【まんが・コミック感想】【コラム】ジョジョの奇妙な冒険 第5部 黄金の風-ローリング・ストーンズの章-  荒木飛呂彦【レビュー】【ネタバレ注意】【コラム】【無駄話】【駄文】

LINEで送る
[`google_buzz` not found]
[`yahoo_buzz` not found]

ジョジョの奇妙な冒険 第5部 黄金の風-ローリング・ストーンズの章-  荒木飛呂彦

物語が始まる前のお話、前日譚です

 

ジョジョの奇妙な冒険 第5部 黄金の風-ローリング・ストーンズの章-  荒木飛呂彦

こんにちは、こんばんは
エビシャコです

レビューまいります

 

・第5部開始直前

時間軸は少しさかのぼって「涙目のルカ」がジョルノに自爆した直後あたり

やっぱり肉食動物の肉はまずいのか・・・
お前もそうなのか、クレス

!?(私をスルー!?)

?ああ・・・臭みは強いな、クマとか

いえいえいえいえ

その苦みが美味しいのではないですか~
ねぇ?

港町エルセアは・・・海の魚が主だったか

お前の故郷のベングなら、川の魚ばかりじゃないか?
リザレクションを進めればアユも獲れるかもしれんぞ?

・・・・・・

イタリアなら、羊とかウサギとか、あとハトも入りますね(じゅるり)

ベング出身のアルボアの前では自重しているけど
エビシャコは馬肉大好きなんだ

おいおい、言えば美味しいところ教えてやったぞ?

二人とも!さっきから私の存在スルーして話してないのですか!?

それは気のせいだ(お前に味を聞いてもどうせあてにならん

ならOK

ちょろいな、エビシャコ・・・)

そんなに必死になるならお情けで一応99%あてにしない方向で聞くけど・・・
どうなんだ人食い妖怪として?

私の味覚そんなに信用ないのですか!?

(我が保証するぞ、お前の味音痴ぶりをな!)

(「おいしい」か「すごくおいしい」しか言わない上に
気になったら変なものでも躊躇せず口に放り込むし)

ギャオスたちや喰種やアマゾンズのような「人間を捕食する」専門家や
そういった要素を持つ存在はおそらく味覚単位や消化器官の構造上でまた異なるでしょうけど
人外怪異の場合は生命力などの摂取、もしくは
バンピーラたちと同じで感情を捕食するのが主な目的ですね
こちらの記事でも述べましたが
そもそも人間は栄養素少ないので仮に動物が人肉だけで生命維持に必要な栄養を賄おうとしても
より大量に食べる必要があるのです

だから「(取り込んで)力をつける」のはいても「栄養が目的」で捕食するのは稀

はい、相棒カード

 

ああ、そいつはお前と似通ったとこ結構あるからな・・・
普段どっかに隠れているところとか
暇だと大体寝てるところとか、わりと物ぐさなとことか

「音」を操作するとか色々ほかにあるでしょう!
そのチョイスには悪意を感じるのです!

さすがジェラートだな、大体あってる!

二人とも後で覚えてて!

で、肝心の「味」は?

アルボア、モンスターメーカーの世界なら
飢饉とかオークの大軍に囲まれて兵糧攻めされたとかで
口にする機会ありそうだと思うが、お前は・・・

・・・・・・・

す、すまん、今のは私が悪かった!!
(何気にハードでダークなところあるからな、あの世界は)

 

正直、「感情」は美味しいですけど他は普通

 

そうか(やはりこいつは参考にならないな・・・)

ゾンビの肉は状態異常食らうので要注意です

そもそもそんなの食うなよ!?

(そいつクリーパーエンドラウィザーまで食おうとしてたからな・・・)

さて、トークは「果物とかが好きなナランチャは美味しいのではないか?」という
お話に発展したところで別の話へ・・・

逃げろナランチャ!

飢饉とかオークの大軍に囲まれて兵糧攻めされたとかでない限り
口にしてはだめだぞ~)
食うなよエビシャコ?

食べません!

チョコラータとセッコが一番美味しそうだと思いますけどね
あれほど曲がって捻じれて穢れた魂そうそうないですよ

そいつらを食うなら止めない
むしろ襲ってこい!

ジョルノたちだけでなくディアボロも
ものすごく喜ぶと思うぞ

さて、ブチャラティさんのお悩み相談教室です

また変なパワーワードを・・・

しかしブチャラティ、ギャングのイメージとはかけ離れた親切さだな

本来は「ギャング」になる人間でなかったことは生い立ちからも分かります
彼は「すごく優しい人間」なのでしょう

話を聞く限りだと「ほかに原因がある自殺」で
彼氏さんには「八つ当たり」にしか見えない気が・・・

なるほど、「落としどころ」をすでに考えている
本当に、ギャングの下っ端にしておくにはもったいない男だ!

虹村兄弟のように本来は「犯罪と無縁の生活」送っていても
おかしくない人間だったのでしょう
そもそもギャングになった理由が「父親を守るため」なので
そして・・・

ミスタのすぐそばに・・・

 

・追いかけてくる

 

ミスタは石からメッセージを受け取ります

その「石」はアバッキオたちにも視認できました

だが、そいつらはスタンド使い
その石がスタンドかどうかまだ分からん

そして、ミスタの行く先々で・・・

ホラー映画あるあるだな、「目撃者の証言をだれも信じない」

クレス!私のセリフを!!

いや、お前に何度ああいうのの鑑賞会付き合わされたと思っている?

ちなみに同時並行で「涙目のルカ」の調査もしていました
つまり、この後でジョルノにヤキを入れに行くわけですね

そこにつながるのだな

 

・完全自動型

ミスタは「石」を破壊

そしてこの不可思議な現象から「スタンド攻撃を受けている」と認識
スタンド使いが背後にいると確信します

直前にこんな会話が

「スタンド使いはスタンド使いと惹かれ合う」か・・・

ジョルノを調べに来たSPW財団職員もいると思うのですけど・・・
「ほぼスタンド使いで構成されたギャング組織がそこにあった」とかで
てんやわんやでしょうね、今頃・・・

SPW財団にもスタンド使いはいるだろうが
総数はおそらくパッショーネほどはいないだろうからな
それにスタンドバトルになれば数で負けるだけではない
スタンドでの戦闘やスタンド使いとの戦闘に慣れた
パッショーネのほうが断然有利だろう

・・・・・・スフィンクスではないかと私は思ったのですが

言ってやるなよ

と言ってはいますが
これは本体も全く知らない事態です

知っているのは「スタンドの特性」だけ

このスタンドは「完全自動型」
一度発現したら、本体の意思に関係なく
独自のルールに従って動き続けるタイプです
ですが・・・

「こんなものがどうやったら人間に発現するのかが全く分からない」な

また私のセリフとって!!

言わせてくれ、こいつは「神」であるはずの我ですらも
不可解が過ぎる存在
第一、本来は神か精霊の類かその関係の作品のはずだぞ、こういうのは

さて、「1か月は入院するケガ」を本体である彫刻家「スコリッピ」に拷問がてら負わせた後で
それを死ぬほど後悔する事態が後から発生

ちなみに「スコリッピ」の意味は「刻む」です

そうか、では次に行こう(ため息

おいこらクレス!!
お前は食べ物に関係無くてもやる気を出せ!!

 

・ミスタの奮闘

言うまでもなく

おねんねさせたのは他ならぬミスタです

(答えてくれるかどうかもわからないな、これ)

頭下げて頼んでますけど、その人見た目的に
完全にグロッキーですが?
ていうか、生きてるかどうかすら怪しいです
全治一か月どころか余命一か月に見えますけど

しかも、ここまで痛めつけたのはミスタだからな

お、よかったな生きていたぞ!

ですが、ブチャラティを追いかけて「石」が接近
しかも「スティッキー・フィンガー」で
壁の外へ逃げても追いかけてきます

ミスタは「石」をつかんでダイブ!

下にあった車にたたきつけて破壊!

お、おい、これ・・・

あ・・・

フーゴの運命やいかに!?

生還!!

 

当たり前といえば当たり前だが
ものすごい大怪我っぽいな・・・

このお話で最大の被害者は彼かもですね・・・

※続きは第5部ラストバトルの回で!
ちなみにもうちょっとだけ続きます

 

・突発コラム:ローリング・ストーンズ<悪魔を憐れむ歌>

はい、というわけでエビシャコイチ推しの名曲「悪魔を憐れむ歌」を
作った
「ローリング・ストーンズ」が今回のスタンドのもとになったバンドです!

 

どんな内容の曲だ?

歌というよりも、お話です
喫茶店でくつろいでいると
この世のものと思えない美しく高貴な御方が来て
自己紹介の許可を求め自己紹介を始めたあたりから
歌は始まります

・・・「この世のものと思えない美しく高貴な御方」なんて
歌詞にあったか?

 

その御方は語ります
アイツの息子キリストの誕生から受難・終焉まで
そして争いや戦争への暗躍を

(そこまで接近できたならキリスト殺せばよかったのではないか?)

その御方の名前は、「ルシファー」
最高位の熾天使にして
地獄に堕ちてなお輝きを失わずに
一層強い輝きを放つ御方

(あ~・・・)

大いなるその御方は最後にこう言われます
「私の前では礼儀を尽くしなさい」
「さもなければお前の魂を奪ってしまうだろう」
それは、あなたが生まれながらに持つ特権でございます
あなたは我々の「王」なのですから

「ミスキャスト」という言葉があったが
これほど適合するパターンはないな

なぜ!?

今の話のどこからどこまでがお前の主観から入った脚色だ?

脚色など、ありません!

1/3ほど修飾や脚色だったぞ、おい
忠誠崇拝カンストしてる奴はこれだから・・・

私のお勧めは・・・

ルシファー様と魔王様方の戦いと冒険の描かれた
ミルトン作「失楽園」です!
神への叛逆決起から敗戦
しかし、堕ちてなおその誇りを失わず
再起するルシファー様に魔王の方々!
古に描かれたまさしく神話の一つに数えられる
大スペクタクル叙事詩です!


すごいな、カンスト

お前のほうはディスボール神がそろそろ寂しがると思うから
たまには供え物でもしておいてやれよ?

 

ではまた

 

ポチリとお願いします


人気ブログランキングへ
にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
にほんブログ村

 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ