【まんが・コミック感想】僕!! 男塾(2) 20210614加筆修正 宮下あきら, 宮川サトシ, 近藤和寿 【レビュー】【ネタバレ注意】

LINEで送る
[`google_buzz` not found]
[`yahoo_buzz` not found]

【まんが・コミック感想】僕!! 男塾(2) 20210614加筆修正 宮下あきら, 宮川サトシ, 近藤和寿 【レビュー】【ネタバレ注意】

男塾の世界に残された
宮川先生の運命は!?

 

【まんが・コミック感想】僕!! 男塾(2) 20210614加筆修正 宮下あきら, 宮川サトシ, 近藤和寿 【レビュー】【ネタバレ注意】
あらすじと感想

 

こんにちは、こんばんは
エビシャコです

レビューまいります

・熱中症に気を付けよう!

前回、帰還不能になってしまったミヤガワさん・・・
彼はやむなく男塾へ入塾することになりました

で・・・早速事件発生

秀麻呂さんが訓練中に脱水症状で倒れました
「こんなことでアメリカ兵の首が取れると思っているのか!」と一喝する
鬼ヒゲ教官

・・・まぁ無理でしょうね
そもそも男塾の塾生って
通気口に潜むとかダクトを通るとかいう芸当
無理でしょう、
ガタイありすぎますし

お前みたいな(きもい)
SFクリーチャーを養成する学校じゃないぞここは?
「男塾」だぞ?

AVP


今、一言余計なこと言ってない?
あと、この人たちよく相手の攻撃を受けて流血してますけど
海兵隊相手だと「一撃死」の恐れもあるので

なるほど、たしかに今の兵器の発展は
十分に目を見張るものがあるな

「スマートガン」とか「パルスライフル」とか
あと特に「ニトロ」とか!


なんでユタニ社のES海兵隊相手が前提の話になっている?

ユタニはどちらかと言うと「日本」ではないのか?


(スルー)さて、鬼ヒゲ教官から「塩水」を買ってくるように
言われたミヤガワさん

コンビニまでのお使い編スタートです

 


「塩水」?


汗をかくと、
水分と一緒に無機物質(ミネラル)も排出されてしまいます
なので、
水分だけでなくミネラルの補給もまた必須
コンビニで売っているという事は恐らく「生理食塩水」の事でしょうね
ちょうどこの記事を書いているこれからの時期は
熱中症や脱水症状の季節なので
要注意

なるほど・・・ミネラルの補給を怠ったための
死亡事例もあるくらいだからな


しかし店員には「塩水」で通じるのか?
海水魚の飼育用の人工海水を買ってきたらどうする?

その時は、まぁ・・・
王大人が何とかしてくれるので
・・・たぶん・・・

死ぬこと前提で話を進めるな!


さて、コンビニは男塾の裏にあります

ちなみに、もはや本編では定番ともいうべき雷電さんの解説付きで

 

お肉は綺麗に食べましょう

お前は音立てすぎだがな
骨まで齧るせいで・・・

おい、そこって確か三号生の・・・

こいつ、いつもいるな・・・

これは、怒ったというより
「ボケたと思ったんで礼儀のツッコミを入れた」感じですか?

(礼儀?)

しかし今回は簡単に終わりそうだ


・・・と思ったら道がないぞ?


というより、すごい谷だな
・・・て待て、こんな地形あったか?
(地図を確認)おい、地図と地形が
全く合っていないぞ


仕様です

それがいつまでも通じると思うな!!

さて、目の前にはコンビニ
ですが間の橋は壊れており
渡ることができません

困った宮川先生に頼もしい助っ人が・・・!
男塾一号生たちが駆けつけました!
そして万人橋、炸裂!

何故それを選んだ!!!?
普通に板か丸太を持ってくれば済む話だろう!?

しかも長さが足りず、


ミヤガワさんが渡る前に落下
「また」
「田沢慎一郎」と「松尾鯛雄」が犠牲に・・・

自殺か?
わざわざ自殺しに来たのか?

一号生たちは二人の犠牲に敬意を払い
男塾塾歌を熱唱!


ふむ、日本国歌すら音程外しまくるお前よりはマシだな(色々諦めた

う・・・歌っていれば大目に見られるから・・・

”生ぬるい目で見守られる”の間違いじゃないのか?)

・・・いまさら言うのも無駄かもしれんが
「救助を呼ぶ」という選択肢は
やつらの頭の中にないのか?


ですが、


運よく空を散歩中(?)の
王大人が通りかかり
彼につかまって
無事に向こうへ・・・


二人の犠牲は!!?


しかし、たどり着いたコンビニには

解毒剤しか売っていませんでした・・・
ちゃんちゃん

本格的に「無意味な死」だったな

 

日常生活を送っていて「解毒剤」が必要になる場面など
普通ならまず遭遇することはない
あったとしても極稀

とりあえずこの世界の危険度をMAXに指定した上で
ベルサー本部と魔界へ報告書出しておきます

・名を刻め!


入塾して一か月
しごきの中で「塾生」として目覚めた宮川先生ですが

それでもやはり男塾の事は「狂気」と認識
以前との違いはその「狂気」に「慣れた」ことでしょうか


「危険」や「異常」を察知する能力は大事だぞ


「異常」を「異常」と思わぬことがすでに「異常」だ!


その通り!

そして「男塾」はやはり「鬼門」でした
伊達臣人さん&三面拳との対決である
「驚邏大四凶殺」直前になりました

魁!男塾!!

 

どれが「飛燕」だ?

それと
森田大器とかいう青年のが塾の正門前に転がっていたはずなのだが
今見たら無くなっていたぞ

え?
見てきてください、カルロ

Alien Isolation

(オレはカルロじゃねぇよ)


(報告を受信)・・・ふむ、本当に跡形もなく消えていた、と・・・
血痕すらないのは
時間経過で勝手に消える「仕様」でしょうね

メタいな


さて、鬼ヒゲ教官はその「驚邏大四凶殺」を見据えた
特別メニューを塾生たちのために考えていました
それは・・・

「男塾血誓痕生」の練習です!

さすが、敬愛するチンギス・ハーン様の御一族です!
「漢気」あふれます!

まて
戦闘前から敗北を意識するのか?
そもそもまず練習でやるものではないだろう?

エビシャコみたいな割れた茶碗の欠片でザックリやっても
縫わずにテープと絆創膏で止めただけで数日で跡形もなくなるような
再生力バカ
俗にいう「殺しても死なない」奴ならともかく
普通の人間がやったら一生残るぞ


言い方がどこかひっかかるのです
ですが、これもまた「仕様」都合により次の章では跡形もなく
なくなるのです
心配することはありません

 


だから、メタいぞ

「剣 桃太郎」「富樫 源次」「虎丸 龍次」「J」の参加選手4人のうち
推しの一人だけでいいので「戦死したことを想定して」
名前を腕に刻むようにと言うのが
授業内容です


なお、「J」に関しては特別ルール適用によってフルネームである
「キング・バトラー・Jr.(ジュニア)」
もしくは「男塾一号生 マッハパンチのJ]と刻むようにと言う
ルールです

 

なるほど、安易に「J」を選んだ者が
最も苦難な道を行く羽目になるのだな、面白いルール改変だ(基本ドS)

やってしまったな!!?


さて、ミヤガワさんはその『安易に「J」を選んだ者』になりました
残念ながら


他のメンバーの名前を選んでも大して変わらなさそうだが


なかなか気持ちの定まらないミヤガワさん

鬼ヒゲ教官へ「死んでもいない仲間の名を刻むのは気持ちが入らない」と抗弁
怒るかと思ったら、意外にも鬼ヒゲ教官は
これをあっさり承諾


そして「亡くなった母の名を刻む」と母との思い出を語りながら言う宮川先生へ


涙を流しながら「男塾血誓痕生」の免除を言い渡します

分かります
誰だってそうします
私でもそうします

(こいつはたまに「武士」になるな・・・)

(「鎌倉武士」の方とはいえ・・・)

 

ですが、ミヤガワさんには


胸に「闘」の字を刻み
声を出さずに相手を応援する
「血闘援」への参加が待っていました!


まぁ、画数の多い漢字を腕に刻むよりマシか
胸なら面積も広いから失敗することもあるまい

だがしかし、それでも失敗したらアルボアみたいな事になるぞ


別に彼女のは「血闘援」しくじった傷では・・・


ス・・・

しかし
さすがに何度転生しても傷だらけボディと言うのは基準が
ムグッ!?
【しばらくお待ちください】

 


クレス!!?

あ~あ・・・・・

【しばらくして】

あたしがいないからって好き勝手言うからだ!

エビシャコ、なぜ邪神型デジモンを
掴んで絞めて放り投げられるのだ
お前の妻は?
ただの筋肉質な運のない転生者(よく死ぬ)ではなかったのか?

今は「精神体に物理攻撃を加える事ができる術」を
肉体へかけているから

あいつは魔術の才能はゼロのはずだが?
グラナールとかいう奴の仕業か?


かけたのは

 


お前か#

 


ふと思ったのだが・・・
塾長はこの授業を知っているのか?

知らない、でしょうね
「戦う前から負ける話をする」を好む御人ではないですし
耳に入ろうものなら鬼ヒゲ教官ぶっ飛ばされて
訓練も中止になっていたでしょう

身内だから教官だからと言って特別扱いする人ではないのです
伊達臣人さんが塾を一時的に去るきっかけの事件でも
殺された教官への評価すら
「チンケな野郎」
「教官として向いていない」
死を悼むどころかバッサリだったんで、
伊達さんが殺さなくても制裁は不可避だったかと
逆に「漢」ならば、たとえ敵であっても認めて
場合により入塾を許可する人でもあるのですけど

(鬼ヒゲたちは「教官に向いている」のかアレで?)

 

・そして死者の国へ


さて、ミヤガワさんですけど

「スイカ(Suica)」をなくしてしまいます
風で飛んだ「スイカ」が伊達臣人さんの兜の中へ・・・

電車もらくちん!

どうしてそうなるのだ?


宮川先生は慌てて追いかけるうちに「驚邏大四凶殺」の現場へ

一足先に、関東豪学連の面々が来ていました

お分かりいただけたでしょうか?

・・・あたしがいない間に
敵に寝返ったのか?

ですよね、どう見ても「敵の付き人ポジ」の位置


さらに宮川先生、「ちょうどいいところに来た」と
鉄球を運ばされたりといった雑用を
例のごとく押し付けられます

富士登山開始です

ここがエビシャコのところと相手国「ヤマナシ」の戦場か・・・

あれ? 

以前伝えた情報が間違ったとかでなく
曲がって伝わってます?

あとでちゃんと話し合って修正しておけ

なんで当たり前のように挨拶してすれ違っているんだ!?

日常光景だからみんな慣れてるんだな!

あああああああ、
「霊峰富士」がどんどん誤解されていくのです・・・!

その女は貴様のツガイだろ、なんとかしろ

ま、またあとで・・・

そうこうしてるうちに

決着!
桃さんの勝利!

・・・などという事を宮川先生が知るはずもなく


伊達臣人さんの兜から飛んできたスイカをキャッチすべく崖からダイブ!

・・・この男は、飛べたか?

いいえ、スイカをキャッチし損ねた挙句に
自由落下を始めます

しかも真下は「第一の凶・灼脈硫黄関」の
摂氏1000度のマンガン硫黄泉!

そのままダイブです
そして・・・


頭蓋骨だけが浮いてきました

私の眷属が増えましたよ!

こんなのコレ以上増えてたまるか!)

 


白骨精になったわけではなかろう?


そもそもただの死霊と遺体だ
このままでは「黄泉がえった死体」止まりだ
「骨が変じた妖怪」とは根本が違うぞ

・黄泉帰り

金田一少年の事件簿でも見る奴です


ともかく・・・体が動かないことに疑問を覚える
宮川先生


たまにいるな、
「自分の死」を理解できない霊というものは
痛みも感じる事なく即死した場合とか

高熱の硫黄泉に落ちて肉を溶かされて
苦痛を感じないはずがないと思うが
死に方としては、むしろ即死は難しい部類だろう
焼死と変わらんわけだし

安心してください宮川先生!
本体の骨さえ残っていれば
大丈夫です

だから、お前たち「白骨の精」とは
違うと言っているだろう

そうですね、後はどこかで霊気を浴び続けるなり
適当な怨念まみれの妖怪なり怨霊なり呼び寄せて
取り込むとか・・・

万一「がしゃどくろ」が誕生したら
責任もってお前だけで対応しろ

OK(いつ見ても可愛い///)

そこへ救世主の王大人が舞い降ります!

救助完了!

こいつ、ここからさらに変身とかするのか?

エビシャコじゃああるまいし
「これからが本当の地獄だ!」からの
「真の悪夢はここからだ!」とはならんだろ
・・・たぶん

ほら、な

油断させておいて全員いなくなったところで
次の形態に変貌して
後ろから追いかけて襲い掛かってくるパターンだろ!?

それはお前の旦那のエビシャコだけだ!

なんか色々すいませんね・・・

宮川先生がたどり着いたのは死後の世界
恐らく「幽界」とやらでしょう

天国か地獄か、決めるのは「冥界の主」
極悪人でも金を出せば救われます
地獄の沙汰も金次第

大罪シリーズ混ぜるな!

さて、宮川先生は・・・

選択を迫られます!

あたしは星の数ほど死んでるが、こんなの知らない!

これは、どういう意味だエビシャコ?

「私の財産、貴様には決して渡さない!!」と言う意思表示ですね

それガレリアン・マーロンだろ!?

今、電子書籍版を集めているところです・
レビューも加筆修正しますので・・・

お前ずっと前も似たようなこと言って
結局放置状態だった気がするんだが?

って、なんかすごいことになって・・・

・・・本当に、蘇生した、だと・・・?

蘇生後

↑この棺桶を下に運ぶ苦役が科せられることに・・・

 

・海外の人と交流

さて、王大人のおかげで蘇生を果たした宮川先生ですが・・・


(完全に骨になっていたような・・・);

(ウルトラマンでも無理な負傷と言うか、死体だったぞ?)


その後も塾生たちと交流を続けて
立派な「男塾一号生」として暮らします

Jさんの鍛錬に付き合ったり

羅刹先輩に怒られたり

大鐘音で喉を潰し

サイレンス注文したり

さすがにそこはメニューを指さすとかしろ

普段ほとんどしゃべらないアルボアに言われてしまったか

そんな宮川先生へ緊急指令

鬼ヒゲ教官が恥をかかされたアメリカ人(米海軍アナポリス海軍兵学校の学生)のラッパーへの
復讐のためラップを考えるように言われます

なお、失敗したのは鬼ヒゲ教官が破滅的に
ラップのセンスゼロだった上に舌噛んだことが原因


気を使われた上に「また明日来ていい」と言われていたはずだが?
相手は馬鹿にするどころか優しくしてくれているぞ
恨むのは筋違いではないか?

それより
塾長にコレが知られたらどうなると思う?

「自分の尻くらい自分で拭け」と言われて
ぶっ飛ばされるでしょうね

魁!男塾!!の天挑五輪大武會より)
藤堂(伊佐武光)さんの場合は相手が天挑五輪大武會の主催者かつ日本の闇の権力の頂点に立つ男だったのと
事前に復讐のきっかけ(米軍へ寝返って当時の塾生含む日本軍2813名の命と引き換えに保身を図る)の映像を見せて
きちんと経緯や理由を説明もして傷跡も見せて
塾生が怒ってくれたことから参加してもらったという経緯ありますので

なるほど、塾長はきちんと相手の同意を得た上でやっているわけか

しかも塾生任せにせず、自分も「助っ人」として参加しています
何も知らない大会に参加しただけの対戦相手にとっては
悪夢とか天災でしかない災厄ですけど(場合により空を飛ばされます)

普段怒られている塾生から容赦のない意趣返しが!?

で・・・・・・・

?なにかエビシャコが大好きな民明書房に載るようなのあったか?

あった!!!?

さて、ムチャぶりをされた宮川先生は・・・

色々考えてくれました

そしてラップ対決当日
相手はJさんの学友でアフロな黒人学生ジョージさん

宮川先生、なんと当日まで何も思いつかなかったので
即興ラップで対応

ところが・・・
これが意外にも善戦!

うむ・・・相手が完全に黙ってしまっている
しかも真顔だ
だが「舐める態度」ではない
これは・・・「真剣に迎え撃つ」姿勢だ!

ジョージさんが気合を入れ直したところで
選手交代

「田沢慎一郎」参戦!
めちゃくちゃなラップですらないラップをシャウト!

完全に裏目に出ています!!

 

これはひどい


ジョージさん、これには激怒して拳を振るいます

が、田沢さんが避けたせいで
ミヤガワさんにクリーンヒット

描写されていませんが
多分この後でジョージさんが
ミヤガワさんの手当とか色々してくれたかと

 

 

・そして帰還

やがて・・・

「男塾の運営資金の確保」のために
宮川先生は漫画を描かされることになりました

大出費の原因はどう考えても奇妙奇天烈な道具やら
セットやらの数々が原因ではないのか?


そして何故田沢が表紙なのだ?
タイトルが「貴様らはどう死にさらすか」とは?


死んでもすぐ生き返る世界なんで
とてつもなく命が軽いんでしょう


ドラゴンボールもウルトラマンもなしで
なぜあんな芸当が?

仕様です

・・・そうか(つまり、こいつも知らんのだな)


そしてこの宮川先生の著作ですが、

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

大豪院邪鬼先輩がリツイートしてくれたおかげ
空前の大ヒットです!
SNSの宣伝効果はすごいのです!

お前もこのブログともう一個の方のブログの宣伝に使っていたな
・・・未だに返信とリツイートの意味の違いや
使い分け方すら理解できていない
SNS音痴の分際で・・・(2019.06.06)

だ、大丈夫、「いいね」のやり方もできるようになりましたし
フォローの仕方も覚えたので
勉強を続ければそのうち・・・

(それ、初歩中の初歩だぞ・・・)

さて、作品がアニメ化映画化という
かなり大事になってきてしまったミヤガワさん

映画作成のための戦車を借りたら


ラスボスが吊るされたままでした
このままではいけないと四苦八苦した末に
戦車で病院に運ぼうとします
が・・・
戦車が暴走してしまい
それに吊るされていた藤堂さんと一緒に壁を破壊して
自宅へ帰還!!

碌な目に遭わんな、この老人も

さすがに酷いと思いました;
やった事はせいぜい寝返り程度なのに

(梟雄とかトリックスターとか好きだったな、そういえば)

お前の許す許さないの価値基準もよくわからんが

あれでも、塾長の死(葬式まで出しておいて後に生存発覚)に
涙を流して誰よりも悲しんでいた人なので・・・
心底「吐き気を催す邪悪」というわけではないのですよ

ああ、よく考えたらあの老人どころか
それ未満のゲスはごろごろいたな
最近有名な「チョコラータ」とか、いたな

 

・・・・・・チョコ・・・チョコ・・・
ちょ・こ・れ・い・と・はぁ~♪

言わせんぞチョコレート中毒末期患者!!!!#

【輪切りのソルベを作ってみた記事はこちら】

宮川先生は男塾を辞し、帰還します

そんな彼に塾生たちの応援が届きました

そして、このコミックの作成につながります

エビシャコ、どうせならお前の体験談も・・・

漏れなく「この作品には過激な暴力および
グロテスクな表現が付きます」不可避だぞ!?

(たしかに)

そこまで過激じゃないのに・・・

いや、我をしても過激すぎるだろ!?

 

 

ではまた

 

 

ポチリとお願いします


人気ブログランキングへ
にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
にほんブログ村

 

 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ