【小説・ノベル感想】岸部露伴は叫ばない 荒木飛呂彦 他【レビュー】【ネタバレ注意】

LINEで送る
[`google_buzz` not found]
[`yahoo_buzz` not found]

【小説・ノベル感想】岸部露伴は叫ばない 荒木飛呂彦 他【レビュー】【ネタバレ注意】

岸部露伴先生がまた巻き込まれます(自業自得多数

【小説・ノベル感想】岸部露伴は叫ばない 荒木飛呂彦【レビュー】【ネタバレ注意】

こんにちは、こんばんは
エビシャコです

地震etcで更新が遅れましたすいません

ではレビューまいります

・言ってはいけない言葉

仮にその言葉を「くしゃがら」としましょう

いきなり、ぶっこんできたな本当に
増殖系の怪異は面倒くさい

どういうことだ?

物語の発端は「志士十五」という露伴先生の漫画家仲間が新しい担当編集から「禁止用語集」を
手渡されたことから始まります

あなたが無口キャラでよかったですよ本当に

ああ、放送禁止用語とかそんなところか

その中に「くしゃがら」はありました
それが気になった十五は調査を始めます
どんどん当人の精神はおかしくなっていき
露伴先生に再会した時には古本屋であわや店主へ暴力をふるうところでした

「仮に」なので大丈夫ですよ、アルボアさん

岸部露伴のスタンド「ヘブンズ・ドアー」で十五を調べた時には
すでに「孵化直前」だったな

孵化?

「書物」と化した十五にあった「袋とじ」
その中に「くしゃがら」はいました
そして、今にも「袋とじ」を食い破って出て来ようとしていたのです
幸い、「禁止用語集を渡されてからの一か月の記憶を忘れさせる」ことで
十五は事なきを得ましたが・・・

・・・目にしただけ、名前を聞いただけで「感染」するタイプか?

似たような例としては
クトゥルフ神話に「グラーキの黙示録」という書物があります
それと「とある背徳と悪行の神の名前」がセットになっていると
それで召喚条件は成立
目にした人間の意志に関係なく「神」は干渉してきます
理屈上、写本、例えば「グラーキの黙示録」の一部をメモに書いて
そこに「とある背徳と悪行の神の名前」を書いておけば・・・
目にした人間全員が「感染」します

迷惑極まりないな・・・

アイツより力が弱いのが幸いとはいえ
こいつは代わりに感染力が強い
条件が「名前を見聞きする」だからな

コレと似たようなものか?

・・・十五のせいで広まった分はどうしようもないそうだ
ただし「好奇心」が「トリガー」のようだから
「聞き流す」さえすればいい
もし好奇心がうずいて調べようとしたら・・・

まぁ、ここから先はSPW財団の仕事だな
岸部露伴が何も言わずとも、いずれ起きる異変で知ることになるだろう

 

 

・スパゲティ・マン

危険な怪異が続きますよ、本当に

きっかけはこのネタ探しにもやっていた「写真撮影」
これによって「通行人の中で自分を見続けている人物」に気づいたことで
「スパゲティ・マン」の事件へなだれ込むことになります

お前の養子のスパゲティモンスター

ケィードの同類でも見つけたのか?

そっちのほうがまだ私でも対応可能でした

ことの発端は「三人の失踪」だ
誰もが「スパゲティ・マン」を目撃し
やがてそいつが接近してきて・・・
それから失踪している

現場に残ったのは「引き延ばされた」遺留物のみ

引き延ばされた・・・だと?

そう、スパゲティのように細く細く・・・
そしてそれは、露伴先生の前にも出没しました

「よれよれスーツにくしゃくしゃ帽子という男」の姿で

正体は傍迷惑な高次元生命体使っている「釣り餌」
どういう基準かは知らんが、コレが持つ探査能力にひっかかった人間を
コレを使って攫っていたようだ
当の岸部露伴もスタンドで直接仕掛けるまで知らないことだったがな

トリガーは簡単、ソレに対して「認識している」ことを教えるだけ
あとはソレが勝手に接近してきて胸のブラックホールに吸い込みます

そんなもの持ち込むな・・・「光の巨人」に始末されるぞ?

並行世界含む多次元に同時に釣り糸垂らしてるっぽいので
いずれ高確率で遭遇するでしょうね

集英社もウルトラマン関連の書物出してますからコラボしたら・・・

そのバカが竜の尻尾踏んづけて踏み潰されようが自業自得だ放っておけ
それより、露伴がどうやって助かったか、だが・・・

落ちついてくださいアルボアさん、
アレは所詮は「釣り糸の先の餌」ですから
ようは、「認識されなければいい」のですよ
露伴先生の場合、「岸部露伴を認識できない」と書き込むだけで
ソレから逃れることができました

4部でも活躍!

それと、似たような「連れ去る」系統の怪異
「自分を認識できていること」「標的」の「条件」なことが多いので
「何をしてきても無視をする」で切り抜けられます
そしてそういったものは最初の段階で「自分が見えているか?」と聞いてくるんで判別は容易
もちろん、この時に答えてはいけません

 

 

SPW財団がすでに調査に乗り出しているからな
「光の巨人」介入前にスタンド使いが始末に向かう可能性が高そうだ

 

(ドアを開けて侵入)

おとーさん、よんだ~?

ああ、ケィードちゃん、あなたのことじゃないのですよ~

(この子はだいぶマシな部類だな、うん)

ちなみに、他にも「怪異」と化した女性が意味不明に図書館の本に挟んでいる
「赤い栞」とかもあります・・・

こちらもおそらく「認識」系・・・

あとアレだな、モリアーティ教授が好きそうな「とある数学の方程式」だが・・・
知的生命体が解いて答えを知るとまずいからって
高次生命体が「監視者」置いていた話

あれも「忘れる」と自分と被害者に書き込んで難を逃れたんですが・・・
本当に「ヘブンズ・ドアー」以外なら詰んでましたよね・・・

危険が地味に多いな、この世界

 

・取り立て

最後に、取り立ての話

違反者の粛清か?

いいえ、「怪異」です
名前は「オカミサマ」、緑色の赤ん坊の姿の怪異
その名前を領収書に書き込むと支払いが延期される、というものです

延期?

そう、あくまで「延期」
「無料」ではなく「負債」が増えるだけ

「借金」だね!

その通り

棒引きとかは・・・ないよな?

もちろんです、プロですから

コマンドー好きだなお前

取り立てられるのは「時間」
一円につき一日が、その怪異の「ルール」
返済しきれなかった場合はその親などに「返済の権利」が及ぶ

逃げても追いかけてくるし、どんどん増えるぞ

借金は怖いね~

そ、そうだな・・・(本当に調子狂うな、誰がこんな子に育てた?)

(「お前に任すと不安だから」て一番面倒見てたの、あなたです)

赤ん坊に戻ったら終了か?

いいえ、「配偶子」・・・精子と卵子です

分かった、この怪異の怖さが分かった!

岸部露伴先生は好奇心に負けて「領収書」を使ってしまい・・・
その時点で「負債の積み立て」がスタート
レストランやジュース、果てはホテルの料金に至るまで
「負債」が積みあがっていきます

初対面時もこんな目に遭ったのに


そして・・・「ジョジョ」の宿命といいますか
ジェットコースター開始

「取り立て」が始まったので逃げ回りますが
逃げ延びた先で拾ったタクシーが悪徳運転手
「遠くに行ってくれ」と頼んだために高速道路に乗ってしまい
メーターがガンガン増えていきます

さらに、「シートを汚した」と運転手から5万円を請求され
これも加算

おいおい・・・・・・

最終的に、運転手にスタンドを仕掛けて
自分を殴らせて損害賠償請求することで
「負債」をチャラにしました

その時のセリフが「ヘブンズ・ドアーを悪用してしまった」

第4部初登場時

命の恩人にも

じゃんけん小僧の回

 

岸部露伴!第4部での自分の行動を最初っから読み直せ!!#

あたしは絶対に借金しないようにしよう

そ-だね、おかーさん

 

ではまた

ポチリとお願いします


人気ブログランキングへ
にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
にほんブログ村

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ