【まんが・コミック感想】ゆるキャン△(1)(2)(3)  あfろ 【レビュー】【ネタバレ注意】

LINEで送る
[`google_buzz` not found]
[`yahoo_buzz` not found]

【まんが・コミック感想】ゆるキャン△(1)(2)(3)  あfろ 【レビュー】【ネタバレ注意】

主に山梨-静岡が舞台のゆるふわアウトドアキャンプストーリーです

【まんが・コミック感想】ゆるキャン△(1)(2)(3)  あfろ 【レビュー】【ネタバレ注意】

こんにちは、こんばんは
エビシャコです

レビュー参ります

 

・最初は本栖湖から

ほぉ、懐かしいな・・・・・・

どっかの教団がバカやるまでは
私は家族と夏休みにキャンプに来ていました
お勧めは焚火の直火によるニジマスの塩焼きです
富士宮に釣り堀あるのでそこで釣りましたね

ほぉ、そんな場所があるのか

釣ったの目の前で捌いて塩擦り込んで下ごしらえしてくれるのです
本当に素晴らしいです

子供時代いつも涎を垂らすの我慢しながら眺めたものです

・・・・・・・ん?

コイツは昔からこういう奴だ
「美味しそう」という自己欲求がまず優先する

まぁお前のパートナーだしな

おい

ありました、ここですここ

富士養鱒漁業協同組合直営 にじます釣り場

富士養鱒漁業協同組合直営 にじます釣り場 様 HPより)

富士養鱒漁業協同組合が運営しておられるそうです
そういえば、養殖施設がすぐ隣にありましたね
あちらも大変勉強になるのでお勧めします

良かったです、本当に
今もご無事に運営してくださってて

懐かしさに浸ってるところ悪いが・・・
当時商業に回すために大きく育てている方を釣って食おうとしてたよな、お前?

ええ、そっちは釣り堀じゃないそうです
一応釣り糸垂らす前に聞いて未遂に終わったじゃないの・・・

当たり前だ;

(子供時代から変わらんのか・・・)

 

(むしろ今は丸くなった方らしい)

で、この子が主人公か?

志摩りん」さんです

シマ・リン?

西洋圏の氏名表記だと厳密には苗字と名前は逆になるので
リン・シマ」ですね

(進めろ、いいから)

本栖湖キャンプ場 様のHPはこちら

昔大変お世話になりました

そして・・・・・・

本栖湖に着いた時、お手洗いのある駐車場にいたこの子が・・・

夜、野生を取り戻します

サファリパークじゃないだろ、ここ?
お前には自然と触れあえるという意味ではどっちも変わらんだろうが

言うまでも無く

野生の熊に出くわした時に「背を見せて逃げる」
絶対にしてはならん
向こうの狩猟本能が刺激されて執拗に追いかけてくるぞ

(・・・?)

彼女は「各務原なでしこ」
この日はカレーヌードルをご馳走になるなど
一晩お世話になり・・・

翌朝、姉の桜さんが迎えに来ます
なお彼女は巷では「姉しこさん」と呼ばれています

妹の名前が「なでしこ」だからと言って
あまりにも酷すぎないか?

実の姉に「ブタ野郎」呼ばわりされているとは・・・

なお、

この二人は同級生です

秒で恩を仇で返すな少女よ

 

ここでサバイバル講座です

天然の着火剤「松ぼっくり」

当然、着火剤だけで焚火はできませんので・・・

りんさんのように
「落ちている乾燥した木の枝」を利用するのもありですね
言うまでも無く
火の始末はきちんとしましょう

 

・入部します

さて、なでしこさんは「アウトドア系」の部活を探して入部

登山部か・・・・・!

おい、なでしこをお前好みの地獄体育会系に入れようとするな

しかし、狭いなこの部室?

部員も3人か・・・

・・・・・・・・

本格的な始動はまだしてないようで・・・

テントの種類が

こういったのが

ある中で

これ↑が現実

野宿の方がまだマシな気が・・・

絶望はまだ早いのです

シュラフ、いわゆる「寝袋」ですね

こういった

違いがある中で

現実は↑こう

絶望した!!

一応弁護させてもらうとだな・・・・・
ちゃんとしたのは結構な値段がするのだ
シュラフも、ダウンかそうでないかだけで
値段が格段に異なる

その通り

↑こういうアウトドア専門店もありまして

清水にもあったな、似たようなの

「SWEN」
作中の「カリブー」はこのお店の浜松店がモデルだそうで

ちなみにSWEN様のHPはこちら

・・・・・・・・・・

どうした?
お前とジェラートは張り付き顔であまり表情は変わらないけど
雰囲気で感情は分かるぞ

いや、な・・・・・・
ちょっとパートナーに想うところあってな

エビシャコがこの店で何かしたのか?

・・・・・ああ、
高額品だらけなのか、ここ

もちろんです、プロですから

お前は本当にその言い回し好きだな

しかし、本当に本格的な物ばかり揃えてあるのは分かるぞ

ジャケット一つとっても
「モンベル」「ノースフェイス」「コロンビア」と言った
名だたるアウトドアブランドが揃い踏みなのです!

まぁ高いけどな

シャツとかは手を出しやすいのではないかと思うのです

(そういえばこいつ、ブランド好きか・・・)

利便性が高く効率的=高額と意識すれば
自ずと覚悟もできると思います

覚悟が必要なのか?

やめろ・・・・・

死にまくってるの分かるので落ち着いて~

こんな死亡フラグ嫌すぎますね

しかし、やはりと言うか、案の定と言うか・・・・・・
「携帯食」「保存食」には足をあまり運ばないようだな
どっかの誰かと違って

知ってた

エビシャコ、お前はアウトドアの店でを買って食おうとしている
そもそもソレを主眼にした店じゃないだろう

クレスは名前伏せたのに私と判明してフルボッコ!?

(該当者、お前以外に誰がいる?)

 

・キャンプ飯

さてこのお話の舞台はふもとっぱらキャンプ場」(HPへ飛びます)

広大な野原に泊まることができます
テントを忘れれば野宿が楽しめます

おいシャレにならんだろう

そうだぞ、人間はお前ほど寒冷に強くは無いからな

ああ、それもあるんだが・・・・・・
近年は「クマの目撃例」が相次いでいるのだ
注意書きに
「自然災害・野生動物による被害につきましては、
当キャンプ場では責任を負えません。ご了承ください。」
ともあるからな

本当にシャレにならん

理由は・・・・・・・

火事になる、火の粉が枯草に燃え移って・・・・・
火の壁が、すぐそこに・・・・・

大丈夫、私はここにいるから

本当に信じられないくらい燃える
逆に、それを逆手にとって害虫退治や森林への遷移を人為的に防ぐ
「野焼き」という行事もあるがな

・・・・・・・・・・・・なにをしている?

道連れ・・・・・

さてここで

熊(わんこ)と遭遇

一匹目はフェイント

本命は一匹目に気を取られた隙に
確実に仕留めに来る
二匹目です

仕留めるな
というか、客を狩ってどうする

と言ったところで、なでしこさんが勝手に合流

カイロで防御した上で

をご馳走してくれます

・・・きゅふふふふふふふふ///

「辛みが効いていて旨い」

鳴き声で分かるのか!?)

(そういえば、エビシャコの奴が「カプサイシン」がどうのと
日頃言っていたな)

!!!?

消えた・・・いや、食った!?
あの量を!!?

なでしこさんの「大食」は、この後もどんどん出てくるのです・・・

 

・部活動本格始動

校庭で焚火か?

いいえ、キャンプです

ハードボイルドなアクションが起きそうな名前ですね

ちなみにモデルは「パインウッドオートキャンプ場」だそうだ

しまりんの方はバイクで単独行動か

クレス、それフルネームだから!!
この後それがあだ名で定着するのだけど・・・・・・

(それ言ったら、お前もあたしの事
あだ名じゃなくてタダの「さん付け呼び」になるぞ?)

「あだ名」で呼んでたのか今まで!?)

季節の果物か・・・エビシャコが好きそうだな

もちろんです、プロですから

・・・我の責任じゃなく、昔から・・・・・・

弁解の必要性が皆無のはず

(そうか?)

 

ドラゴンボール超の映画「ブロリー」でも出ましたね
ロシア含む東欧の伝統料理です!

出たっけ??????

コレじゃないか?
あいつのデッキにいつの間にか加えられてたんだが・・・

ドラゴンボールヒーローズ

特徴は「ビーツ」をふんだんに使った真っ赤なスープ!
肉や野菜がふんだんに使われ心も体も温まります!!

(しかし本当にロシア好きだなコイツ・・・)

ではここで一曲、ヤシャ・ビートを(琵琶を構え)

「夜叉の調(しらべ)」はやめろ
(※どんだけヤバイ「必殺技」かはゲゲゲの鬼太郎夜叉の回を参照)
(効果:魂の強制簒奪

(↑ちょっと残念そう)え~、このキャンプは同時並行で起きてるので

りんさんとも所々でコラボします

車来てるぞ!?

これは・・・温泉か?

「ほったらかし温泉」

名物はこちら「温玉揚げ」

作り方は企業秘密だそうですが、
恐らく半熟の温泉卵を揚げていると思われます
生卵では爆発の危険があるので

で、こう↑なります

まったりしすぎたな

一方の、りんさんは

下ごしらえは必須、そもそも台所が無いので事前準備しなければなりません

↑重要、程よく仕上がったパスタに
牛乳やチーズの風味が染み込んでより美味しくなります

これは絶対に美味しい

さて、どうにかキャンプ場に間に合った部活動チームは・・・

シンプルイズベスト!!

これぞまさに「ラーメン屋さんのカレー」です!!

キュフフフフフフフフフ

 

エビシャコが止まらなくなってしまった・・・
しかも鳴き声出しまくってるし・・・

パスタに牛乳にチーズに黒コショウかな、原因は?

いやお前ら二つ用意していたと思ったが!!?

内部の容量を計算すると二人でも狭い気がします

 

・※高校の教師です

さて、この回は
りんさん&なでしこさんの二人キャンプ

※姉妹です

いつに無く気合入っている りんさん

なお、キャンプ場は

色々な種類があり

当然ながら季節によっては、やっていない場所もあります

なんでだ?

ウルフレンドで例えると
真冬のベング高原の積雪地帯にキャンプ場があったとして
冬でもそこを使えるかどうかと言うお話

それはただの自殺だ・・・
納得した!

また、テントの種類は

このようなのもあります

言うまでも無く、前述のワンタッチ式のテントも
地面に固定する必要があります
風が強い場所とかだと
テントそのものがコロコロ転がって行ってしまうので
非情に迷惑

布製な上に空気抵抗も大きいからな

で、ここは?

「四尾連湖キャンプ場」そのまんまですね

なお・・・・・・・・・

桜さんは帰らずに

向かいにある食堂でご飯を食べて車中泊

(良い姉だ・・・!;;

と、いった所でアクシデントです

りんさんは着火剤を使い切ってしまいましたが火が付きません

と、いうことで
なでしこさんがお隣のキャンパーさんを助っ人に呼びました

ちなみに似たようなので「練炭」がありますが
こちらは燃料として使われていただけの事はあり
長時間燃焼を続けるため・・・

取り扱いには十分注意だな

肴を作りながら酒盛りするのにもうってつけです

おい

干し肉を炙りながら、とかか・・・?

なるほど、これは使えるな・・・

炭火焼は最高!!!!

スコッチピーティーなの好きだからなお前って・・・・・
若者の傾向に逆行してるというか
中身が・・・・・・

中身が何?

さて、このお話のキーパーソンはこのお連れさん
ただの酔っぱらいにしか見えませんが
リンさんたちの高校に赴任して来る教師です

先ほどのお礼にと料理をおすそ分け

彼女たちも料理をくれて交換会に

※高校教師です

未成年に飲酒を勧めるな

普段はこっちか・・・

あおいさんらのバイト先でも有名で・・・

休肝日をもうけましょうね

ちなみに、りんさんが髪を下ろすとこんな感じ

そして秘密結社はこんな感じ

ショッカー

いいえ、ゴルゴムなのです

ソレはお前と師匠だけだろう

 

・しっぺい太郎

なでしこはどうした?

あ~・・・

ジーク・ジオン!!

ガンダム0083のデラーズか!

そういうわけでサラミスとマゼランを砲戦仕様に・・・・・

それって核で吹っ飛・・・・・・・
また買ったのか、お前

マゼランはEXしか買ってなかったでしょ?

貴い幼女との出会い在り

ムセギジャジャにゲゲルで殲滅して欲しい暴走族在り

本性!本性出てるぞ!
あと声色が180度違う!

失礼、つい・・・・・・

通行止めで困っていたところで登山に向かう人々との出会いもあり

そして途中で風邪が治ったなでしこさんがナビを買って出ると・・・・・・

何がしたいのだ、この少女

「伊那きのこ王国」です

残念ながら現在は営業終了、別地点への移動中だそうです

キノコか・・・・・・・・・・・
(こいつベニテングタケとかのイメージあるんだが・・・
ちゃんとマトモなの選んでくれるか?
「どうせ死なないから」で微量の毒があるのを敢えて食うとかしそうだ・・・)

(アルボア同伴させればいいだろう、
あいつがダメなものを採取して喰うような真似はしないはずだ)

心の声きちんと聞こえてるのですよ、二人とも?

さてここは「光前寺」

「うしおととら」でも出た妖怪「狒々」を退治した
あの「しっぺい太郎」の伝説のある・・・・・・



静岡の観音山にも同じような伝説あった記憶が?

死んだ場所の説が三つあるようだ
観音山のはそのうちの一つだな

そのマスコットを買った後で・・・

食事をしていると・・・

あたしを雇え!

狒々が逃げ出して退治に失敗すると思うぞ?

あたしの事を恐れてか?

いや、お前に漏れなくくっついてくる
↓ソレ

・・・?

・・・あ~、納得した

なるほど、これが「加護」か

お参りしてくれたお礼だろうな

そしてこの回のキャンプ飯は・・・

豚まんプレス

ただプレスして焼くだけと言うシンプルながら

たったそれだけで一味も二味も違う料理に生まれ変わります

ほうじ茶に合う料理でもありますね

寒い冬に暖かく過ごせるな・・・

で・・・・・・・

大垣さんは御覧の有様・・・

ああ、そういえば思い切り部屋に上がり込んでいたな・・・

感染力が強いのか・・・・・・まさか

地中海熱とかでなく恐らく時期的に「ライノウイルス」だと思います
ごくごく一般的な風邪を引き起こすウイルスです

 

ではまた

ポチリとお願いします


人気ブログランキングへ
にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
にほんブログ村

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ