【まんが・コミック感想】【まとめ】【完結】ベルゼブブ嬢のお気に召すまま。(9)(10)(11)(12) matoba 【最終巻】【レビュー】【ネタバレ注意】

LINEで送る
[`google_buzz` not found]
[`yahoo_buzz` not found]

ベルゼブブ嬢のお気に召すまま。(9)(10)(11)(12) matoba

一気に動きました色々と&最終巻です

ベルゼブブ嬢のお気に召すまま。(9)(10)(11)(12) matoba

こんにちは、こんばんは
エビシャコです

レビューまいります

まずですね・・・
以前こちらのレビューの最後のほうで↓こんなこと呟いたのですけど

まさか、「予知」になるとは・・・・・・

 

・ソウナンです(1)

さて、まずはこのお話から
息抜きの慰安旅行先で

遭難しました、しかもこの二人が

どうせそう遠くではあるまい?

凶暴なモンスターがいて見捨てられた発見時に骨だったとかも
この二人ならないだろ?

まぁたしかに・・・(アルボアさん人生ハードですね)

そしてこれは「進展のチャンス」とも言えますね

さぁ、アスタロト様、今こそ「頼れる姿」を見せる時!!

・・・・・・・

 

・・・(キヒィィィィィィィィィ・・・)

?(なんだ、この高い音は?)
(エビシャコの喉と体内からか?)

 

エビシャコおま・・・!
音響フォノンメーザーブレスはやめろ!?
気持ちはすごく分かるが!!

せっかくの、機会を、本当に・・・!!

まったくだ

お前もアーマードダークネスしまえ!

 

しかし、そうなると頼りにするのはサルガタナスだけか・・・

・・・・・・・・

大丈夫そうですね

そうだな(こいつアスタロトに見切りつけたか)

海の中も長時間いられるようだ
これなら食料調達もできるだろう

無難なものを選びましたね
タコなら内臓取り除けばそのまま食べることも可能
なにより
獲れたてタコのタコ刺しは美味!!!

うむ!!

(こいつらだけ論点がちょっと違くないかな?)

ではシメてからガブっと・・・

ちょおおおおおおお!!!?
貴重な食糧&水分!!!!?

水分?

海水に生きる生命体は常に「海水」すなわち「高濃度の塩分」
常にさらされ続けているわけです
なので必然的にその体には塩分を排出する機構が備わっているのです
そのため、体液は海水よりも薄い塩分濃度になっており
例えば海で遭難した時などは魚の血肉から水分を摂取することも・・・

・・・?????

あ~、これだけは言っておきますね
のどが渇いても魚の血肉に手を出しても
絶対に海水には手を出さないでください
塩分を余計に取り込んで(体内の浸透圧調節で
水分を余計に使って)死期を早めます

なんとなくだが分かった

しかしな、比較的ハードル低いタコがダメとなると
島の中で淡水のある場所を探さねばなるまい?
湧き水の水源ならばまだ良いが
雨水の水たまりや川や池となると
煮沸などで消毒殺菌する必要が・・・

お前ら、サバイバル知識は豊富だな

そして、救助が来たみたいだが様子がおかしいぞ?

まぁこういうのは

知らぬは当人ばかりだったということが多々あるので・・・

よくあるオチだ

 

・隣人の事情

ミュリン様には隣人がいます

今ではすっかり上がり込んでメシを作ってもらう仲

「メシ炊きまぞく」か・・・
って別作品でも似たようなのを見た覚えがあるぞ!?

そんなある日・・・

ミュリン様のお家の中の光景
久しぶりにベルゼブブ様がご来場

!!?こ・・・この竹筒は
まさか・・・・・・!!!

・・・そう、「流しそうめん」

【ドオオオオオオオオオオオオン】

(なんだ今の音?)

「流しそうめん」?

そう、かつて古代ちゅ

ぶぎゃ!!!?<押し出されフェードアウト>

長く組んだ竹筒の通路に水とそうめんを流して
箸でうまく捕まえて食べる
日本の伝統料理だ(ぜぇ、ぜぇ・・・;

なるほど、動体視力を鍛える鍛錬にもなる!

そのくらいなら許容の範囲に収まるが
古代中国で武将たちが血で血を洗う悲惨な戦の後で
和解と慰霊の儀式に用いたとか
発案者が竹槍で数々の戦を勝ち抜いた英雄「宗棉(ソウ・メン)」とかは
絶対にないからな!

(民明書房か・・・)

(私のセリフが!!)

ちなみに、ベルゼブブ様が手を出すと

こうなることは目に見えています

そして・・・・・・・

たぶんそれ(不敬罪)適用したら登場人物の大半が
グレゴリ隊にしょっ引かれることになると思うんで
中止にすることを提案します

「星海の紋章」でも似た話しあったな
しかも「退屈しのぎの気まぐれ」で「面白半分悪戯半分」という
訳のわからん動機で

文明が進んでも中身までは進まないということは
エビシャコとか見てて分かった)
で、どうなった?

「王をいじること」が宮廷含め慣習になっている社会なんで
貴族・高位将官のほとんどが適用されてしまうので
中止になった

似たような理由で私の艦隊も・・・
適用したら私の弟子とか真っ先に挙げられて
私の責任問題にまで発展するんで

ミュリン様が逮捕されるとかだと
予算勝手に繰り出して使って温泉施設作ったアスタロト様とか
ダンタリオン様のストーカーしてるエウリノーム様とか
図書館で騒がしいモレク様とか
まとめてしょっぴかれて極刑にされるんで・・・

アスタロトは極刑にされても、ちっとも心が痛まんな
職権濫用も甚だしいし

そして

いざ「やる気」になったシェムハザ様
熱く語ります!!

おおおおおお!!

そして、鋭いな・・・

なお・・・

たぶん初登場、アザゼル様の執務室

シェムハザの仕業だと一目でわかる

プロテイン多すぎるぞ・・・・・・・

 

・お泊り会(家主無許可&強制&慈悲はない)

その惨劇は、突然始まりました・・・

マルコシアス様はシャワーから出たばかりなんでマッパです

完全に不法侵入のようだな、この反応から察するに

こちらのレビューでも見た光景・・・

直した結果がこれですよ!!?

「千狐さん」の中野じゃあるまいし・・・
モフモフをキメすぎ

そして元凶はミカエルか、やはり・・・

ガールズトークのお約束

しかし・・・ここで想定外の事態が!!

・・・ああ、そうか
双方とも「幼稚園児」だから互いに意識することないから
それが逆に功を奏して・・・

しかし、
この回最大の惨劇
ここから始まるのです・・・

この、一見微笑ましい「川の字」ですが

寝返りが打てない、な・・・

その通り
そして左右の二人は放してくれず
かといって悪意でやってるわけでもないので
起こすこともできず

結果・・・

全身バキバキの状態異常に

ごっちんはともかくベルゼブブは
握力500kgあるからな・・・
下手に振りほどこうとすれば骨折られるどこじゃ済まん

 

・めった刺し(え?

そしてこちらはサルガタナス様

ジャグラーさんみたいなこと言い出しましたね

セレブロの奴はいないから安心できるな

で、新しい趣味は・・・「フェルト」?

フワフワモフモフのぬいぐるみを作る技術です

安定の「歴戦の戦友」

「健闘を祈る!」

なんだ、これ?

そしてこれを財布につけた結果

たぶん万魔殿で一番見つかってはいけない御方
見つかってしまいました

残念ながら、手の施しようがないのです

(お前が言うな)

と、いうわけで「さっちゃん先生のやさしいフェルト教室」です

具体的にどうするんだエビシャコ?

ああ、基本は「羊毛の玉」ですね
適度に作った色が異なる羊毛の玉を組み合わせて・・・

どうした?

「重要なこと」失念していたのです
この「羊毛フェルト」には必須の工程がありまして・・・

・・・ああ、まぁケサパサ作るんならぎりぎり問題ない・・・

よりによってミュリンか!!!

音!!!

呪詛感が半端ないですね・・・

必須なのかコレ?

これやらないとフワフワにできないのですよ

そしてニスロク様、喜びすぎです

 

・ソウナンです(2)

・・・・・

この男の一言からすべては始まりました

あの御方はとっくにいませんが

アスタロト様もサルガタナス様が抑えています

よし、進展ありそうだな

貴様はそこで凍っていろ

なんだこの生き物!!?

ベルゼブブ閣下(局地戦仕様)です

防御力は認める、神たる我が認める
ほとんどの攻撃は恐らく通らんだろうな

唯一の弱点は

転ぶと自力で起き上がれない

どこかで見たことがあると思ったら
それです

(作者のツッコミが秀逸だな、この作品)

知ってた

もう運命みたいなものですからね、雪山+スキー

中に入る前にドアをノックしてカギの有無を確認です

ああ、中に先客がいるかもしれんからね

戸口から身を躱しながらドアを勢い良く開けて
応射がないかを確認した後で
「フリーズ」と大きな声で言いながら銃を構え中へ

テロリストの拠点の制圧任務か!?

殺人鬼とかが潜んでいる可能性あるでしょう
そうそう、念のため催涙弾でいぶしてから・・・

ああ、「本職(ホラークリーチャー)」だから「何をする奴がいるか」を

大体把握しているんだな;

しかしこのベルゼブブは本当に寒さに弱いな

まぁ死ぬことはないでしょう

・・・・・・・・・・・・・・・

救助隊を要請しましょう

あのアザラシ状態でダメなのに
手袋一つ増えたところでどうにかなるのか?

なんか知らないが結果オーライだ!!

これは・・・段階すっ飛ばすか?

コイツ、いいところだったのに・・・!
エビシャコ!

無理!私では時間稼ぎにもならず秒殺されます!

・・・なんだこの地獄絵図?

 

・夢が叶うとき

さて・・・最後に

リリム様のお話です

彼女はサキュバス課の受験生

そんな彼女が今回

とうとうブチキレました

そしてモレク様がなぜか混ざっています

酒でも飲んでいるのか?

いや・・・よく見ろ

ただのイチゴ牛乳

警察呼ばれそうになっているんだが?
あとそこのデーモンロードは確か・・・

ええ

アイドル発掘作業中のマモン様
彼女の目に留まりスカウトされたリリム様は

アイドルデビューを果たしました

我々の知る「アイドル」と違う!!

「芸人」じゃないのか、これ?

まぁ、方向性の違いで結局やめてしまわれるのですけど

運命は、彼女に味方します

なんと・・・・・

この「粘り」が高評価を得て
あのモリガン様が直々にスカウト

「諦めない」ことで自ら手繰り寄せたわけか

 

肝心の主要キャラの進展が全くないんだが?

ええ、なので・・・・・・・・・

ここから怒濤の展開

 

ベルゼブブ嬢のお気に召すまま。(FINAL)

え~、11巻ラスト付近から一気に動きます

・シェムハザ様&エウリノーム様

時間は前後しますけど、まず幼稚園首席のシェムハザ様から

満月の力で

ダンタリオン様が本来の姿へ

ウルトラマン呼んでくる

我はロイヤルナイツへ連絡を・・・
一応イグドラシルにも教えておくか

二人とも落ち着くのです

で・・・

気絶、からの・・・

記憶喪失

どれだけなのだ!!!

この二人がくっつく図が思い浮かばない

それが・・・・・・

クリーチャー化する事件がまず発生しまして・・・

これで心置きなく「駆除」できるな

おちついて~

コレをなくして我を失っているだけなので

いずれにしろ問題しかない気がするのだが?

そんなことで世界を終わらせるな!!

医務室のブエル様、さすがに困惑・・・
この事態にシェムハザ様が提案をします

逆にキレられるのでは?

エビシャコの予知も好調だな今回

そして・・・雨の万魔殿をシェムハザ様が探し回ることに

画集も見つかり・・・

この一件がきっかけで

お二人は正式に付き合うことになりました

おめでと

おめでと

二人とも棒読みを隠そうとしないのです!?

ちなみにこの二人は

最終回も相変わらずでした

 

・【すべてのきっかけ】サルガタナス様&アスタロト様【婚約&結婚】

さて、首席が卒業を果たしたところで・・・

一番手

アスタロト様

サルガタナス様が本格的に気になりだしてからは
女性たちとの付き合いを敬遠するようになったようです

そして距離を近づける努力も

サルガタナス様も御友人からのアドバイスを受け

二人は映画デートへ

お、いいのではないか?

舞い上がってるな~

<ドドドドドドドドドドドドドド>

手伝う!

もちろん職場も尋常ではなくなります

・・・止めないのか?

?なぜ?

ああ、なるほど・・・

そん時は最前線に送ってください
魔界村でいう最初のステージボス兼ラスボスにするんで

一ステージで終わるのか!?

兵たちも罠も一切合切引き上げさせて
代わりに宝箱(罠なし)置きまくります

謀殺する気ならもっと隠してこっそりやったらどうだ?

そうだな、そのほうが身のためだ

やはり最前線におくるべきだな

とうとう作者からもツッコミが入ったぞ

これは前日か・・・一応はしっかりしているのだな

そうですね

清算ほっぽってサルガタナス様だけに集中しようとした点を除けば
完璧ですね

めちゃくちゃ揉めるやつじゃないか、それ

刺されても知らんぞアスタロトよ?

で、目撃されたわけか・・・

当たり前だ!!

ウルフレンドでも殺人事件に発展する奴だ、これ・・・

さすがに、あたしも可哀想に思え・・・

良かったな戦場じゃなくて!
「負傷者は置いてけ」されるからな!

今は置いてかれてもがいますからね?

核地雷仕掛けて撤退するに等しいな、それ

「アーサー」っていう髭面の騎士さん呼んどきます?

でもあいつ、新作出るとかで忙しいだろ今?

・・・ハーデスかタナトスでも呼ぶか?

今度「セスタス」アニメ課だそうで

ああ、あの古代ローマメシコミックか!

絶対に違うだろ?

んどんシャレにならない事態が進行しているんだが?

一般社会ではそういうの「窓際」って言うんですよ・・・
書類地獄になったらなったで
げんなりですがね

そして迷走するうち

・・・あ~あ・・・

終わったな・・・次はごっちんか?

いえいえ、まだここからのようです

真っ白に燃え尽きている・・・

その「冗談」で娘が退職してきたんだが?

しかしこちらもミュリンと同じく妹二人いるのか・・・

天界までどうやって走ってきたのかについてツッコミしたいんですが?

そして彼を屠る過去の自分

言い訳の余地もないからな

たぶんエビシャコとあたしには
永遠に縁がない類だなこれ・・・

言い切るの?

お前、アスタロトの真似して女の子ひっかけるとかできるか?

いえいえ、刺客とかスパイとか
あと機密情報狙う輩とかだったら大変ですから!

思っていた回答と180度くらい違う回答だけど
そういうところだぞ!?

・・・・・・・え

ええええええええ!!!?

こいつにしてはやったほうじゃないか?

そして舞い上がりすぎだろ

まぁ怒られて当然だな・・・

 

そして・・・

最終回で二人は結婚しました

これからが大変そうだがな・・・

では、次です

・ごっちん様&アザゼル様

たぶん「どっちか気づけば割と早く進む」チーム

ベルフェゴール様、ここで一大決心

(にやにや)

デーモンロードとは思えないほどウブ

(ここにきて好感度あがりましたね!?)

そして編み物をプレゼントされます

サルガタナスと同じ編み物教室に行っていたんだろうな
恐らく・・・

そうか、交換日記だったな

すでに死にそうだ!!?

そして・・・

サルガタナス様&アスタロト様【婚約】後・・・

そうだな、それを本人に言えればたぶん一気に・・・

ん?

んんんんんんん!!!?

ちょっとまて、こんなことあり得るか!!?

え~、というわけで・・・

二人は晴れて相思相愛になりました
おめでとうございます

 

・ベルゼブブ嬢のお気に召すまま

では、本命にして主役主人公カップルを・・・

エビシャコが以前に言った通り
本当に最終回近辺まで一切進展しなかったな・・・

何回か進展しそうなことがあっても・・・

結局、進まないんですよね・・・
閣下が可愛いだけで

でも、一応意識はしているようなんですけど

肝心の当人同士がお互い「恋心」すら知らない状態

一番厄介だな、よくよく考えると・・・

そしてついに、作者であるmatoba先生が一言

大変、有難う御座いました!(深々と最敬礼)

お前も「パセリは食べる派」だったな、そういえば

さすがにシェムハザは気づいているか・・・

サルガタナス様&アスタロト様【婚約】後・・・

あの二人の婚約発表がきっかけで、こちらも進みます

・・・・・・・

おいおいおいおいまてまてまてまて
そこからか!?
そこから始めなきゃならんのか!!?
もう最終巻だぞ!!?

・・・お?

 

そして・・・・・・・

彼女は、「気づき」ました・・・!

長かった・・・ていうか、長すぎだ!!

ちなみにどんだけかというと

・・・だ、そうです

あとはミュリンが気づくかミュリンに伝えるかの問題
しかしもう最終巻だから時間がないぞ?

クレス・・・?

我の責任かこれ!!?

エビシャコですら1000年インターバル置いたのにな

それはかけすぎだ
第一、あたしら「死すべき種族」はエルフですら
そんなに寿命はないぞ?

あの~、封印されてたわけで
ドラゴンのスパンでモノ考えたわけじゃないですから・・・

まぁ、酌量の余地あるからな、お前は

ちなみにこの日は直前で閣下が思いとどまったので
不発でした

そうか、なら良かった
まだ時期尚早だ、じっくり計画を練って・・・

なお後日

(やっちまったなぁ!?)

おおお、すごい反応

・・・あれ?

え、あれ、え???

言ってきたのが向こうなのだから気にする必要はないと思うが?

ヘタレたか・・・

え~と、どなたか通訳を探さないと・・・

通訳いましたけどよりによって最悪の誤訳!!?

私のミスで管轄の基地内に敵を招き入れて
そのまま陥落した時以来の緊張です

処刑されても文句の言えない失態だぞソレ!?)

「怠惰の魔王」のレイジモードはシャレにならん
我ですら止めることはできても
どれだけの負傷を負うことになるか・・・

そして、ジャッジです

満場一致

処刑を言い渡されました・・・

できる権限があるやつが冗談でも言うと
シャレにならないパターンだなこれ

・・・・・・・・・・・ここまで、とは・・・

まぁ言い訳にならなかったが

私が思うに、これで問題になっていたら
アスタロト様とかとっくに大問題ではなかったかなと

?サルガタナスのことか?

マモン様の件なのです

・・・そっちは別の意味で問題だがな

ベルゼブブの父親って誰だ?

「アイツの息子」の親

・・・ああ

まぁともかく、あとはミュリンがそっと伝えるだけで
大団円だな

お前もか!!
いっそもう似た者同士で結婚してしまえ!!

くっついたらたぶん
一番安心して見守ることができる夫婦になりそうですね

そして誤解も解けて二人はお付き合いを始めます

やっとここまできたか・・・・・・・

あ、あの、閣下・・・

告白したその日に死ぬとか吟遊詩人の歌になるぞ?

公開処刑でしかないんでやめてさしあげてください

ミュリン様は天界に留学することになります

我らが王よ、帰ってきてください!?

我はなんとなくあの二人は実は仲良いのではないかと察していたぞ
作品ごとによく絡むからな・・・

そして、タイトル回収か・・・

しかし、最終回近辺はまるで絶叫マシンのように
一気に加速したな・・・

では・・・この場を借りて

こちらの単行本が発売されたらそのレビューをすることを
ここに約束します

なるほど、「続編」になる可能性があるな

この天使さんはもしかしたら
誰かのお子様かもしれませんね

 

 

ではまた

ポチリとお願いします


人気ブログランキングへ
にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
にほんブログ村

 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ