【まんが・コミック感想】はたらく細胞(2) (3) 清水茜 【レビュー】【ネタバレ注意】

LINEで送る
[`google_buzz` not found]
[`yahoo_buzz` not found]

【まんが・コミック感想】はたらく細胞(2) (3) 清水茜 【レビュー】【ネタバレ注意】

 

暑いの嫌い・・・毛虫も嫌い(号泣)

【まんが・コミック感想】はたらく細胞(2) (3) 清水茜 【レビュー】【ネタバレ注意】

 

こんにちは、こんばんは
エビシャコです

レビューまいります

 

・熱中症

タイムリーだな

なので、じっくりいきます

まず、水分が尽きてしまいます

体温が制御不可能な上昇、下がることもありません

冷却装備を施すだけでもだいぶ違いますよ?

文明が発達しているとあまり悩む必要ないな
そういう恩恵あるから

血小板ちゃんたちも暑そうです(怪獣召喚用意)

(エビシャコの手のカードを見て)おい、「ペギラ」はやめろ!
あいつは涼しくするどころか氷河期引き起こすぞ!

アイスデビモンにしておけ、せめて!
(アイスデビモンは少なくともエビシャコを「止める側」に回ってくれるし)

 

気候から推測すると現代日本のようですね、この肉体の持ち主がいるのは

そう、これこそが

どうしたのだ?

意識喪失して倒れたのでしょう

・・・まずくないか、それ?

これまでの比じゃないくらいまずいです

そして、地べたに倒れたので・・・

ほぉ・・・熱に強い細菌

すごいですよね

お前は暑さに脆弱すぎると思うが・・・

からの~

・・・なぁ、こいつもしかして「知らない」んじゃないか?

そんな感じなのです

何の話だ?

さっきエビシャコが言っただろう
この体の持ち主は現代日本にいると推測される、と

セレウス菌が目的を完全達成し生還するには、
また土の中に戻る必要がある
つまり、「土葬」が前提の増殖作戦

・・・現代日本で土葬って、あるか?

本人の希望がない限りは火葬が一般的なのです
つまりこのままだと
目的達成しても増殖した仲間と一緒に
灼熱火炎地獄行き

勉強不足だったな、この細菌は

この回はここからが重要なのですけどね

基本:直射日光を避ける、帽子をかぶる

加えて、ミネラルの補給も必須
汗と一緒に体外に出てしまうため
水分だけ補給してもミネラルバランスが崩れて熱中症になります

ここ最重要!

涼しいところに行き衣服を緩めて安静にする!

詳しいな、セレウス菌(あと優しい)

そこまで分かっていながら「火葬」を見落とすとはな

そしてとうとう壊れたぞ司令官

大丈夫、現代日本なら・・・倒れたのが街の中なら・・・

これは・・・?

多分、病院にでも運ばれたのではないかと・・・

病院のようですね

当然ですが熱中症患者への対応は一年中行っています

一年・・・ってもか?

暖房設備が行き届いたことによる弊害だ
冬に暖房をつけすぎて、そのせいで熱中症になる人間もいる
寒いから夏ほど水分補給を積極的にはせんからな

 

あ・・・・・・・・

※エビシャコからのお願い

過激な暴力シーン及び流血シーンをご覧の際は
温かいお飲み物を手に
綺麗な音楽などをかけながら
ゆったりした気持ちで部屋を明るくして
ご覧ください

【エビシャコsBGM:モルダウ(byスメタナ)】

申し訳なさそうな顔してるが・・・

許されなかった!!

しばらくは入院必須ですから熱中症になることもないでしょう

自分では体温調節が不可能な状態なので
外的要因で冷やすことを考えましょう

 

・専門家的な免疫細胞

さて、前回はインフルエンザに特化したナイーブ細胞君が出ましたが

この好酸球さんは抗原に左右されることがない
完全に専門家特化した免疫細胞です

彼女の専門は細菌やウイルスではありません

(マクロファージが来たら「危ない」じゃ済まないだろうがな・・・)
で、何に対応特化したものなのだ?

それは・・・

寄生虫

こういった口での噛み砕きも胃酸も突破してくる寄生虫
駆逐するのが彼女の役目です

生肉大好きなお前も気をつけろよ

そしてみんなに称賛されてこのデレデレです

 

他にも・・・

このNK細胞さん
異常をきたした細胞の駆除に特化しています
例えば・・・

がん細胞とか

笑うことで活性化するという謎作用も

同僚的な存在のT細胞隊長さんとは仲が良く・・・

・・・・・・・・・

子供の喧嘩か・・・
大の大人が、しかも軍人相当者が・・・

 

・ガン細胞

さて、死因でトップクラスを誇るガンの元凶
癌細胞について

一見すると普通の細胞のようですが・・・

お前は怪人やら妖怪やらに混ざりすぎて
認識感覚おかしくなっているぞ?
アレのどこが普通だ?
しかも他の細胞を襲っているし

まぁちょっとした見た目の違いで区別ができます
それというのも・・・
ガン細胞は「細胞の遺伝子設計図が故障してできてしまうもの」だから
そのため、従来の細胞が持つものと同じ特徴(遺伝子複製・分裂)を持っています
ただ・・・

制御されている一般細胞と異なり
ブレーキがありません

血流などを介し、体のあちこちに広がろうとします

当然ながらうちのパートナーよりマシですが余計に飯を食います!

おいこら我が何故ここで話に出る!!#

クレス並みに食いまくったら一日も持たんなこの体

ジェラートお前もか#

幸い、赤血球さんが運搬業務の役割をしていたため・・・

こんな平和を謳歌していましたが

異常を察知

免疫細胞に声をかけまくって戦力をかき集めるという
大金星!!

意外と重要だぞ、こういう情報の伝達は

ガン細胞もガン細胞で
「理不尽に虐げられた過去」を持っていました

免疫細胞からも「バグ」呼ばわりされてきた彼は・・・

初めて自分を「バグ」以外の名前で呼んでくれた白血球さんに
心を開きました

あ~・・・これはすでにどっかに転移済ですね
ここで派手に暴れたのも
成功すればそれでよし
失敗してもバックアップを隠すことに成功するという
二段構えの作戦だった、と

侮れんな、がん細胞・・・

 

・細胞が生まれるまで

樹状細胞さんは黒歴史の図書館管理者でもあります

ビフォー

アフター

司令官の秘書さんも

アフター

幼馴染同士で各部門のトップを牛耳っているのか・・・

もちろん、赤血球さんも

最初はこんな赤ちゃんでした

容赦ないですね看護師さん!!?

・・・・・・(手伝いたい・育てたい

そこ、本能駄々洩れだぞ?

先生が最強の免疫細胞とは凄いな・・・

そしてこいつは・・・

察しの通り

彼女です

トラブル寄せの体質もこの頃から

(?子供が襲われると大体ブチキレるエビシャコが平然としている?)

はいここで白血球さんの子供時代も登場!

エビシャコ、平然としている理由を聞いてもいいか?

だって・・・
この細菌、めちゃくちゃバカだから

?それはいったい・・・

ここって基地や戦闘艦で言うところの
最重要警備区画なので

侵入者がそんなところでバカ騒ぎすれば
即・兵士が飛んできて「対処」します
当たり前です

自業自得といえるでしょう

しかもこの時点でマクロファージさんも追いついてきてるので
あの緑膿菌は逃げ切る術も抗う手段も皆無

来るのが遅いといっても多数うろうろしてる場所ですから
他の場所よりは早く来ます

いいですね・・・小っちゃい子同士

マクロファージ、ここにも抗原が一匹いるぞ~!

そして両者アフター

ちょくちょく会っているな、この二人・・・
ひょっとしたら強い縁でもあるかもしれんな

で、これはどうした?

赤血球さんが成長するために試練を成し遂げようとします

体内を巡り酸素を運び二酸化炭素を回収する任務です

果たして彼女は成し遂げることが・・・

おい、いきなり細菌が来たぞ!?

この細菌の形状は・・・まずい!!

S‘)’&%”#IKQI’&%$$!!!(ドラゴン言語ですらないただのシャウト)

落ち着け、あれは毛虫じゃないだろ!!

(グロイクリーチャー平気なくせに、毛虫は苦手だったな・・・)

キヒィィィィィィィィ(体内で音波増幅&強化)

グパ!(口を大きく開く音)

————————————

<ミ゛ィィィィィィィィ!!>

こんなところでフォノンメーザーブレスなぞ放つな!!?

フォノンメーザーとは
MSのゾックなどに装備されている音波兵器(フォノンメーザー砲)
威力はMSジムを数体まとめて吹っ飛ばす程度には強力

ガンダムであろうと当てることができれば一撃


当てることができれば、だがな!

・・・毛虫はいなくなった?

そうだ、だから落ち着け~

(付き合いが長いだけあって手慣れたものだな、クレス)

 

しかし、こんな姿勢で荷物を足で掴むとか・・・
こいつこんな見た目で実は
レッドキングやアルボアくらい筋肉あるのか・・・?

なんで私の愛しい人と可愛いとはいえ怪獣を同列に?

前々から思ってはいたが、

お前の視点からアルボアはどう見えているのだ!?

さて、そんな赤血球さんを陰ながらサポートする白血球さん

「し~・・・死ね!!!

で、細菌も静かに駆逐

基本「一撃」で屠るからな・・・

おめでとうございます!!

 

・風邪と対策

さて・・・免疫細胞のお仕事ですが

相手がガン細胞やO-157みたいな凶悪な細菌ばかりとは限りません
と言うよりも
そういったのは「稀に起きる」程度

こういった「普通の風邪の細菌やウイルス、感染細胞」への対処が
一番多いお仕事だと言えます

肺炎球菌もセレウス菌も自然界に普通にいるわけだからな

ベムスターのお腹みたいで可愛いですね

前々から思ってはいたが

お前の感覚どこかおかしい!!

なるほど、モブウイルス

ひどい・・・

で、この人が「記憶細胞」

彼がいるので

予防接種で接種された弱体化抗原を基に抗体が作られ

「いざ本番」で即座に対応!

まぁ、この体の記憶細胞さんはすっかり忘れていたようですが

だめだろそれ?

 

細菌は病を起こすものだけではありません

これはアクネ菌
人の皮脂を食料にする性質があるため
病は起こしませんが
毛穴などに寄生します

なお、「皮膚常在菌」なので
人間なら誰の皮膚にも普通にいます

と、いうわけでできてしまうのがニキビ

もできてしまいました

で、こういう時はどうなるのだ?

皮脂はどのみち「老廃物」「分泌物」に過ぎないので
排出しても問題ありません

で、こうなります

本来は「老廃物の排除」と「菌類の排出」を同時に行うシステムでしょうね

活躍した白血球さんは

お礼をいただきました

ちょっと待てその前に

皮脂でてかてかだぞ?

 

ではまた


ポチリとお願いします


人気ブログランキングへ
にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
にほんブログ村

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ