【まんが・コミック感想】魔女のマリーは魔女じゃない(3) 小林安曇【レビュー】【ネタバレ注意】 | 回廊蝦蛄日和

【まんが・コミック感想】魔女のマリーは魔女じゃない(3)  小林安曇【レビュー】【ネタバレ注意】

LINEで送る
[`google_buzz` not found]
[`yahoo_buzz` not found]

【まんが・コミック感想】魔女のマリーは魔女じゃない(3)  小林安曇【レビュー】【ネタバレ注意】

ついに悪魔族襲来!!

【まんが・コミック感想】魔女のマリーは魔女じゃない(3)  小林安曇【レビュー】【ネタバレ注意】

こんにちは、こんばんは
エビシャコです

レビューまいります

(悪魔が来る・・・今から不安で仕方ない・・・)

 

・魔女のマリー名を上げる

え~、前回の魔法陣が完成していたので・・・

悪魔の召還に成功しました

サバトに行くと大体居られる御方です

毎回うちのパートナーが多大な迷惑を・・・・・・

ちょっと?

仕事内容は「騎士ギルベルトの抹殺」

個人的には教会の生臭坊主とか
肥え太った貴族とかがお勧めですが・・・

そいつらに手を出すのは止めはしないし
むしろやれ

お、おう・・・

と、いうわけで・・・ほぼ事故で結ぶ羽目になった契約を妨害すべく
マリーさんたちはギルベルト護衛任務

バフォメット様は美人局暗殺を試みますが・・・

これにはバフォメット様もびっくりです

埒が明かないと見たのかマリーさんを攻略対象に加えることにされたようですけど

しかし神様のマッチポンプ酷過ぎですね

ディスボール様はそのへんってあまり気になさらない方だと思いますよ

(「信者など使い捨ててなんぼ」だからな、アイツは)

そしてギルベルトへの評価・・・
悪魔も認める実情の緊迫よ・・・

エビシャコ、お前は仮に猛禽が狙って来ても
悪魔に頼むようなことはしないでくれよな?

(そいつ自身も魔物なんだが・・・・・)

?しないのですよ
そもそも、
どうしてせっかく目の前に来てくれてる独占できるご馳走なのに
わざわざ他人を呼んで食べさせなきゃいけないのです?

そう言えばお前はそういう奴だった

バフォメット様は藁を積んだ荷馬車を発火させ突っ込ませますが・・・

察したマリーさんはギルベルトを突き飛ばします

※橋の上

(まて)

※橋の下は川

※甲冑騎士との戦闘では「川に落っことす」は結構有効です
全身甲冑なので浮いて来ることができずそのまま溺死するから

そして岩にぶつかりながら川岸に辿り着いたところで
駆け寄ってきたマリーさんが転んでトドメを刺します!

おい

あ、一応は契約の破棄にはなるのだな

さすがに「死んだ者を殺す」悪魔でも不可能なので

・・・・・・・・

言うまでも無く、この後マリーさんの話題で
地獄はもちきりでしたね

本当に契約重視種族だな、悪魔は・・・

エビシャコは何しに地獄に行ってるんだ?

仕事です
戦闘とか無くても普通に書類仕事や雑務はあるんで・・・

あっちにも基地あるからな

で・・・死んだギルベルトはどうする?

こんな所に来てしまったが・・・・・・?

天国ですね、恐らくはキリスト教の

いきなり四大天使・・・・・・

フランダースの犬より

↑こういうの来るかと思っていました

そういう小間使いはもっと辺鄙な所とか地上とかに派遣されてるんじゃないか?

・・・アイツ絡みか・・・・・・

そこ、天国だから普通にいるでしょ

本当か?
油断させたところで
ろくでもない人生が決定してる赤ん坊に転生させるとか
しないのか?

疑心暗鬼になっていますけど、それは普通にしますね

いやぁ!!!!

ちょ、アルボア落ち着け・・・・・
エビシャコ、正直過ぎるんだよお前は・・・・・・

えええ、私が悪いの?
「そんなものは無い」て思い込んだまま過ごして
ある日突然・・・の方が酷いと思うのですけど?

え~と・・・・・ベルフェゴール様じゃなくて・・・・・

マリーだな、使い魔どもと合体している

しかしこの天使はツッコミもできるのか

おおおおおお、業を煮やしたマリーさん
あの四大天使の一角相手に・・・!!

祝・勝利

お前らが勝ったわけじゃないからな?

ガブリエルだからまだいいが
これがウリエルあたりだったらどうなっていたか・・・

あの大規模破壊兵器さんはなるべく出て来て欲しくないのです

・・・安全な奴いないのか?

ラファエルさんですかね、強いて挙げれば
基本的に治癒担当なんで
戦闘も人間相手なら相手に合わせた実力で格闘戦仕掛けてくるから
アルボアさんも十分勝ち目あるのですよ

お前みたいなの相手だと、どうなる?

私が回避で手いっぱい

こうしてギルベルトはマリーさんの導きで無事に蘇生しました


↑ちなみに彼が薬でカエルにされた姿

強そうだ

 

・聖歌団のマリー

カタリナ・クラエスか?

作品世界が違うのです

「ウィーン少年合唱団」みたいな感じですかね?

(払われるどころか、余計に近づいてくる奴がここに一匹)

回想からもツッコミが入った!?

ちなみに、カタリナさんは隣町出身だそうです

世間は狭いな

で、こいつがカタリナか

マリーさんは街でばったり出会ってそのまま連れて行かれ
流れるように聖歌隊に強制入団させられました

聖歌隊?
カタリナ一人しか見えないけど?

聖女や教会がお抱えの聖歌隊でなく
地元住民の有志を集って結成するイベント的なもののようなのです

↑訓練後かつ覚醒後は誰もがこうなります

ベル薔薇かガラスの仮面か・・・?

だが、歌の訓練はまともっぽいようd・・・

・・・・・・?

空気椅子?
足腰鍛えて何を・・・?

格闘家かレスラーでも養成してるんですかね?

何年か前にリメイクされたな、タイガーマスク

そしてギルベルト相手にも容赦がない

そしてのどが渇いて声が出ないというマリーさんへは

差し入れ

?エビシャコは割と平気だったぞ

「口の中に放り込む」系は大丈夫なように修行済みなのです!(ドヤ)

(教会の連中が飲み食いしてるもの
特に「飲むパン=ビール」が美味しそうだからって
わざわざ耐性つけてたな、そう言えば)

(なんだいつものパターンか)

しかし、マリーは限界のようだぞ

特にギルベルトが上達しそうになっていたので・・・

妨害工作へ

楽園パレードのアビス様もご使用されている由緒ある道具です
(※SoundHorizon「楽園パレード」参照)

・・・マリーはいい加減に自分が魔女だと認めるべきだと思う

しかしカタリナに嗅ぎつかれたぞ

そしてこの展開はウルトラマンでも見た!

予測通りこうなります

そしてここで追撃入ります

これでマリーさんは箒から落下し

骨折

卒業式か修学旅行で欠席したみたいな扱いに!?

 

・押しかけ弟子との生活開始

ここで場面は魔界=地獄

※同時刻エビシャコお仕事中

※同時刻エビシャコ移動中(魔界→地上界基地)

「こんな環境で働いてるのか」と言おうと思ったけど
あたしたちで言う所の
オークやエルフやシャーズなんかが
ヒューマンと一緒になって働いている
エルセアみたいな感じか?

ぶっちゃけると、同種族でも外見の差異が激しいのは珍しくないのと
「一種族一個体」のパターンも珍しくないんで・・・

魔女が老獪なのは認める
ガーラ、とか言うのもウルフレンドにいるからな

あの「ガンダウルフ」を手玉に取ることができる
数少ない人物の一人ですし

さて、マリーさんが薬草を探していると・・・

※毒

エビシャコ、お前はいつか天然で相手を毒殺するんじゃないかと
心配でならない

人に毒物食わすほど認識おかしくなってないから安心して?

マリーさんのところに然るお方襲来!!

いきなり襲ってきた狼さんの正体は・・・

↓少し待ってもらっていいか?

そこは、まぁナハトさんたちもツッコミ入れてるんで・・・

さて、狼さんの正体はこちらの御方

・・・・・・・!

察しの通りこの御方は悪魔
それもかなり高位の御方です

そして押しかけ弟子にまでツッコミを入れられるマリーさん

↓からの~

あれ?
それ確か今の持ち主は・・・・・・

ちょおおおおおおおおお!!?

落ち着け忠誠心カンスト配下

・・・?

覚えておられない?

既に登場しているのか?

ええ、すでに

で、ギルベルトのいる教会に逃げ込んだ結果

こうなります

当たり前ですがギルベルトがいなくなったところで追いつかれて・・・

?何か問題でも・・・

・・・あ~・・・

そういう環境だから
そこのコレが参入する余地が大いにあったわけだ

言葉にトゲ!!

コイツは?

出世欲も無く身内への敵対心ゼロで
そこに居るだけで危険察知や予測してくれるし
頼めば安価で大体やってくれる
極めつけは七つの大罪で分類「怠惰」所属
敵でもライバルでもない便利屋ポジに徹する奴
わざわざ苦労してまで追い落とそうとかいう奴は
居ないだろ?

そういえばコイツに関しては
派閥争いや出世競争がどうのって言う話
全く聞いたためしがない・・・

強敵がいるのに身内で争うのも面倒くさいでしょう?

・・・なるほど

お、説得に成功したか?

おい?

自分にもダメージが入っているぞ?

エビシャコ、軍師として聞くけど
どっちが勝つと思う?

結果を見るまでも無く悪魔側の勝利なのです
マリーさんはここに至るまでにすでに色々あって
ダメージを受けている上に
塩も歌もマリーさんへのダメージがより強い
対して悪魔側は不快に思う程度でほぼ無傷なので

自爆と言うか自殺だな

これも

どっちかというと
マリーさんが死にそうになったので切り上げることにした感が
強いですね

・・・それより「マルコシアス」って・・・

ええ、1巻の・・・・・・・

当たり前ですけどこの時、尻尾は向こうに出ていたので

顔をしっかり覚えられています

なお、マルコシアス様は

爵位持ち&ソロモン72柱の1柱に数えられる御方

と、いうわけでマリーさんの家に同居人が増えます

バレたら大変ですね

 

・当時の生活:お祭りと歴史

財布を持って行かれたらアウト
「ベルト切って失敬する」されたら元も子もないです

確かに

(な、こいつこういう予測は得意なのだよ)

(なるほど、居る方が何かと便利なわけか)

 

まったくもってその通りなのです

 

(負の感情が大好物の奴がこんなこと言ってる・・・)

エビシャコが魔族側に付いた決定打ノアの箱舟の件だったな
そういえば・・・

動物や人間の幼い子供を助けるどころか水の中に沈めたとかが「地雷」だったと分かる)

これは・・・召喚されたのか?

反対側はどうなって・・・

エビシャコ!

艦隊を招集すると時間かかるので今すぐには・・・
私の私有戦力ならすぐ出せるのですけど

そんな大規模戦力は必要ない!

(一緒に行動してるから忘れられがちだが
そいつ「司令官」だからな、アルボアよ?)

なんだ、エビシャコの得意科目か

搦め手なら私の独壇場!

(素で戦闘狂なのに工作して弱体化狙うから恐ろしい)

ああ、まぁそうなるか・・・・・

確か「ルター」って先生が農民に付いてただろ!

あ~、そいつ
途中から貴族側に付いて尖鋭派農民の代表を
「悪魔の手先」呼ばわりしてたぞ

裏切ったのか!?

ええええええ、ちょ、なんですそれ!?

・・・なんでお前が慌て出すんだ?

そりゃあ、慌てますよ
私の手先ってことになったら
私に皆さんの管理・扶養義務が生じますから
艦隊の部下だけじゃなくアルボアさんたちにまで
給料払ったり食料供給したり武器補給したりしなければ・・・

・・・待遇良すぎないか?

軍規だから、守らないとむしろ罰せられるから

・・・じゃ、手先でいいかな

え、なんでこの流れでそうなるの?

どうして今の流れでそうならないと思ったんだ?

生真面目カタブツ過ぎたのが完全に裏目に出たな・・・

しかしこれでマリーの名前がまた上がるな

すでに犬か猫を飼育していて
新たに別の犬か猫を飼うことにしたブログ読者の方は
多分、こういうの見た事あるのではないかと思います、はい・・・

後日・・・

食べちゃダメです!!?

 

全く持ってその通りです!!

エビシャコの場合はキモイから有罪でいいだろ?

罪状なに?

邪神たる我の目からしても
魔女にしか見えんのだが・・・?

翌日

ここに来た理由は・・・

大丈夫なのか?

おい

エビシャコはむやみやたらな事しないのは
分かってるからいいけど

むやみやたらやる奴は長老階級にも仙人にもなれないので
それ以前に掟を破ってる奴粛清対象

子供にかまってもらえるとかご褒美でしょうに

役人呼んできていいか?

犯罪者でもいたので?

ああ、目の前に一匹な!

え・・・

なお誠意を示した↓結果

完全に一致

鬼滅の刃(パワハラ会議)

 

そういえばエビシャコ、何時レビューするのだ?
もう全巻揃えてノベル集めてコラボSS描いている段階だろ?

もう「遊郭編」始まってるんでネタバレは避けねば・・・
先に「はめふら」からやって
あと停止してる「クウガ」「ガンダム」の再開からですかね

来年の抱負か

お見事!!

討ち取ってどうする

そしてこいつも来ていたか

落語で似たお話を見た記憶がありますね
本格的な料理の席に招かれた人が先生に自分のマネをするように言われて・・・
とか言うお話でしたか?

(本当にそう言うの好きだな、コイツ)で、そいつ、どうなった?

先生のやらかしやら自分への注意まで正確にコピーしまして・・・・・・

失敗か

こちらもすでに失敗の予感がする・・・

「弟切草」?

お前が言うと同名ホラーゲームのタイトルにしか聞こえんな!

ああああああ

いやもう無理するな

マリーいいいいいいいいいい!!?

人心の流れを掌握し利用するとは・・・・・

(それは魔女と言うよりも軍師の評価じゃないかな?)

っておい!?

やむなく、おじいさんの魂を元に戻す戦いが始まります

戦い・・・?

本当に酷い話です

(怒っている理由は
食べ物を粗末にしたからか、豚が可哀想なのか
どっち?)

エビシャコは豚は平気な方だな

そもそもコイツは西洋でなく東洋文化圏の出身だからな

さて、無事にお爺さんを救助したところで・・・・・・

エクソシスト、ですね・・・・・・・

気の毒に、

おいバカやめろ戦闘狂!

エクソシストという事は、狙いはマリーではなく
マルコシアスの方か?

次回で急展開のようです

 

 

ではまた

ポチリとお願いします


人気ブログランキングへ
にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
にほんブログ村

 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ