り
クリアできなくなりますし

 

ちなみに、ゲームでは事切れる寸前に回収用の敵ザコが来て死体を回収
彼女の望み通りリリオがネブレイドします

 

 

・演出家マズマ

 

ゲームでもリリオが言っていましたが
完全に舐めプした結果の敗北
しかもミー
リリオの中で「今度は本気でやる!」と謎のやる気を出して
復讐鬼と化したリリオを内側から焚き付けるという
はた迷惑極まりないことを死んだ後もしてくれます

本当に迷惑極まりない女だな
あのサメどもは食わなくて正解だったぞ
絶対に食あたり以上の酷いことになる

 

で、これが「ネブレイド」

対象を記憶から何から文字通り全て「取り込む」技です
すっごい音が出ますけど「データ化して食ってる」ので
それほどグロではない・・・はず?

傍から見たら普通にガツガツ食ってるのと大差ないぞ?

この様子からするに、仲間同士でネブレイドし合っているようだな

 

この赤い男が次のボスの「マズマ」
ガンブレードのような武器を使い
狙撃と斬撃を使い分ける強敵です

しかも空間移動能力持ちらしく、「その場で歩くような動作してるのに近づいてこない」
「いきなり近辺に出現する」などの挙動を見せます
おまけシナリオではBRSのバイクに走って追いついたり
前述の挙動で並走するという不気味な演出も

 

ちなみに彼の趣味は「映画鑑賞」と「映画撮影」
楽屋裏おまけシナリオでは敵であるはずのBRSを
自分が作る映画の主演にスカウトしに来て
あれこれやらかしてくれるという
ミーとは別ベクトルで迷惑なことします

まぁ、身内でやろうとしたら殺し合いになりそうだしな・・・

彼の気に入った作品への入れ込み具合はすさまじく
侵略の真っ最中に出掛けて行って主演俳優を群衆から探し出し
ネブレイドするという
絶対に怒られる独断単独行動しでかしたりとかしてくれています

一応軍属なんだから独断単独行動はまずいだろ・・・

 

あれ?
ここでシズ&カーリー?

どうした?
こいつらもっと後なのか?

この二人は次のステージ担当ボスだから
ここではまだ来ないはず・・・

 

しかも何を考えているのか
BRSたちを狙っていたマズマを不意打ちで仕留めました

仲間割れか?

 

 

・休息

 

その頃、BRSはお食事中

 

本来は人間をネブレイドして補うエネルギーを食物から摂ろうとしているからな
めちゃくちゃ食うぞコイツは

究極体デジモン複数食いしてその後で「おやつ」要求する
パートナーが何か言ってますねぇ?

 

すいません、たしかそのセリフ
ゲームオーバー時に倒れるときに言う・・・

↑拳王様で例えるとコレ

「何を食べたらそんなセリフ出るんだ?」という疑問が出るのは必至

 

そして腹の中に何を孕んでいる?

 

そして、ロスコルとの距離は縮まっていき・・・

「生存者(女の子)の救出」任務に出撃する際に

ぷく~

かわいいです

(ハチの巣にされろ)

 

この、にぶちんめ!

 

・共闘作戦

 

ゲームではBRSに倒されたマズマを
BRSがいなくなってから
その場に駆けつけてネブレイドしていました、この二人

二人とも戦闘時は黄色っぽい鎧を身につけています
シズが兄のカーリーに乗り
騎兵のような動きを見せる一心同体の難敵

カーリーは妹にシバかれるとパワーアップする変態さんです

(お前が変態言っちゃうのか・・・?)

しかし、この「カーリー」だけ他の奴らとだいぶ違うな
まるで、のような・・・

「動物」に興味を示した結果
動物ばかりネブレイドし続けて強さを取り込むという行動をしてしまい
動物に近い姿になってしまったのだそうで・・・

加減を知れ

 

あのウサギは確か「ナフェ」か・・・

どうやらクーデターか何かを考えているようです

どうやら、彼女の決定とやり方に不満を持っていたようで

そりゃあ、理由が「失恋のとばっちり」ではな・・・

 

二人はBRSたちと合流します

2か月でこんな感じに

で、救難信号の方はこの有様

「罠」だな・・・
恐らく人類の殲滅と裏切者の炙り出しを兼ねた・・・

 

・修行編

 

初対面がコレ

シズ先生、容赦ありません!

ちなみにゲームでは3面ボスなのですよ彼女たち・・・

 

敵ボスどころかどう見ても「師匠」だぞ、おい

 

ですが平和は長く続きませんでした

やはり罠か
すぐ仕掛けなかったのは相手を油断させるため
なるべく全員集合している状態の時に仕掛けて
一網打尽にしたかったのだろうな

 

ところが、リリオはミーのネブレイド後に行方不明

そして・・・

他の惑星に出向いている仲間を招集する気か?
それとも本部に援軍を?
いや、それでは遅すぎる
と、なると残る有効策は・・・・・・
「二人を同時に相手してなおかつ仕留められる今ある戦力を送る」

そういえば、いたな

それが可能な奴が一人だけ

 

WRS様、自ら出撃です!
本当にフットワーク軽いですね彼女

(あんたがそれ言っちゃうの、侵略者の司令官?)

(だよな、こいつ色々自覚してないことが多すぎる)

 

ナフェはシズ&カーリーを裏切ることにした模様

ちなみに、この執事やってるザハ様ですが
その外見とは裏腹に「宇宙空手」という武術の達人(師範代階級)
戦闘時は専用のMSのようなパワードアーマーを装着して
格闘戦を挑んで来ます
ナフェの後のWRS様の直前の相手ですが
「ラスボス一歩手前の難敵」「ラスボスを守る最後の砦」のセオリー通り
強いです
小細工なしで純粋に強いので苦戦したプレイヤーも少なくないはず

ナフェとの関係は「おじいちゃんと孫」といったところ?

ですが、「総督」がナフェを欲したらどうするか分からないので

ゲームの時のようにシズとカーリーを消去して証拠隠滅した後

BRSたちを襲撃

これで人類は滅亡しました

コミック版だと致命傷なので文句言うだけのシズでしたが
ゲームではカーリーがシズをかばって攻撃を受け・・・
倒れる場所を間違えてシズがカーリーの下敷きになり
動けない状態のところでナフェのラビットが襲来
「総督に裏切りの事を言わないから助けて」という命乞いを一蹴して
消し飛ばしていました

 

・ナナ・グレイとリリオ

 

重傷を負ったBRSを拾い救助したのは彼女でした

正直、この少女が人類を裏切ったことに関しては
同情こそすれど違和感全く感じないな

直接攻撃に加わって人類殲滅に加担しても
人類に文句を言う資格はない程度には
酷い目に遭わされたからな

 

もちろん
データはWRS様のもので、ナナはWRS様のために
BRSをWRS様のコピーと寸分違わない状態にして
ネブレイドのために献上するつもりでした
もちろんWRS様の指示なことは言うまでもありません

ちなみにこの時、リリオが居場所をかぎつけて

破壊行動しながら接近中

記憶消去に失敗したことですべてをぶちまけますが
BRSはそんなナナを許し和解しようとします

そして姉妹喧嘩の最中に

リリオが到達!

ちなみに聞くが、こいつはどういう奴だ?

弓のような遠距離武器を主に使うのですが・・・
一番厄介なのは時折仕掛けてくる「原始的ジャミング」
その場で一回転して足で地面を円形に削り塵を巻き上げる動きですが
なんと、ロックオン機能がこれで無効化されてしまう上に
視界が悪くなります
この状態で戦闘継続なので
ロックオンに頼った戦闘をしてきたプレイヤーは苦しめられることに

 

つまり、狩人タイプの強敵か・・・

ですが、BRSとの戦闘にはならず

一方的にリリオの攻撃を受け続けて「お詫び」の意思表示をしたあとで

ミーを殺したことを頭を下げて謝罪

リリオが毒気を抜かれた上に
中にいて精神体状態のミーもやる気をなくしたことで
戦闘イベント自体が消滅

ゲームだと仲間にネブレイドされることを嫌い
倒れる前に自爆してネブレイド不能にしてました、彼・・・

 

同時刻、WRS様は地球を破壊する兵器を起動していました

 

・ナフェの思惑

 

いうまでもなく
ナフェの裏切りはとっくにばれていました

この様子から察するに
日常的にナフェをいじって遊んでいたようですね
WRS様・・・

そりゃあ、ザハも孫扱いするわけだ・・・

だがな・・・
ミー:色気担当
リリオ:近づきがたい雰囲気(ミーは別)
シズ:真面目
カーリー:けもの
だから「一緒に遊んでくれそうな子」がナフェしかいないというのもありそうだ

ちなみに、こういうのは彼女のネブレイドが
かなり独特なためと言うのあります
皮肉にもそれが彼女に「命に対する軽さ」を生む結果に

ナフェの独白

故郷ではゴミ捨て場に捨てられた彼女が
どんな人生を歩んできたかは想像に難くありません
彼女は仲間も自分を拾ったWRS様すらも
信用していませんでした

おまけシナリオで仲間の悪口三昧の色分けクイズを仕掛けてきます
が、WRS様=白いザコを倒すのが正解のクイズでは
わざとピンク色のザコを倒し続けることで
彼女をデレデレにすることが可能(「照れすぎウサギ」)
内心、WRS様にあこがれていたのでしょうね

 

月の基地へ直通のエレベーターの解体寸前で乗り込みに成功

ですが・・・

ボスはナフェ

こいつは・・・聞くまでもないかな?

お供のミニラビットを多数召喚して襲ってくるんだろう?

ほぼ無制限に、ね
おまけシナリオのリベンジマッチでは
自爆ウサギを突っ込ませる回避困難技を連発してくる
鬼畜ぶりを発揮

たぶんプレイヤーのヘイトを一番稼いだボスではないでしょうか?

 

ナナ、顔が怖いです!!!

ゲームでは一対多数を強いられる戦闘でしたが・・・

今回はナナの援護とシズ&カーリー師匠直伝の奥義がありました

格闘戦でも遅れを取らないナフェ

たぶんザハ様が教えたのでしょうね、宇宙空手・・・
あのお方、おまけシナリオでBRSを弟子にしようとしたり
WRS様に無断で自分の後継者にしようとしたりしてたので・・・
さすがに後者はWRS様の怒りを買ってしまい
ザコを大量に送り付けられる羽目に・・・

ですが、これだけは相手がWRS様であろうと譲れないのか
BRSと戦闘続行していました
(なお返り討ち

ミーやマズマに劣らない程度には
迷惑な爺さんだな、まったく・・・

 

まぁ、誰が来るか予想できてるから
対策は容易ですよね・・・

プレデターがよくやるアレ

シズとカーリーの技を浴びせることで
人類だけでなく、師匠二人の分も
まとめて借りを返します!

 

この後どうなるんだ?

ゲームでは
止めを刺されそうになると怯えて縮こまり
それを見たBRSは刀を寸止め
敢えて命を助けますが・・・
WRS様は最後のチャンスをフイにしたナフェを許さず
ザコを差し向けて回収
ネブレイドしてしまいます

自己保身の塊の腹に一物ある敵幹部の末路まんまだな

 

そう思うのならなんで峰打ちにしなかったのですかね?

そういえば、こいつのメインウエポン「刀」だった!?

区画に穴が開きそうになったのでナフェが残ったラビットを使い
穴を塞ぎますが・・・

 

自己保身の塊だった彼女は
最期の最期で改心、
身を犠牲にしてBRSたちを助けます

 

結論

ギブソン博士の罪は限りなく重い#

性格が変わるほどの心の傷を負わせたわけか
本当にろくなことしないな、あいつは

 

ゲームの時と違い、身を犠牲にして他者を
それも敵だった者を助けるという
それまで自己保身しか頭になかった彼女の意外な最期

 

そしてナフェの「遺産」はコレ

兵器のコンピュータのデータを破壊するウイルスまで仕込まれていました

逃げ出す直前に時間稼ぎ目的で使うつもりだったのだろうが
結果として二度もBRSたちを救ったわけか

 

 

・遺伝しなくていいものまで遺伝した結果がコレ

え~、おっちょこちょいで早とちりのせいで
人類滅亡の引き金を引いてくれたギブソン博士

 

ナナもしっかりそのへん受け継いでいました

WRS様と刺し違える覚悟をし
せめてBRSだけは逃がそうと、
そして地球を託そうと
BRSを脱出ポッドへ

最後の最期で「お姉ちゃん」として「妹」を守る決意をしたナナ

決意だけは・・・・・・・

どうしたというのだ?

WRS様に返り討ちにされたのですけど
そこは問題じゃないのです

↓これが脱出ポッド

・・・なぁ、これって・・・
手動の操縦が必要なタイプじゃないのか?
それも惑星に降り立つとかでなく
友軍の艦隊に回収してもらったりが前提の?

たぶん大気圏突入はできると思うのです

いや、あのな・・・海に落ちればいいだろうが
陸地に落ちたらどうする?
地表に叩き付けられれば木っ端みじん
低確率とはいえ火口や毒ガス地帯に突っ込む危険もあるぞ?

 

幸いリリオの宇宙艇が救助してくれた模様

リリオの発言から
地球に落っこちたら無事じゃ済まなかったことが伺えます・・・

ナナ・・・
リリオに足向けて寝れんな、もう・・・

というか、
そんなところまで遺伝しなくていい!!
何考えているんだあの馬鹿博士は!?

 

再会を約束はしましたが
リリオが宇宙艇を使ってまでしに来た「用事」は・・・

「グレイトフル・サン・レイ」の動力炉の破壊

もちろん、帰り道などない片道切符・・・

WRS、身勝手な奴だがどことなくウルトラマンベリアルに似た感じがするな

 

 

・白と黒の決着

 

「帰る」・・・つまり自分の所属する組織の領域に戻る気か

もちろん、今度はより強力な仲間と艦隊で攻め込んでくるだろう事は
想像に難くありません

惑星破壊兵器も携えて

それを防ぐ方法はただ一つ

「この場で総督を倒す」だけです!

ギブソン博士が全部悪いんですよ、念のため!

WRS様、ラスボスなだけあって

戦闘力はけた違い&実質「怒るフリーザさん状態」

一方的に押していたのですが・・・

BRSの心を折るつもりのダメ押し(ナナの髪飾り)が
逆転のきっかけに

BRS、いえ、ステラは完全覚醒を果たします!

次の一撃で、決着!

全てを込めた一撃をステラはその場で編み出します!

対してWRS様も一撃のもとに葬る技を・・・

ですが・・・

ここで、ギブソン博士が初めて役に立ちました

それも彼の望みだった「娘を守る」ために発動!

博士との思い出

本気で愛しそして裏切られた恋人と過ごした

幸せだった時間が

彼女に必殺技の発動を不発に終わらせ・・・

 

シング・ラブ様は娘ステラの攻撃を受け入れました

人類は滅亡後、一人の男と侵略者の女性との間に生まれた娘によって

その反攻作戦を成功させたのです

文字通り「一矢を報いる」形で

言うまでもなくナナを責めた馬鹿たちは地獄へ行ってOK!!

そしてこれが彼女のネブレイド能力の推測材料
セリフから察するにそれは「保管」
恐らく彼女の中で個別フォルダみたいなものができていて
図書館の本のようにネブレイドした人々の「データ」が
保存されていると思われます

だから、お気に入りのはずのナフェの事も
躊躇なくネブレイドできたわけか
迷惑極まりないが

どいつもこいつも迷惑な奴ばかりだな
このゲーム

一番ドン引きしたのはWRS様が退屈のあまり
トチ狂って自分で自分をネブレイドして
WRS様消滅という事態が起きた事ですね

なんだそのおまけシナリオは!!?

戦う前にラスボスが自滅するなよ・・・

 

・すべて終わって

決着はつきました

ザハ様はステラを治療しシング・ラブ様を抱え去っていきました

主の弔い合戦はしないのか?

ザハ様には「大事な仕事」があります
というか、これやらないと後で大変なことになるので

仕事だと?

本部と他の仲間への連絡です
恐らく内容は「太陽系侵攻作戦の成功」

「現地住民との戦闘でザハ以外の総督以下出向いた全員が戦死」
「ただし現地住民は実行犯も含め殲滅が完了したため報復の必要はなし」
そして・・・
「地球を含む太陽系惑星の所有権は総督の遺言により実子ステラが継承」
「後見人はザハ、そしてステラの姉にして総督の保有データを継いだ娘ナナ」
「戦力再編成を行うため総督配下の戦士はただちにザハの元へ全員集合すべし」

・・・といったところが無難でしょうか?

 

ベルサーみたいな組織だったら
向かったグループが撃滅されたら協議で次に誰が行くか決めて
決まったグループが作戦を引き継ぐという
永遠に終わらないループに陥っていた
ならば手放して帰るなどせず
自分たちの領土にした上で見守るのが正解

 

仮に手放して帰ったら
事情を知らない別のグループか
敵対勢力が攻め込んでこないとも限らないからな
ザハと残存戦力が健在なら外敵への対応も・・・
・・・ってちょっとまて
「ナナ」だと!!?

 

WRS様のネブレイド能力は「保管」
なので「インプット」の逆の「アウトプット」もまたできたのです

そして、WRS様のプレゼントはナナを返したことだけではなく・・・

このウサギ、たぶんナフェちゃんです
そしてナナの料理技能は恐らく他の姉妹由来のもの

今までネブレイドしたり保管してあった「データ」全部を
ナナに譲渡したと推測されます

最後の最期で母親らしいことをしたわけか
シング・ラブは・・・

で、ここからおまけ

1巻巻末4コマ漫画です
ゲームの楽屋裏おまけシナリオのようにみんな和気あいあいです

薄々思ってはいたが
本当は仲いいだろこいつら?

 

ではまた

 

 

 

 

ポチリとお願いします


人気ブログランキングへ
にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
にほんブログ村

 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ