【まんが・コミック感想】ジョジョの奇妙な冒険 第5部 黄金の風 I  荒木飛呂彦【レビュー】【ネタバレ注意】

LINEで送る
[`google_buzz` not found]
[`yahoo_buzz` not found]

ジョジョの奇妙な冒険 第5部 黄金の風 I  荒木飛呂彦

あのエジプトでの戦いから時は過ぎ・・・
新たな「黄金の精神」の持ち主の戦いが幕を開けます!

 

ジョジョの奇妙な冒険 第5部 黄金の風 I  荒木飛呂彦

こんにちは、こんばんは
エビシャコです

レビューまいります

 

・2001年イタリアにて

2001年・・・思い出しますねアルボアさん、あなたと出会った時・・・

あたしはあんたがあたしに惚れてたこと自体が驚きだったけどな!
滅亡戦争中は全然気づかなかった

滅亡戦争が終わる前にさっさと告白しとけって何度も言ったんだけどな・・・
こいつ自軍の勝利を微塵も疑わず
結果ぼろ負けしてそれでも懲りずにリベンジして
失敗して今度という今度は封じられて結局1000年近く・・・

いいでしょう!そのことはもう!!

えええ・・・こんな荒事に100%向いてない
広瀬康一君出して大丈夫なんですか?

はい、この「名前」をよく覚えておいてくださいね

どうした?
・・・普通の日本人の名前のようだが?

いやいやいや
「皮一枚ください」て頼んで素直に応じる人間いませんから

ふつうは「こっそり取ってく」を想定するものだと思うが
なんで当人に頼み込む話前提なんだ?
お前らしいといえばらしいが・・・

ちゃんと事前レクチャーしました?
カモられますよ?

だな、いまのところ旅行者丸出し
いいカモだぞ広瀬康一!

・・・・・・・

お前を襲うやつはいないだろうか安心しろアルボア

・・・ん?

そう、この少年の父親は・・・

 

第1部&第3部ラスボスにして第3部空条承太郎一行の旅の目的!
強大なスタンド「ザ・ワールド」の使い手
DIO様!!

彼はジョセフの祖父ジョナサンとの死闘の末に
体に「波紋」を流し込まれましたが
即座に頭部を切断し胴体から分離脱出して生存
第1部ラストでジョナサンの肉体を乗っ取ることに成功していました

つまり、DIOが子供を作っていたとしても
血縁的にはジョースター一族
つまりジョセフや空条承太郎、東方仗助と同じ一族ということだな

で、こいつは・・・・・・・

ジョジョあるある「人を探すと大体あっちから来てくれる」

 

まぁ金髪になっているので全然気づかれないんですが

いや、髪型・・・・・・・

おい、第5部主人公にカモられたぞ

広瀬康一・・・あなたには
「危機感」と「警戒心」が圧倒的に足りません
言葉もわからない海外では360度狙われている
思って行動した方がいいでしょう

前半は分かるが後半は警戒しすぎだ

いえいえ、彼は警戒しなさすぎ
「こんなところで殺されることはないだろう」とか
「何事もないまま最悪でも五体満足で無事に帰れる」とかいう考えは
死にたくないなら捨て去るべき

 

お前はどこの激戦地かスラムを散歩に行く気だ?

 

出ましたね、エコーズ(アクトIII)

カモられた後でしかもカバン取り戻すだけという状況だから
カッコつけても全然ついていないんだがな・・・

「後ろから撃つ」とかしなさそうですからね、彼
ほんとうにそのまんま逃がしてくれるでしょう

エビシャコ、お前の考えがさっきから殺伐すぎるんだが?

なお彼の父親↓

印象がだいぶ違うな

・・・・・・・・・・・・・・

コメントに困っているな、エビシャコよ

このままだと「ハルノの奇妙な冒険」になってしまうからな
やむを得まい

メタいぞ

実はそこにあります

この「カエル」が「荷物」

と、そのころ・・・

ジョルノは「涙目のルカ」と遭遇
「ルカ」は聖書にも出てくる言葉でドイツでは「光をもたらす者」を意味するとか?

(お前の崇拝対象(ルシファー)じゃないかソレ?)

(そういうお前はディスボール信仰だったか?)

そして

↓びふぉー

あふたー

なにかクスリでもやっているのか?

・・・・・・・・・

「徴税官」を嫌うアルボアの機嫌がみるみる!?

<↑帯剣を抜刀

お前にじゃない落ち着け!!

アルボアさん、その人は私がネブレイドしていいですか?

人食いもおとなしくしていろ!

!!?こ、これは・・・!!

これがジョルノのスタンドの能力です

詳細はこの後!

 

・生命を与えるスタンド

 

さて、ジョルノを追跡中の広瀬康一君

不用心にカバンを置いて談笑している男たちを目撃しますが・・・

「ギャング」だな?

このあたりは「パッショーネ」の縄張りなので
構成員でしょうね
そしておそらく・・・「スタンド使い」

クワセロ

よせクレス!!

<↑ケーキを見ながら歯をガチガチ噛み合わせている>

<頭を掴んで抑え込んでいる>

エビシャコお前もか!!

さ、さて、茶番はこの辺にして・・・

いやお前ら本気だっただろ!!?

ジョジョあるある「世界は意外と狭い」

ご都合とはいえ早すぎやしないか?

売り払うとか・・・

相手によっては「荷物を一個でも手にしたり購入したりした奴を片っ端から始末する」必要性が
生じますからね、それ!?

デス・スターの設計図か何かでも持ち運んでいたのか?

<↑ウルフレンドでエビシャコの物を盗んだ相手らの末路回想中

ここで、互いのスタンドをご披露
からの
スタンドバトル開始!!

 

どうせ「殺す」とかできないのだから
ちょっと叱って
あとは荷物をどこに売ったか聞くだけで
済ませるべきでは?

最初の一言が物騒すぎて
同意しかねるのだが?

命を生む、スタンド・・・?

樹木!ならば齧って倒して落としましょう!

お前の歯とアゴの力なら容易だろうが
広瀬康一には無理じゃないか?

 

ビーバーかな?)

おい、攻撃が返ってくるみたいだぞ、この樹木

つまり、例えば「スタープラチナで殴る」とかしてたら・・・

「オラオラ」がそのまま返ってくるわけだな、つまり

しかし・・・「生命を与えるスタンド」
使い方次第では「神」にも「悪魔」にもなれる

DIOにこの能力があったら大惨事だったことは容易に分かる

そして承太郎にちくりに報告に行く康一君

 

おいエビシャコ

む・・・今のところはそういう認識

そして・・・空条承太郎の頭に浮かぶのは

かつて仲間たちと旅した数十日間でした

この写真にいる「アブドゥル」「イギー」「花京院」は
この世には、もういません

DIOも強かったが
ヴァニラ・アイスが凶悪すぎたな

自分のスタンドへ「スタープラチナ・ザ・ワールドを名付けているあたり
空条承太郎も、何よりジョセフも
DIO様には思うところあるのでしょうね

実はこの時点で
スタンド使いはバーゲンセールか何かとかいうレベルで
いっぱいいます

 

 

・ジョルノの生い立ち

ここからは、ジョルノの生い立ちを・・・

保護します

<即↓>

なぜ?

顔色全く伺わないマイペースなクトゥルフ系白骨甲殻類とか
顔色見た上で敢えて笑み浮かべながら肩叩く女闘士より
だいぶマシだろうに、何が不満だ?

・・・・・・・・・・は?#

(どっちもどっちだろ、この夫婦)

さて、そんな日々を過ごすジョルノでしたが
ある男を助けたことで
人生に劇的な変化が訪れます

2か月後・・・男は恩返しにやってきました

人づてにジョルノを調べたのでしょう
彼は自分がギャングだからこそできる恩返しをジョルノにしました

こういうのはボコって脅せば大体やめてくれます

そして少年たちは言わずとも、その上の「教育係」に
それとなく話をすれば自然に伝わっていきます

まるでギャングだな

ギャングです

つまりだめだめな両親に代わって
親として先人として友人として接するようになったわけですね

アニメでは、始末した標的の子供に攻撃されても
敢えてそれを受け止めたうえで諭すという
器の大きな人物であったことが付け加えられました

ギャングさんはそっちよりもまず
髪型と服装についてのツッコミをしたがるのでは?

DIOもここまで変わった髪型していないからな

頭のロールは一体?

ところで、一ついいか?
第3部第4部は「不良」止まりだったが
第5部は「ギャング」か・・・
第6部どうなるんだろうな?

あ~それなのだけど・・・
第6部は空条承太郎の娘さんが主人公なのです

それで・・・・・・(ボソボソ)

・・・ふむ・・・・・は?・・・おいおい

教育失敗したとかいうレベルじゃないぞ、それ

 

・無二の親友との出会い(まぁ殺し合いになるんですが

小さい子が靴脱いで窓の外を眺めていそうな路面電車ですね

なんか知らないがキモイなお前!

(慣れたそよ風)さて、ここでジョルノへ
とある男が接近します

そんな面倒くさそうなものさっさと届けます
というか丸投げして「知らんぷり」です!

相変わらず警戒心と疑心暗鬼が強すぎるなお前・・・

ギャングとか麻薬組織の金だったらどうするんですかね?
「カバンいっぱいの紙幣」の時点で
「まともな金銭じゃない」って分かるでしょう?
落とした相手が血眼で探し回ってて
懐に銃を忍ばせていることも
機密性の高い取引をしている可能性も・・・

(こいつはすぐ「最悪の可能性」を考える・・・)
(皮肉なことにそのおかげで助かったことが数々あるけど)

ここで本題に入ります

なお

重体:命にかかわるほどの重い病気、負傷
重態:危篤状態
重症:病気、その症状が重い
重傷:全治1ヶ月以上の入院治療を必要とする見込みの傷害
です

この場合は「重体」にあたるわけか・・・

どうすればいい?

正直に言うべきでしょう
警告を無視した相手が
勝手に突っかかってきて
勝手に事故って
勝手に倒れた、と

「対応」は相手の返答次第で変わるのですが

(最悪、組織丸ごと潰す気だ、こいつ・・・)

あらら・・・やっちゃいましたね

プレゼントは・・・

ビッグタワーモンスター!!?

違うと思う、あいつら大体4つ一組で塔から動けないし

そんなの貰っても、どこに移植するかで悩みますね

パーツ増やすためのプレゼントじゃないと思うぞ!?

ちなみに、彼の名前は「ブローノ・ブチャラティ」
パッショーネの下っ端チームのリーダーで
この後、ジョルノの無二の親友になる男の一人です

しつこいようですが
ジョルノの無二の親友になる男の一人です

たぶんみんな

↑彼が来ることを警戒しているのだと思いますけど・・・

そいつも「パッショーネ」の一員だろうな・・・
だが、ジョルノのためならそいつは躊躇なく
「パッショーネ」を裏切ってでもジョルノを助けるだろう

光なき今!

究極の闇のゲゲルが、始まります!!

始めるな!!!

それより、第3部の花京院やポルナレフ
第4部の億泰もだったが・・・
親しくなる相手といちいち殺し合いしないといけない
ルールでもあるのか?;

で、これが「能力」か

「ファスナーをつける」「それを開閉できる」
ただそれだけの能力ですが
使い方によってはこういうこともできるのです

そしてここでジョルノは自分の能力が「スタンド」であることを
初めて知るのです

そういえば、第3部の空条承太郎は自分のスタンドを「悪霊」と思っていたな

続いて、ジョルノのスタンド「ゴールド・エクスペリエンス」
攻撃に使用した場合

絶対に食らいたくない・・・

MSのコックピットじわじわ潰されるのにも似ていますね

「涙目のルカ」の素行くらい組織は把握してるでしょう
たぶん「そのうちトラブル起こして誰かに殺される」とも思ってるでしょうから
正直に「勝手に自滅した」と言えばひどいことにはならないはず

複数回も警告したからな、ジョルノは・・・

しかも下っ端グループのリーダーを一人だけ「お使い」に出してる時点で
優先度の低さがうかがえる・・・
「顔に泥塗られたかもしれないから一応調べてる」というところだろ
「自滅事故」ならさっさと打ち切る
まして「いつ殺されてもおかしくない奴」の「自業自得」
波風立てずに済むならそれに越したことはない

たぶんまだ「話し合い」の余地ありそうですが・・・

逃げます!

だっしゅ

しつこいようですが

ジョルノとブチャラティは無二の親友同士になります

殺しあっているわけだが!?

で、この場合は?

ジョルノはすでに手を打っていました

これは・・・

例えるなら「麻酔なしで歯を抜かれて傷口をひっぱたかれた」ですね

いやぁ!!

そして第二ラウンド

 

しかしこの「ジッパー」が災いします

ジョルノの逆転勝利です

 

・そして、パッショーネ入団へ

ブチャラティは完全に戦意を喪失しました

決着はついた、な

しかし・・・

ジョルノは戦闘をやめます

このずっと後で出てくるブチャラティの生い立ちで分かるのですが
ブチャラティもまた「麻薬」と「組織」に
人生を狂わされ肉親を奪われた過去を持っています

ジョルノの指摘は当たっていました

人類が「平和」を求めながら「争い」を望む矛盾と比べれば
小さいものですが
ブチャラティの「黄金の精神」は
この「矛盾」を許すことはできていません

(さらっと何か言ったぞコイツ)

ブチャラティ、あなたはもう戦闘不能です
少なくとも「ゴールド・エクスペリエンス」に対して抱いた「恐怖」
完全に克服するまでは

心を折られた、その時点ですでに決着はついている
これ以上はジョルノにとっては「ただの処刑」

お~・・・大きく出ましたね

グランドセフトオートを思い出します

「なんだそんなことか」で済む話
「謀反」扱い待ったなしが混在するというのは
すごいな

この後、すごく濃い時間を共に過ごすことになるわけですが・・・

その前に「入団試験」です

「ちわわ」って有名だからな、ボス

「ちわわ」?

子犬だ子犬、小心者すぎ臆病すぎて
自分の正体や過去を絶対に他人に知られたくない
そんな奴だ

(グラナールより「下」がいたのか・・・)

次回、いよいよ・・・
私イチ推しのイングランド出身のロック・バンド
ブラックサバスBlack Sabbath
の特集を行います!!

違うだろ!!!

入団試験の話をやれ!
お前が「パラノイド」気に入っててエンドレスで聞きまくっているのは
知っているがな!

 

ではまた

ポチリとお願いします


人気ブログランキングへ
にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
にほんブログ村

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ