小林さんちのメイドラゴン 3


こんにちは、こんばんは
エビシャコです

小林さんちのメイドラゴン 3

トール様の愉快な仲間(?)が来たり
ルコア様が少年に召喚されたりします

 

 

・決闘

前巻でカンナちゃんと仲良くなった少女の
才川さんが公園で揉めた少年グループに勝算が無いのに宣戦布告してしまい(おろおろする彼女はポンコツかわいかったです)、
人望皆無な彼女に代わってカンナちゃんが助っ人を探します
結果・・・トール様(父竜すらビビらせる実力者)、ルコア様(本名ケツァルコアトル、説明不要のアステカ神話元主神)
ファフニール様(北欧神話・ゲルマン神話における財宝を守るドラゴン、人間に対する感情は激悪)
そしてカンナちゃん(本名カンナカムイ、アイヌ神話の神?)に、小林さんと才川さんという
攻略ムリゲードリームチームが出来上がりました

RPGで言うと、魔王4体が並んでいる隣に人間の女性と幼女がいて、
少年たちのPTがそれと対峙している構図です・・・・・・・・
どうあがいてもムリゲーでしょう
ドラゴンスレイヤー持ったレベルMAXの勇者でも連れてこない限り勝ち目ないですし
少年グループはただの人間、RPGで言うと「モブの村人」にすぎません
最初から彼らには勝ち目など無いわけですが、相手が人間形態なので軽く見た少年の一人が軽く挑発するという
自殺としか言えない暴挙をやらかします
彼らは登場作品が「小林さんちのメイドラゴン」であった事に感謝すべきでしょう
別作品or小林さんの住む世界とは別世界だったら、
自分が何しでかしたかを理解する暇も後悔する時間も与えられず魂すら残さず消滅です

決闘の内容が平和的にドッジボール対決だった事と
小林さんからの「殺すな」という指示もあった事もあり、彼らの命は助かりました
ただし全員ボコボコですが、彼らは自分たちが宝くじ1等を連続で引くに等しい幸運の上で
命を繋いだことを全く自覚していません
少年の一人が命知らずにも「覚えてやがれ」と捨てセリフかましたので
後日、小林さんの見ていない所でトール様あたりにお礼参りされる可能性が生じました・・・
見ているエビシャコとしては冷や汗出まくりです
新幹線が通過する線路の上で反復横跳びしている人を見ている気分でした

・決闘2

少年たちとの対決では不完全燃焼だったドラゴンの皆様は・・・
その場で4つどもえのドッジボール(?)を始めました(ルール:ボールで相手をぶちのめすだけ、最後まで立っていた人が勝者
当然、人間の子供が遊ぶことを想定して作られている公園が
ドラゴン4体の力に抗えるはずもなく・・・あっという間に「整地」されました


なお、この損害と目撃者の記憶はルコア様が魔法でどうにかしてくれたそうです
ちなみに、ボールは魔法で膜を張られていたためドラゴンの力で投げられても
割れる事はありません

・調和勢

今度は秩序を重んじる勢力「調和勢」のドラゴンのエルマさん
トール様を連れ戻しにやってきます
が・・・初っ端で小林さんの家の外壁を破壊して入ってきたり
お腹を鳴らしたり、トール様に言われるがまま「決闘の場所」へ行ったり
(もちろんブラフで、トール様に出入り口を閉じられ別の大陸に置き去りにされる羽目に・・・)
かなりポンコツです

ちなみにトール様の所属勢力は混沌勢(破壊と支配を望む派閥)
小林さんいわく「悪い奴」とのこと・・・

・召喚

爆乳お姉さん系ドラゴンのルコア様が悪魔召喚を行おうとしていた魔術師の少年(真ヶ土 翔太・小5)に
敢えて(全裸で)召喚され、同居する事になりました
が・・・少年には悪魔だと思われているため、誤解を解いてほしいと
小林さん達に相談しに来ます
少年の緊張をほぐすために一緒にお風呂に入ろうとしたり
一緒に寝ようとしたりしたそう・・・で・・・・・・・・・・・・・・・・


・・・あの~・・・ルコア様?
これは「小林さんちのメイドラゴン」という一般向けの作品ですよ
それ以上行ったら「成年マーク」が付いてしまいます

作者のクール教信者先生は普通に成年コミックも執筆しておられる方なので
スピンオフに期待ですね(オイ

ではまた

第一巻レビューはこちら

第二巻レビューはこちら

 

 

 

 

保存

保存

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ