【まんが・コミック感想】ジョジョの奇妙な冒険 第5部 黄金の風 II  荒木飛呂彦【レビュー】【ネタバレ注意】

LINEで送る
[`google_buzz` not found]
[`yahoo_buzz` not found]

ジョジョの奇妙な冒険 第5部 黄金の風 II  荒木飛呂彦

ジョルノのチーム入りと初任務

 

ジョジョの奇妙な冒険 第5部 黄金の風 II  荒木飛呂彦

こんにちは、こんばんは
エビシャコです

レビューまいります

・ジョルノの対面式

ちなみにブチャラティたちの位置は↑この一番下の所です

偉くなったらなったで責任とか義務とか増えますけどね!

いかん、エビシャコのやつが序盤でメンタルをやられつつ・・・!?

どうどう・・・(エビシャコの頭なでなで)

(回復)このあたりとか「忍者」に共通する部分ありますね

特に戦国時代が終わったら仕事がめったに来ないだろうからな

!?おいよせバカ!!!?

 

・・・盗賊に身を落としたり、隠密として影で動いたり・・・
忍者の「花の時代」は江戸時代になって終わりました・・・

ほら見ろジェラート、お前のせいでエビシャコが枯れたぞ!!

す、すまん、ここまで効くとは思わなかった

10歳の幹部ですか

立ち直るのはいいが理由が果てしなくキモイ!

さて、一応この辺りを仕切るブチャラティは人気者

住民たちの相談にも乗ったりします

こいつら、ギャングを「なんでも屋」と勘違いしてないか?

どちらにしろ店を開いたり商売始めるには
ブチャラティたちに金を払ったり愛想よくする必要があるんで
ギャングとは切っても切れないですね

「ギルド」みたいなものか

まさか「その麻薬流してるのはうちの組織です」などと言うわけにもいかず
相談に乗りつつお茶を濁します

なるほど、ブチャラティが麻薬を憎むのは生い立ちだけではない
この男は自分たちの支配する地域の人間が好きなのだろう
だから、麻薬を彼らに渡す「組織」を
なおのこと許せない
しかし自分はその「組織」の人間だから逆らうことはできない
この「矛盾」にずっと苦しんでいたところで
ジョルノに出会ったわけか

ただ威張り散らすだけの支配者ではこうはいきません
彼の管理者としての才も
統治者としての能力も
何より人望も申し分ないと見て取れます

と言ったところで、ブチャラティチームのメンバーが出ます

とてもアットホームな雰囲気です

和気藹藹とした彼らの様子は家族同然の絆を感じます

エビシャコ、お前はさっきからどこを見てしゃべっている?
絵を見ながら解説しろ

喧嘩というか殺し合い勃発寸前に見えるんだが?

ま、まぁ大事に至る前にリーダーのブチャラティ到着

部下からも人望の厚い彼が一喝すれば
たちまち内輪の争いは消えてなくなります

後半は納得いくが前半がなぁ・・・

 

つまりブチャラティは・・・
グラナールよりは人望あると思うけど・・・

あ、あの、ブチャラティすでにフルボッコ状態なんで
もうそのへんで・・・

「buccellato」というイチジク入りケーキがイタリアにあるそうです
フーゴの「パンナコッタ」いわずもがな
アバッキオ=乳のみ子羊
ローマでは「これは食え」と言われる程度には推しの強い食材

あとは調べ中ですが、追々・・・

 

(エビシャコとクレスは食べ物が絡むと仕事が早いな・・・)

さて、新人歓迎会です

「アバ茶」

・・・私は「そっちの趣味」ないですので

この状況下で口説くな、そして安心材料になると思っているのかお前は?

・・・ところで、この後「歯」はどうしたのでしょうね?

地球人の行動はよく分からん・・・

みんなの心をつかむことには成功したようです

さすがにアレ飲まされたら
ブチャラティでもキレますね

 

・ジョルノの初任務

 

と、いうわけでジョルノの初任務は・・・

ちなみにどうしてブチャラティが知っているのかというと・・・
彼がポルポさんが生前に懇意にしていた
「信頼できる人間」の一人だったため
その管理を任されていたからでした

なるほど、つまり隠した本人が
自分で隠した「持ち主のいなくなった宝」を取りに行くだけ
そういうことか

いいですね、船旅

お前は普段から戦闘艦に乗っている上に
この前も大きなスター・デストロイヤー買っていただろ?

まさか、あんな大きいのが出るとは思わなかったのです・・・

そこまで言われるほど酷いことしてましたっけ?

・・・して、なかった気がするが?
ポルポのスタンドは凶悪だが
犠牲になるのはギャング入りを志して門を叩いた奴だけだし
あの清掃員の場合は完全に事故
第一、この後で出てくる「チョコラータ」の前だと
霞み過ぎて見えなくなる

お前ら、悪党の非道外道に浸かり過ぎて
認識のハードルおかしくなっていないか?

(レイブラッド星人のお前が言ってもな・・・)

この「危惧」は的中します
すでに「隠し財産」を嗅ぎ付けた組織内のギャングが
出し抜きを狙って動いていました

 

・ボートに潜む敵

二人組のギャングの片方「ズッケェロ」が行動開始

意味は「砂糖」です

なるほど

なぜそんなに強調するのだ、クレス?

さっそくナランチャが!?

アバッキオとジョルノ、ブチャラティ以外が消えてしまいますが・・・

この期に及んでもアバッキオは新人に自分のスタンドを見せるのを躊躇しています

なぁ、ブチャラティって仲間内だとそれほど人望ないとか・・・

し~~~~~~~!!!

ジョルノは突撃

アバッキオはもう少し責任感じるくらいしましょうね?
謎解きのための手がかりを残すだけでなく
「自分がいないならアバッキオはスタンドを使えるだろう」と
ジョルノが思ったからこその行動でもあると思われるので!

ジョルノはハエを消える前に残していきました
これで「消えたジョルノたちの居場所」はハエを通じてわかります

と、いうわけで

アバッキオはスタンドを発動

これは探偵や警察が持っていたら推理ドラマとかは長々推理することなく
真犯人が直で分かってしまう能力だな
被害者を殺すところを再生したら一発だ

それもう推理必要ないのです!!

(誰か死んでる→ムーディー・ブルース→犯人は貴様だ!)
うん、事件が起きて即解決するな、これ・・・

「信用しない」と言いつつも「ここまでの行動をさせてしまった」事には
責任はやはり感じているみたいですね

そしてジョルノはともかく「ブチャラティの顔に泥を塗る行為」は
アバッキオとしても望むところではない様子
まして今は「敵スタンド使いの攻撃」を受けている最中

そしてこの能力で謎は解けていきます

敵の能力は「穴をあけて萎ませぺしゃんこにしてしまう」

人員輸送とかに使えそうですね

トランク一つ持ち運ぶだけで即座に部隊を展開できそう
さすがに大隊規模は無理そうですけど
兵器にも適用できますし、そこをカバーして・・・

お前ってそういう戦術や戦略考えるの本当に早いな;

アバッキオ、この時点ですでにジョルノをほぼほぼ気に入れつつありますね・・・

そしてアバッキオもまたペシャンコに・・・
ですが、彼はすでに「謎」を解き明かし
ヒントも残していました

で、最大の決定打は「敵の告白」・・・

つまり「音は聞こえないが視認はできる場所に隠れている」
自分でバラしてしまったわけか

 

「船を壊す」までされることは相手も想定外だったようで

能力を解除して「隠れ場所」を露呈

ついでに本体も出現して
よせばいいのに悪あがきでアバッキオを人質にします

ブチャラティは「人質」が通じるギャングではありませんでした

ブチャラティのスタンドが相手よりものろいはずがなく

だが・・・確か「もう一人」いたな?

 

・もう一人の敵

この後も見ることになる「みんなでフルボッコ」

ああ、「運の悪い男」の記事のアレか

水に溶かしたズッケェロを熱します

カラメルシロップができるまで
しばしお待ちください

いや、「眼鏡」と「釣り針」を使った拷問だろ?

 

・・・・・・・

はいそこ!勝手に重曹混ぜない!!
カルメ焼きになっちゃうでしょ!!

我を見くびるな!!
それを知らんで重曹を使ったと思っているのか!?

(食べ物絡むと二人ともおかしいことになるな)

素材が単純なのに幅広いな、この料理・・・(安定スルー)

・・・と、そういえばブチャラティたちは
相手が「二人以上いる」とは知らないのでしたね

何かやる前に事前に色々決めて
以降作戦終了か合流まで一切連絡取らない
「スタンドアローンタイプ」の敵だったら
危うかったな・・・

最悪、「攻撃を受けるまで全く気付かないままだった」わけか

(お前の伴侶のエビシャコとかソレの最たるものなんだが・・・)

しかしここからは「時間との戦い」

そしてここで

ジョルノを認めたミスタが共闘を申し出ます!

まず一人、心を掴んだか

 

・ミスタとスタンド

浮き輪を魚にして引っ張ってもらいます
・・・この能力って食糧問題も解決できそうですね

なるほど、「無機物」を生物に変えることができるなら・・・
理論上、ジョルノが知るならあらゆる「食材」をその場で用意できる
下手したら水も調味料も素材は手に入る

使い方によっては
「バイオハザード」で見るようなトンデモ生体兵器やら怪獣やらも
即座に繰り出すことが可能だろう

で、腹ごしらえか?

そう、食事の時間です

この子たちがミスタのスタンド「セックス・ピストルズ」

ちなみに実在のバンド名ですからいやらしさは微塵もありません

2828

な、なんです?

3進法というわけではなさそうですね

しかし縁起を担ぐのか・・・

ちなみに、ピストルズちゃんたちは
自意識をはっきり過ぎるくらい持っているスタンドであるので
機嫌を損ねると本体に対してでもストライキボイコットを起こすことも
あるそうで・・・

おいおい

さて、ここでジョルノたちは一計を案じます

この男「サーレー」スタンドの能力を考えると
「ズッケェロからの連絡をずっと小屋の中で待っていた」
つまり「ずっと小屋の中にいた」が正解のような気が

よほど欲しかったんだな、6億円

ちなみに「サーレー」の意味は「塩」です

「砂糖と塩」か・・・

土曜日にグレート・マジョリタンで・・・

グレ・・・なんだそれ?

あ~、ジェラートはさすがに「ひょっこりひょうたん島」は知らんか

(あたしも分からんぞ)

「ハッピーシュガーライフ」は分かるのですよね?

そっちの「さとう」は やめろ!!

おい、コントやってる間に進展が・・・!

ここでサーレーは

ブラインドを下ろします

銃弾を防ぐことはできませんが、射手が標的を見失います
さすがは荒事に慣れたギャングと言ったところでしょうか
相手がグレネードなどの爆発物を持っているケースや
相手がミスタだったケースを除けば効果的です

そう、ミスタ以外になら効果的手段でした

ミスタのスタンドは「銃弾」と一緒に銃から飛び出し
標的めがけて銃弾を撃ち込むスタンドです

さすがにスタンドまでは誤魔化しきれず
サーレーは負傷します

ピストルズちゃんは可愛いですね

お前はキモイけどな

これで相手が「ギャング」だと分からない人間はいません
そして「抗争中のギャング」へ積極的に関わるような
自殺志願者もいません

そしてミスタは敵の追跡を開始

恐らくパッショーネ内部の知識だろうが
すでにここまで「スタンド」の研究を進めていたのか・・・

ポルポさんの「試験」のおかげで「スタンド使いの組織」でもあるので
恐らくSPW財団よりも研究や知識は上
何よりギャングだから「人体実験」も普通にやれる上に
「実験体」は声をかければすぐ下が持って来てくれるでしょうから

ここで、ミスタは運転席の中の運転手
ではなく、トラックの荷台を攻撃

コンテナの上にいた「敵」の額に命中します!

この土壇場で、よく気付いたものだ・・・
おそらくサーレーは運転手を餌にして
食いついている間にミスタを仕留めるつもりだったのだろう

・・・いや、まて、おかしい!!

いや、そうじゃなくてだな・・・

銃弾で脳を破壊されても生きている地球人は、いるのか?

そう、それだ!

ミスタの足を「固定」したこの能力こそが・・・

「クラフト・ワーク」の「固定」能力です

しかもこれは、ただ単に「物をその場に留める」だけではなく

叩き続けることで物理エネルギーを蓄積しながら
相手に狙いを定め「倍にして返す」ことが可能

「倍返し」だ!

言うと思ったぞ、
エビシャコは流行語でも自分の主義に合わないと言わんから助かるが

?なんでだ?

「報復」とは「等しく返すもの」と心得ています
その際にかける時間や手間、費用などは問題ではなく
ただただ「等しく」頂いたものを「返す」こと
それこそが「肝要」であるかと

コイツの性格とか一切頭に入れずに聞くだけなら「まとも」なんだけど)
相手が途中で「頼むから殺してくれ」って泣き喚く方のことだな、絶対・・・)

ミスタは負傷しますが、お返しに喉に一撃入れることに成功

しかし、首への一撃すら「固定」で防ぐのか・・・

そして今度は「意思を固定して足場に」・・・
何でもありだな、こいつ

今度は「口の中」を狙いますが・・・
相手は口を敢えて開けます
そして「口の中で固定してガード」

そしてこれがミスタの銃弾「最後の一発」でした
が・・・
それを口から取り出して使おうとしたことが
致命的な判断ミスでした

サーレー自身の能力で威力が強化された銃弾は
ミスタのスタンドによってサーレー自身に向かっていきます
今度の狙いは・・・
「最初に着弾した部位」
つまり「サーレーの頭にある銃弾」でした

さすがに脳に届いてサーレーは死亡

なんか知りませんけど、3番ちゃんは5番ちゃんをよくいじめています

食事も横取り

だが、この回最大の被害者トラックの運転手だろう

止めろと言ったり止まるなと言ったり殺し合いに巻き込まれたり

「パッショーネ」には手を出すのは絶対にやめたほうがいいかと

下手したら家族知人友人親族まとめて消されるだろうからな・・・

そして「おかわり」か・・・

モブに厳しいです!

 

・ポルポの「遺産」と護衛任務

では、お待ちかね・・・

隠し財産GETです!

ミスタとフーゴが冷静なツッコミを・・・

そしてナランチャを返討にした二人の片方は・・・

ちなみに「ペリーコロ」の意味は「危険」

そうか

クレス、お前な・・・・・・・・・・

(食べ物以外だとテンションが下がるのか・・・)

6億で幹部なら、例えば資源鉱山とかポンと献上したら・・・

ボスがひっくり返るだろ!!
というか、そんなことできる奴は自分で金出して組織立ち上げてると思うぞ

もちろん、「50%」には拠点の設備費用
部下への給金諸々が含まれています


あと毎月の点検費用とか部下に支払うボーナスとか
挨拶先の地域の実力者に渡す金とか
消耗品の費用とか兵器の購入代金に研究資金に・・・

お、落ち着け侵略者勢力中間管理職!

まぁこいつの脳だけでは処理が追い付かないんで
我がほとんどをカバーしてるわけだが

悪いことは言わない、時々でいいからもっと休ませろ

(呼吸を落ち着けて)さ、さて、ここでペリーコロさんから重要なお知らせ

ここで「ボス」からの直接指令が来ます

ここで登場か・・・!

↓びふぉー

あふたー

変わりすぎだろ!?

ああ、たまに護衛任務とか請け負うといるぞ、こういうの・・・

ソリッド=固体

ちなみにこの「ソリッド・ナーゾ」自体が「ボスの偽名」なので
「探る」=「ボスへの反逆行為」=「死」

↑彼みたいなのが来るか、ボス直々に殺しに来ます

ええい!!本当に面倒くさいな!あの「中身チワワ」は!!#

え~、ここで冒頭の話に戻りますが・・・

ブチャラティの組織紹介にあった・・・

↑この「暗殺チーム」が組織を裏切って敵に回りました

次回より、激戦が繰り広げられます!

「麻薬チーム」はその後か?

・・・「恥知らずのパープルヘイズ」
やっと突き止めて決着する相手だから
ずっと後なのです

 

ではまた

 

ポチリとお願いします


人気ブログランキングへ
にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
にほんブログ村

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ