【小説・ノベル感想】【書籍感想】魔法少女育成計画 ACES / QUEENS 遠藤浅蜊【レビュー】【ネタバレ注意】

LINEで送る
[`google_buzz` not found]
[`yahoo_buzz` not found]

【小説・ノベル感想】【書籍感想】魔法少女育成計画 ACES / QUEENS 遠藤浅蜊【レビュー】【ネタバレ注意】

もう一人の三賢人が動き出します

【小説・ノベル感想】【書籍感想】魔法少女育成計画 ACES / QUEENS 遠藤浅蜊【レビュー】【ネタバレ注意】

こんにちは、こんばんは
エビシャコです

レビューまいります
今回のお話、続き物なのでまとめてレビューします

一年以上も放ったらかしだったな
去年は色々始めたりしてバタバタしていたとはいえ

 

・プク様

この子↓です

プク・プック

固有魔法:誰とでも仲良くなれるよ
魔法の国の三賢人にして三大派閥の一派「プク派」のトップ
幼稚園の園児程度の外見年齢で魔法少女を「捨て駒」程度にしか見ていないオスク派と対照的に
仲間をとても大事に想っている

大怪獣バトルより

ちょっとまてエビシャコ!!
なんだこのバケモノは!!!?

あ、気づいた?
やはりジェラートは誤魔化せなかった・・・

お前だって魔法の時点で気づいていただろうが・・・・・・・
こいつに単独で施設に入られたら護衛も警備も無意味だ!
罠を仕掛けておいても味方の熟知してる奴が案内役をしてしまう!
強力な番人を置こうものなら、そいつを奪われて逆にこちらに向けられる!

まぁ可愛いですし

どうでもいいが
お前が洗脳の類に強い事は我々は知っているからな?

プクに接近したら遠慮なくウルトラマンに通報するぞ

どっちの心配しているの!?

 

・家出魔法少女

さて、そんなプク様は「魔法の国」の「魔法の力」が弱まっている事
懸念していました

それは喜ばしい事ではないか?

いっそ、そのまま消えてなくなれ

ぶっちゃけると私も二人と同感
まぁそれはそれとしてプク様は「とある古い装置」を発掘し
それによって魔法の国の力を戻そうという計画を建てます

が・・・・・・・

そのキーとなる魔法少女が行方をくらませてしまいました

プレミアム幸子
固有魔法:誰かを少しの間すごくラッキーにするよ

・・・・・・あ~、そういう事

一生分の運をその時の一回で全部使い切る感じか?

ジェラート、正解
彼女は「契約書を作成してサインした相手の一生分の運を一気に使わせる」能力
この能力で友人を二人ほど失ってから封印していたようです

・・・・・・死ぬのか?

具体的には「一番起きて欲しくない事」が起きる感じ?
「駄菓子屋で大当たりを出した直後に隕石が直撃」
「図書館で本を借りて読んでいたら直後に居眠り運転のトラックが突っ込む」
で、二人とも死んでます

大怪獣バトル

隕石・・・・・・・・・・・・・・・・・

海に逃げたシラス一匹にピンポイントで一つの石ころを
投げてぶつけるようなものだからな
直撃確率など、ほぼゼロに近いゼロ

そいつが死因と言う時点で、もう我ですらどうしようもない

プク様に「グリムハートを倒した」事で呼ばれたスノーさんが
スカウトされている間にその事件が起きたため
彼女と共に幸子さんの姉妹二人が同行して
捜索を開始します

現在、キークと決別した妖精ファルと行動を共にしています
ちなみにプク様は彼女を「スノーお姉ちゃん」と呼んでいます

ちなみに他二人はこちら

うるる
固有魔法:嘘をつくのがとても上手いよ
一番年下ぽいですけど三姉妹の長女です
三姉妹に血のつながりは無く孤児院で結成された義姉妹の模様

 

中野宇宙美
固有魔法:封を切らずに中身が分かるよ
三姉妹の末っ子で三人の折衝役かつ外交官
なお、この三人の育った施設は大変劣悪
子供を病院にも行かせず食事も満足に与えずと

相当悪質な違法行為を働いているようなので
私が直接叩き潰して差し上げようかと・・・

まてまてまて!落ち着け!!

(子供が絡む犯罪とかだとすぐこれだ・・・)

 

・シャドウゲール誘拐

一方で、プフレサイドにも異変が起きます

 

パトリシア
固有魔法:魔法の手錠でどんな敵でも無力化するよ

プフレはシャドウゲールの護衛を部下の魔法少女である彼女に依頼

ちなみにパトリシアは「服部シア」というカッコイイ系美人で・・・
学制服着用でプフレらの通う高校に潜入するなど・・・
まぁ気さくでフレンドリーな人で護衛対象のシャドウゲールにも
ぐいぐい接近していきますけど

さらっと流しそうになったが何してるんだコイツ?

ですが・・・・・・・・

アーマー・アーリィらの襲撃を受け
パトリシアとその部下たちは壊滅
シャドウゲールは連れ去られてしまい・・・・・・・・・
しばらく監禁されてしまいます
その間にアーマー・アーリィがお世話係になりますが
無口で天然な彼女を利用して脱走の道具を用意しようとした
シャドウゲールは
気が付けば彼女とテレビゲームをしていました

どうしてそうなった?

アーマーアーリィが天然過ぎたからとしか・・・・・
まず「テレビ」を調達しますが延長コードが必要です
ジェスチャーで示した結果
「蕎麦」「LANケーブル」「鎖鎌」などが調達され・・・
そもそも最初の「テレビ」の段階で「簡易トイレ」など
運ばれてきたりで・・・・・・

アーマー・アーリィの正体は
日本以外の、日本語に疎い国外の人間か?

その可能性は十分にあるのです

 

・復讐者の追跡

さて・・・・・

前の戦いで友人たちを失った彼女は
復讐のため動き始めました

それは、仕方あるまいな
そもそもの主犯格がオスク派のトップでは、なおさらだ

仲間も

こんなスケッチブックを遺品で遺しているからな・・・

そんな彼女をサポートするのが

ブルーベル・キャンディー

そして、かつて敵として戦った「ホムンクルス」たちが
手駒として多数出撃します

目的はプク派の計画阻止&キーとなる魔法少女=プレミアム幸子の確保

ですが・・・・・・

さらに別勢力が計画の阻止に出撃

またオスク派か!!

その通り

しかもこの子たち、この作品の絵を担当されておられる
マルイノ先生大のお気に入りだそうで・・・・・

メタいぞ

そして

オスク派の正規魔法少女も登場
交通事故に遭いそうな子供をこっそり魔法で助けたりする
優しいお姉さん的な人です

(エビシャコの好感度が上がってる・・・)

え~これだけでも混戦必至なのですが

ブルーベルサイドから彼女が参戦

おい、リップルということは・・・・・・

そう、初代ラピスラズリーヌとピティ・フレデリカは
まだ手を組んでおり・・・
デリュージを差し向けてきたのも彼女たち

さらに、プフレ陣営からも魔法少女が来ます

 

 

メンバーはこちら

物知りみっちゃん
固有魔法:手にした物を別の物に変えられるよ
「無手の兇手」の異名を持つ魔法少女で歴戦のプロ
固有魔法はとても凶悪で、「名前の一文字を買えるだけで別のものに置き換える」というもの
例えば「板をナタに」で板切れはナタへ、
「濾汁を機銃に」で灰汁が重機関銃に変化する、というように
応用が利く上に、
理論上、彼女が名前を知っている物であれば「名前が似ている」と言う縛りこそあるものの
なんでも変化で召喚が可能

 

グラシアーネ
固有魔法:魔法の眼鏡でいろんな場所が見えるよ
3人の偵察役かつ司令塔
彼女の能力は要人の監視・重要機密施設の内部の偵察にも適しており
また、彼女の追跡は逃れることがほぼ不可能
走れば振り切れるものの、視界の切り替えが可能な上に
どこでも覗き見ることができるため、
振り切っても再度補足されるのは時間の問題

 

ダークキューティー
固有魔法:影絵を本物みたいに動かす事が出来るよ
3人のリーダー
影を自在に変化させて攻撃を行う、
また彼女はアニメ「キューティーヒーラーギャラクシー」にて
同名の悪役魔法少女のモデルとなっているものの、
作品自体が迷走を重ね悪役もぞんざいに終了したため彼女はそれを根に持っている模様
彼女の「悪」たろうとする信念は徹底しており、私生活まで及んでいる
反面、イメージ崩壊を恐れてか普段は目立たないよう引きこもり生活を送っている模様

 

随分と高く評価しているな・・・とは、言えんか
私もエビシャコと同じ考えだ
しかも「チーム」で来るのがさらに危険性を増している

 

・悪意ある悪戯

はい、予想通りピティ・フレデリカ

やらかします

彼女はまだ「スノーホワイト育成計画」を諦めておらず
戦闘で中野宙美を失った上での帰還の直後・・・
物知りみっちゃんを倒して戻ったリップルにより
プレミアム幸子が殺害されます

そしてそのタイミングで「プキン剣」の洗脳を解除
リップルは「もうスノーホワイトとは居られない」と言う考えを
スノーホワイトに聞かれながら姿を消しました

消せ!!
ピティ・フレデリカを
今すぐ!!!

だからさっさと始末しておくべきだったのだ!!!
予測はしていたが最悪の結末だな!!

・契約書と計画の実行

それでも計画は実行されます
プレミアム幸子は殺される前に「契約書」を1枚残していました
が・・・・・・
契約書の存在に歓喜するプク様に疑問を抱いたうるるは脱走
ちょうどプフレの報告で調査に来ていた魔法使いマナを巻き込む形で・・・

しかもこの際「ファル」の入ったマスター端末を持ち出しています

巻き込まれて良かったと思うぞ
プク派の屋敷に入った後だったら暗殺されていたかもしれん

そんな中でもプク派は計画を実行に移します
場所は古い遺跡、そこにある装置でした
それは故障していましたが・・・
機械類の扱いに特化したシャドウゲールの能力と
その成功率を100%に引き上げることが可能な「契約書」
それでシャドウゲールを犠牲にしつつも
装置の完全修復と稼働が可能になります
が・・・・・・・
この作戦、
かなり重大な見落としがあるのに気づいたでしょうか?

あ~・・・・・「不幸」

アレはプクの魔法が関与すると最悪になるな
プク自身が

さて、ここに来て

前に倒されたグリムハートに代わる現身が登場

できれば本体を潰してやりたいところだがな

もちろん、対プク用の現身でもあったグリムハートを失った状態では
勝てるはずもなく・・・
さらに、プク様は自分のダンスの動画を流すことで
その場にいる者たちを敵味方問わず洗脳
混乱に拍車がかかります

彼女は着替えに一時間以上かかるとの事ですけど
恐らくは「効果」が付与された「礼装」を所持しており
その重複効果を色々と鑑みているのもあるかと・・・

 

だが、プクとしては装置の稼働さえ為ればいいわけだ
妨害が来さえしなければそれでいい
願ったり叶ったりだろう


ちなみに「装置」は、
「魔法少女が中に入り永遠に魔法の力の供給源になる」というものでした

プクもオスクとどっこい・・・・・
とは、言えんか
オスク派なら相当非人道的な方法で強制的に入れているだろうしな
それに、見たところ本当に魔法少女を気に掛けているようだ

・主従の別れ

この混乱の中でファル&プフレとデリュージは合流
さらに合流したプフレの口から
ブルーベルが「三代目ラピスラズリーヌ」であることや
本当の能力は「記憶や感情をキャンディーにして取り出す」であることが
明かされます

デリュージの裏にいたのが初代で、
その目的のためにシャドウゲールを攫ったが
プクらに奪われたか・・・

さらに、スノーホワイトが洗脳でプク派についてしまい
混戦に拍車をかけます
混戦の中でCQ天使ハムエル、グラシアーネは死亡
装置は完成します、が・・・・・・
ここで契約書にサインをしたシャドウゲールの「不幸」発動
うっかりプク様が落っことした装置の燃料用の魔法の宝石が
「装置」の足に当たり
バランスを崩した「装置」がプク様めがけて倒壊

理屈通り、だな
「不幸」=「一番いやな事」と言うのなら
「自分の命よりも大切な存在の死」は「一番いやな事」に該当する

プク様は助けに駆け寄ろうとした魔法少女たちを制止
「大好きだったよ」と遺言を残して
傍のシャドウゲールに手を振りながら装置に潰されました

魔法少女を想っていた、というのは本当のようだな

ですがシャドウゲールの「不幸」は続きます

!!そうか、プフレ・・・・・!

まだ洗脳が残るシャドウゲールを止めようとして
彼女は刺されました
傍にいたブルーベルにシャドウゲールから記憶を抜き取るように依頼し
彼女はこと切れます

プフレを殺してしまった事に耐え切れず壊れてしまわないように
と、言うだけではないな
「契約をした」事実を消すためでもあるだろう
「契約」と言う形ならばプクと契約書が消えた今なら
それを記憶するのはシャドウゲールのみ
彼女の記憶が無くなれば「契約」は消える・・・理論上だがな

スノーホワイトは、うるると合流しますが・・・・・
ファルのマスター端末はフレデリカが回収
確保していた宇宙ステーションの人間の髪を利用し
電源を切って水晶玉越しに宇宙に放り出してしまいました

大怪獣バトルより

だから!!アイツをさっさと始末しろ!!!

さすがに、フレデリカの危険性は「彼女」も理解したでしょう
最優先で始末すべきは誰か・・・
師表たるならば正しく判断をして欲しいものです

 

ではまた

ポチリとお願いします


人気ブログランキングへ
にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
にほんブログ村

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ