【まんが・コミック感想】ジョジョの奇妙な冒険 第4部 ダイヤモンドは砕けない 岸部露伴の章 荒木飛呂彦【レビュー】【ネタバレ注意】

LINEで送る
[`google_buzz` not found]
[`yahoo_buzz` not found]

ジョジョの奇妙な冒険 第4部 ダイヤモンドは砕けない 岸部露伴の章

シリーズ屈指の変質者人気キャラクターをまとめます

 

 

ジョジョの奇妙な冒険 第4部 ダイヤモンドは砕けない 岸部露伴の章

 

 

こんにちは、こんばんは

エビシャコです
レビュー参ります

 

・遊びに来たよ

 

 

ボコボコ状態から奇跡の復活を果たしたスタンド使いさんが
康一君に親しげに話しかけます

 

すっごく縮んでしまいましたね・・・

写真だと仗助くらいはありそうなんだが・・・
康一と同じくらいの大きさになったな

 

で、ここが漫画家「岸部露伴」の自宅兼仕事場

ああ、「漫画家」か・・・

?どうしたクレス?
問題でもあるのか?

問題しかないんだが・・・

なに?

手を掴まれ家の中へ・・・
もう逃げられません

 

この状況から立ち直って許可されたのをいいことに見学へ・・・
なんというか
もう少し危機感を持ちましょう!?

露伴先生、オニグモを捕まえてやりたい放題です
ですけど解剖なさるなら
きちんとした道具を用意することをお勧めしますよ
あと、一度大学に通うなり動画で学ぶなり
実習を受けておくとだいぶ違います
血が苦手な人もいるので敬遠されたり
バーチャルに切り替えたりという話を聞きますが
私の経験ではやはり「体で覚える」が一番かと

そうだな、お前はそうやって覚えたりするの得意だからな
語呂合わせの歌にしたりとか
ただな、パートナーとしてひとこと言わせてもらうと・・・

い・・・・・・・

言ってる傍から何してくれているのだ貴様!!!#

え~、私は解剖したの食べたりしてないでしょ?

実食はしなかったが幾度か危なかった記憶があるのは
気のせいかな!?

そうそう、オニグモとかの「虫」は・・・

・・・ええ、そうでした、
まず人前でやるのはまずNG
誰もいないところでこっそり食べましょうね

 

食べること前提なのはもう驚かんから
続きを言え

きちんと火を通してからにしましょう!
寄生虫がいる可能性あるので!!
おすすめは腹部を除去しての素揚げです
味付けはシンプルに塩を振っただけで!

(いうまでもなくコレは一般人とかけ離れた内臓やら耐毒性やらしてるから
やる場合は自己責任でな!)

そして・・・岸部露伴先生もまた

スタンド使いだと発覚します

原稿を見ることで発動!

相手を「本」にしてしまい
当人が意識しない情報までも読み取り可能に

トニオみたいな先天的なスタンド使いか?

それが・・・

虹村形兆さんの仕業のようです

ここに来て億泰の兄が絡んでくるとは・・・

相手に情報や命令を書き込んで意のままにすることもできるのが
このスタンドの恐ろしいところだな

 

しかし・・・

 

エビシャコはこれ↓を言いたいのか?

家に上がり込んで家族に手を出したチンピラすら殺さず済ます高校生
そこまで要求するのはだとは
私も思っているので!

ただ・・・警告などせず不意討ちで片付けるのが
ベストではないかと、特にスタンド使い相手の時

そうだな、他に何ができるか分からない相手
これ以上「何か」される前に
問答無用で無力化戦闘不能にするのがいいだろう
この場にもう一人「人質」いるわけだしな
この前まで敵だった奴とはいえ

まぁ当たり前と言えば当たり前のボロボロ評価だが

ちなみに、「ページを取られる」とご覧の通り

興味あるかお前ら?

だが断る!!
我の構成要素など剥ぎ取った日には
我もどうなるか分らんし
恐らく剥ぎ取られたデータ自体が数時間しないうちに
別の生命体になって露伴に襲い掛かるぞ!!

 

私はきちんと運動してる上に
燃費も悪い方だから!!

↑それより、これ見て取り寄せたプラモが
緑一色だったことが私としては衝撃!!

「マゼラン」買ったのかお前!?

 

ああ・・・体に書き込まれてしまいましたか
「岸部露伴の家に行く」と・・・

よくよく考えると
いくらでも悪用可能な能力だな

すでに悪用しているように見えるのは我の気のせいか?)

持つべきものは友情ですね!
億泰が助けに来てくれました!

門扉で首を挟んで絞めて兄に弓矢を撃ち込ませる場面から始まる友情か・・・)

 

これもスタンド能力か?

それは・・・「岸部露伴」自身の能力です
彼はスタンド能力頼りの者が多いスタンド使いでは珍しく
「素の能力がヤバイ」人で
下書きなしでその日のうちに原稿を書き上げてしまうほど・・・

 

一般人の身体能力とは完全にかけ離れているといえるでしょう

「古代人種」の血を引いているか発現しているかしているかもしれませんね

ここにきてまた新しい謎が生まれたな・・・

さて、ここで真打登場です

「原稿を見なければいい」ということで
目を瞑って入場

 

私は「後ろ向きで走る」お勧めします!

ニンジャスレイヤーじゃないからなこれは!!

 

え、ちょ・・・・・・

自殺したぞコイツ!!?

いや、だろ、これで仗助は目を開けて原稿を・・・

あ、もう駄目だこれ・・・

 

総員退避!!!!!

うわぁ・・・・・・
(↑骨の状態を肉眼で確認できる)

思ったよりグロいことになりましたね

ああ、なるほどな・・・
標的と対した時にできるだけ多くの情報を短時間で得ようとする
我々と真逆か

ぱっと見では気絶どころか
あの世に直行しそうな重症に見えるのですが・・・

 

頭蓋骨が完全に陥没してたからな、さっきの・・・

 

情熱には目を見張るものがあるのは我も認めるが

 

1か月で済む怪我には見えないんですが・・・

頑丈だな本当に

そして仗助が「髪型」にこだわる理由は・・・

かつて「スタンドの発現」で高熱を出したときに
自分と母を大雪から助けてくれた
「謎の少年」に憧れと敬意を持ったことが原因だそうです

 

・怪異との遭遇

はい、私の担当の時間です

本当になんでもありだな、この町は

街角で再会

彼らが発見したのは「地図にない道」

・・・・・やめとけ
アレはルールを知らないやつが入るとまずい

入ってしまったか

ルールだと?

シンプルですよ、「振り返ってはいけない」
これだけです
オルフェウスの神話然り、
イザナミノミコトとイザナギノミコトの「黄泉帰り」神話然り
常世と現世の行き来はすんなりとできないものです

・・・つまり、ここは・・・

 

スタンドで確認しようとしたようですが・・・

あまり目立つ行動はしない方が身のためですよ
「ただ通過する」だけでもリスクを伴う道ですからね

それに、すでに「見られている」

こいつにか?

もっと危険なモノに

 

ただの少女がこんなところにいるものか!!

やっていいことと悪いことの区別をつけろ!!#

記憶を消してリスタート・・・
冥界に所縁ないのなら
「ヨモツヘグイ」を避けたのは賢明な判断でしたね

お前は節操なく食いまくっているがな!!

女の子の話した怪談、それは・・・

彼女自身の体験談

一緒にいた仲の良い子供「露伴ちゃん」を
身を挺して庇い助けたときの

「露伴」だと・・・!?

一応言いますけど・・・
本当に悪い奴は身の上語った上であっても
一目でわかる程度の悪意を放ちながら
襲い掛かってくるので
まぁ、幽霊になると感情や本性露になるから
「ぱっと見」で「良し悪し」分かりますけどね

だから彼女は安全かと

そしてここで
第4部ラスボスの情報が・・・

危険性のない霊でも
「挑発」されたら牙剥いてきますからね!!
心霊スポットに肝試し行った上に
暴れて荒らして帰った人が「ご愁傷様」するのが良い例

 

幸い彼女は「できた幽霊」でした

なお、鈴美お姉様はこう言っていますが・・・
どちらかというと犠牲者は
「爆発炎上しながらすっ飛んできて派手に砕け散る」方が
多いのです・・・

言ってやるな
多分この頃は「ラスボスのスタンドをどうするか」
作者の先生が頭を悩ましていた時期だろうからな!

 

メタいな!!?

さりげなく了承したぞ

で、ここからの帰還方法ですが・・・
空を飛んでも当てずっぽうで走っても出ることはできません
「もと来た道を引き返す」
「決して後ろを振り返らない」
このルールを守ることが必要

「黄泉帰り」と大差ない状況なので

厳しいな、ルール・・・

ただ、すでに「目をつけられて」しまっているので
あの手この手で後ろを振り向かせようとしてきます
気配を感じさせたり息を吹きかけたり・・・

康一君は「変なのに好かれる」才能でも持っているのでしょうか?

(とうとう本音ぶちまけたぞこいつ!?)

おお、岸部露伴が役に立ったな!
しかも原稿なしでスタンドを使っている!

彼女は再び「境」へ・・・

 

 

・鈴美お姉ちゃん

 

・・・・・・・二人はすでに会っていた、か

 

岸部露伴先生の辿り着いた先は「墓地」

 

そこの住職の口から、「真相」は語られました

「あの男」の性格を考えると
恐らく杉本家の家族構成を調べた上で襲ったのだろう
だが逆に、あの晩に預けられていた他所の家の子供の事は
入念に調べていたからこそ
見落とした
鈴美がそこまで考えていたかは分からんがな

犯人の目的が最初から自分だと分かっていたから
敢えて逃げなかったのかもしれませんね
彼女は
間違いなく「黄金の精神」の持ち主と言えます

だがな、その命を捨ててまで助けた子供が・・・

↓コレだぞ?

え、あ、う~ん・・・それと・・・

この「初めてキスした男の子」と言うのも恐らく・・・

軽く触れるならまだしもそこまでするか4歳児!?

そして・・・

容赦なく名所に!!

なぁ、もう充分苦しんだだろう?
苦しむ必要など最初からなかっただろう?
解放してやってくれ・・・
名所とか永遠に縛られ続けるだろう!?

 

さて康一君はいつものメンバーで作戦会議

ですけど承太郎は知れば恐らく捜査を開始するでしょう
「スタンド使いを発現させる道具の存在」があるのですから
その殺人鬼がスタンド使いでなくても
いずれスタンド使いに目覚める可能性はあります
「弓と矢」を入手する財力を持っていたとしたら
その確率はぐっと跳ね上がります

で・・・

当たり前のように来たこの人

ラスボスです

一般人みたいな通過とエンカウントだな!?

いや、一般人だぞコイツ
柱の男でもなければ吸血鬼でもない
殺人癖があるだけの銀行員

それさえなければ「紳士」なのですけどね

殺人癖やめて大人しくしていればいいのにと何度思った事か

・(追記20200704)

・じゃんけんの少年

※今回バトルするスタンド使いは身体能力は人並み程度のはずです

 

今回の吉良父さんの標的はこの少年・・・
おやおや、「渋柿」でしたか

偉いな~
渋柿と分かったら、きっちり吐き出すことができる子なのか

吐き出さない奴がいるみたいな言い方だな?

いるぞ、すぐ目の前に!!

あ~・・・

この前もアケビの生皮にかぶりついてな、コイツは・・・

中身だけにしろ種は出せと言ったのに・・・
味覚がリンクしているのだから変な味の物を口にするな
常日頃あれほど言ってるのに・・・(グチグチグチグチ

さ・・・さて、露伴先生はあのジョセフともかなり見知った仲になったようです

おいおい先生、その老いぼれはSPW財団のトップクラスだぞそう見えても?

なるほど、「吉良吉影」を追跡中か
それもだいぶ絞れてきた

別記事で書きますけど
こじれるどころか仮面家族の家族関係修復してるんですよね、
あの殺人鬼さん

大人しく殺人趣味やめて生活していれば
望み通りの平穏な生活を送ることは容易だろうにな
難儀な奴だ、まったく

OK

お前じゃない、ハウス!!

くぅ~ん・・・

少年の頬には「穴」が・・・
実はこれは「矢」によるものです
が、本人は「電柱から落ちたときの傷」と思っています

少年はとにかく露伴先生に絡みます!

って、もしも~し!?

いや、いつもこいつがやってることだろ・・・

って、お前それやるか普通!!?

うわぁ・・・子供相手にいい歳した大人が
しかもスタンド使ってカンニングしてまで・・・

 

彼、康一君以外にはめちゃくちゃ辛辣ですね

仗助はともかく億泰はどっちかというと被害者
由花子に至っては康一関連以外まったく接点のない赤の他人だろうに・・・

まったく同情できんな

「不良少年少女グループに諭されて逆切れする駄目大人」にしか
見えないのですけど・・・

そしてじゃんけんの結果

・・・・・・・・・・・ほぉ?

(おっと、エビシャコの機嫌が・・・)

「発売当時のまま売れ残って今に至る」
商店街の小さなお店とかあるあるです

(こいつ「清水の商店街のおもちゃ屋さんが閉まったまま」とか嘆いてたな、この前)

植物に興味がおありですか少年!!

仮にそうだとし興味あるのは「植物」であって
「植物型怪人」ではないと思うぞ?(冷)

これ?

懐かしいな、あの頃は・・・・・・・・・・・
レッドリボン軍に影響されて
やたらかき氷にはまってたなお前!?

ブルーハワイは今でも大好き!///

(「食欲減退色」はコイツには通じんようだな・・・)

しかし、「勝った」と言って何が変わるのだ?

スタンドが発動するだけなんで

なんだ大したことは・・・
スタンドだと!!?

この子は「スタンド使いに目覚めつつあるスタンド使い」
この能力も目覚めたばかりのもの・・・
しかし通常はどんな能力かランダム
DIO様ですら、自身のスタンドが何ができるかを
模索していたというのに
この子は「自分で自分のスタンド能力を生まれる前に把握していた」としか思えません
もしくは「自分でスタンド能力の方向性を決めた」可能性もあります

・・・・・・

何を確認しているの?

なるほど、「ルール」も決めているのですね

グロンギではなさそうだから「新たな『ラ』」にはできんぞ?

おおおおおお!
素晴らしい向上心です!!

ちなみにこの子は「大柳賢」
スタンド名は「ボーイ・Ⅱ・マン」

「相手のスタンドを奪う」「奪ったスタンドの能力を使役する」というその能力から
「じゃんけんで勝つ」という制約がありながらも
「最強のスタンド」の議論で今でも名前が普通に出るほど

「スタンドは一人一体」の「制約」効かないからな
その上でDIOの「ザ・ワールド」とかの
危険なスタンドを「奪って使う」とかされたら
どうしようもない

「ヘブンズドアー」を奪ったか・・・

 

「暴力」「再起不能」にするつもりで?

違うと思うからその「手斧」をしまっておけ!

おおお!いい覚悟です!!

【エビシャコからのお知らせ】

※ここからは
アニメや映画で戦闘中にかかっていそうなBGMを流しながら
お楽しみください

ん? んんん?
ちょっとまておい!!

どうしたの?

こいつら、飛んでいないか?

気のせいです

今回は勝ち

上半身だけのスタンドかと思ったらきちんとがあったのですね

 

そういうもの・・・ですか?

あのな・・・

だがしかし・・・

ほぉ・・・いい目をするようになったな小僧

あ~、すまん、お前のセリフだったな

再び戦闘開始!!

おいまて!!!!

飛んでいるよな!?
今度こそ空を飛んでいるよなこいつら!!?

目の錯覚です

そうか~?

熱いバトルであることは認めるが・・・

今度こそ空を飛んでいるだろ!!?

地面を走っているように見えるけど?

岸部露伴の方ではないわぁタワケめ!!#

しかし熱いな・・・

「じゃんけん」なのに

!!!!なんと・・・・・・・・!!

サンタナ様を撃退し
エシディシ様を下し
ワムウ様を打ち破り
そしてカーズ様をも地球から放逐した
あのジョセフ・ジョースターを倒そうというのですか!?

そういえば、周囲の助けや知恵ありきとはいえ
第2部の「柱の男」は全員一人で下していたな、この男

いえ・・・
あの少年がジョセフ・ジョースターを打ち破るとしたら
我々は
新たな歴史の始まりを目撃することになるでしょう

(全盛期の若いジョセフに勝てたらもっとすごいと思うがな)

・・・・あれ?

なんだ、戦わぬのか・・・

本気で残念そうだな戦闘狂ども

「まだ時期ではない」と、運命はそう言っているのでしょう
焦ることはありません
あなたはまだ「卵から孵りたてのヒナ鳥」
今はひたすら食らい続けて己を大きくする時期です
知識を、力を、技を・・・
いずれ比類なき巨鳥となって空へはばたくその日まで

(教えることはまともなのだよな、当人の性格と性質が大問題だが)

似たようなこと小石でやって
全部命中した子供時代の記憶・・・

あほ?

ああ、相手の腕がいいと意外と当たらないものですよ
「偏差射撃」されたら当たりますけど
まぁ、何しても相手が何でも「当たる時は当たる」ので回避行動と防御策は必要

数日前にもドラウンド一撃で海の上で撃沈されたからなお前

さすがに未察知敵機からの初撃狙撃クリーンヒットは私でも無理!!

ほぉ、大きく出たな

これはもう完全に空飛んでる

この高度はもう誤魔化し効かんぞ?

お~・・・
二階建て以上ある建物が眼下に・・・

そっちに目が行くよな、うん

「赤ちゃんの力」ですよねソレ?
しかもイカサマと言います

さらに言うと「透明になっていた」ということは
「能力を使っていた」=「赤ちゃんがストレスを感じていた」ということに・・・

ひどすぎる・・・

 

む・・・これは!!?

ああなるほど・・・なるほどな

・・・血迷ったフリ、か

そう
彼は赤ちゃんを殺すことは愚か
傷つけることもしません

↓これが、証拠ですから

この子の能力は「自他を含む周囲の透明化」
発動条件は「ストレスを感じる事」
ジョセフ・ジョースターですらこの子を抱き上げたときに
手が透明化したのに
この少年がどんな扱い方をしてもこの子は決して
能力を使わなかった
つまり「能力を使う必要がなかった」
「相手にはストレスを感じないから」!!

露伴の時は即発動したのにな

しかしこいつら、どういう原理で飛んでるんだろうな?

双方ともパワー型ではないから「本体を持ち上げて投げる」もできんわけだし
できたとしてもたかが知れているしな・・・

敗北を認めた少年

自害を選択!!?

ああ、これってそこの赤ん坊が大きくなってから露伴に
「おにいちゃんの仇!!」て逆襲しに来るフラグだろ?
しかも敵スタンド使いに記憶を甦らされて都合よく弄られたせいとかで

将来的にそういうの来そうではあるのです

ですが、露伴先生が少年を救助!
&都合よく吉良父さんが風に吹かれてトラックに!

と・こ・ろが・・・

赤ちゃんをすっかり忘れたのと赤ちゃんが透明化したために
少年まで一緒になって探す羽目に!

そこか・・・

 

・背後にいる・・・

 

露伴先生が「チンチロ回」で焼けた自宅の修理をすべく業者を呼びます

酷い事件だったな・・・(溜息)

いつもの

そしてこれを見てしまった露伴先生は・・・

絶対に背中を見てやろうとあの手この手を使います!!

あのなぁ・・・
これはもう殺されても文句言えんぞ?

 

自覚しましょう露伴先生
あなたはたった今
人を一人殺めました
それも
自分の好奇心を動機に

可哀想に・・・

死体はすべてを失い小さなミイラに・・・

彼の名前は「乙雅三」
吉良父さんによって誕生したスタンド使いでもありましたが・・・

とうとう人を殺してしまったか露伴・・・

で、スタンドに問題でもあるのかエビシャコよ?

問題があるというか「問題しかない」スタンドなのです
「チープ・トリック」

本体の背中を見られると能力発動
本体の背中を引きはがしながら生命力を根こそぎ奪って殺し
背中を見た相手を新しい本体にする
という能力を持っています

全てのスタンドが本体に有益なわけではないとは聞いているが
本体にも他人にも害でしかないなコイツ!?

しかも「本体におぶさってしゃべる」事は出来るので
「他人に声を聞かせて背中を見るように仕向ける」ことも可能だったりします

こんなふうに・・・

「ヘブンズドアー」がないとムリゲーなスタンドだな

なお康一君に救助を頼んだものの信じてもらえず
やむなく承太郎を頼り
彼のいるホテルまで移動しています・・・

それはいわゆる「日頃の行い」ではないのか?

そしてついに犬猫にまで・・・

ですが、ここで様子が変だと察した康一が助けに駆けつけます

ですが「重くして剥がす」作戦は不発

ですが一つだけ、「スタンドだけを確実に剥がす」方法はありました

!ここは・・・!

「あの世とこの世の境目の道」
ルールは「出口から出るまで決して振りむいてはいけない

チープ・トリックはその性質上
「振り向かない」事は不可能
露伴先生の背中を見た康一君に
振り向いて乗り移ろうとしたことで
「ルール違反」を犯してしまいます

露伴先生のダメ押しにより
チープ・トリックは剥がされてあの世へ強制連行されました

しかし、仮にここで退場していなかったら
露伴を殺した後で誰かに乗り移っていたわけだ
そしてそいつに残る仗助たちのところまで行かせて
順番に殺していた
他人を巻き込みながら、な

本当に害しかない危険すぎるスタンドだったな
自意識もあって悪意ありきでやる時点で
ほとんど悪質な魔物と変わらん

露伴先生はきちんと乙さんを弔って罪も償いましょうね!?

 

 

 

ではまた

 

 

 

 

 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ