【まんが・コミック感想】ドラゴンボール超 9 とよたろう  鳥山明【レビュー】【ネタバレ注意】

LINEで送る
[`google_buzz` not found]
[`yahoo_buzz` not found]

ドラゴンボール超 9 とよたろう  鳥山明

 

力の大会についに決着!
そして・・・これまでの敵とは別の全く新しい敵が襲来!

 

ドラゴンボール超 9 とよたろう  鳥山明
あらすじと感想

 

こんにちは、こんばんは
エビシャコです

レビューまいります

 

・ジレンの願い

 

第11宇宙で唯一残った「ジレン」
しかし彼の強さの前にZ戦士は複数残っているにもかかわらず
苦戦を強いられます
破壊神の間ですら伝説の技であった「身勝手の極意」に目覚めた孫悟空ですら
その前には苦戦を強いられた上に
ベジータ王子の共闘ですらまだ上回ることもできません

間違いなく最強の戦士である「ジレン」
彼の願いは「師匠ギッチン」を復活させることでした


地球の言語で「キッチン」は「台所」だったな

まぁ、「台所丸々吹っ飛ばす事故」て「衝撃映像」で検索すれば
ゴロゴロ出てきますけどね
ガスの元栓の締め忘れから電化製品の不具合による事故から・・・

まぁそうなりますよね


ダチョウの卵をレンジで温めるという馬鹿な実験もあるな


地球人の好奇心は強いのです
どうしても見たいという「あくなき欲求」に勝てる者などいないのです


・・・・・・(欲望の塊みたいな奴が言っても説得力はどうなのか?)

 


ここで、エビシャコからお願いです
テンプラなどの油を大量に使う揚げ物を作る際には
絶対に台所から離れないでください
火を止めて安全を確認してください

万一出火した際は、落ち着いて消火剤の使用や
鍋にフタをするなどの対処をしてください
絶対に水をかけてはいけません!!


台所どころか家が焼けるからな

話を戻します
ジレンの師匠ギッチンは「魔物」に殺されたために
神ですら復活が不可能と言う状態でした


森の魔物か?

サウンドホライズン!(謎の掛け声)

そしてジェラート、私を見て言ってるのでしょうけど
私がいくらヌけているからって
台所吹っ飛ばすような大事故起こすことはないですからね?

そんなに信用ない!?

 

その「ギッチン」とは、プライドトルーパーズをして
「ギッチン様」と言われるほどの人物で
破壊神ベルモッド様とも親友だったようです
ただ、彼は弟子のジレンの卒業を認める事のないまま
死亡してしまいました
ジレンの未練はそこにあるのです
彼はどうしても師匠に自分を認めてもらいたい
その一心でひたすら強さを求めていたのでした
ですが、彼の師匠が彼を認めなかった理由
それをベルモッド様は知っていました
それは「チームワーク」
ジレンの求める強さはあくまで彼の「個人」の持つ物であり
「仲間との共闘」「助け合い」はそこにはありません
そしてソレはジレン自信が見つけるべき答えのため
答えを知るベルモッド様もそれを伝える事はありませんでした
そうして今に至るわけです

 

・決着!!

 

ベジータ王子が落され悟空さんも追い詰められたその時
今までサボって体力を温存&回復のために目立たないどっかで休んでいた
フリーザさんが参戦!
すでに惑星を破壊するあの大技「デスボール」は完成しており
ジレンめがけてそれを放ちます
(悟空さん巻き添えですけど、彼はそんなこと気にする性格じゃないので・・・)
(と言うかむしろ、その気がありまくりだったでしょう)
ですが、それを弾き飛ばすジレン
しかし・・・「デスボール」は囮でした
そちらに気を取られていたジレンめがけ
ゴールデン化フリーザさん渾身の体当たりが炸裂!!

これにより3人とも落下します

本当にフリーザさんを連れてきたのは大正解でしたね

さて、闘技場の上には誰もいなくなりました
・・・と、思われましたが・・・
なんと、自爆(のフリ)をしていた17号さんが
「人造人間だから気そのものがないため探知されない」という特性を利用して
瓦礫の下に隠れていたのでした

彼は最初からフリーザさんと口裏を合わせていたのです
勝利のために!!


敗北したジレンを迎える第11宇宙の面々
ベルモッド様は彼を責めず、逆にギッヂンを生き返らせてやれないことを謝罪します
そして、ジレンの願いの「もう一つの意味」を彼は知っていました
それは「大切な人ともう一度一緒に居たい」という
とても純粋なありふれたものだったのです

潔く第11宇宙と運命を共にする破壊神とプライドトルーパーズ

こうして残った第7宇宙の勝者17号さん
彼の願いは「今回の戦いで消されたすべての宇宙を元に戻す事」でした
と、いうわけで
全ての宇宙が人々と選手たちと共に元に戻ります
17号さんの心掛けによって第7宇宙の順位も上がりました

めでたしめでたし・・・
とはいきませんでした

ベジータ王子、奥さんに無断で17号さんにクルーザーをプレゼントしてしまったらしく
大目玉

怒るブルマさんを前に
悟空さん、逃走!

残ったベジータ王子は奥方の剣幕を少しでも和らげるべく
育児に積極的に参加するのでした

ちゃんちゃん♪


フリーザさんが復活したことは問題ではなく
エビシャコ的に大歓迎なのでOKです!

なお、「ブロリー」は「復活のF]よろしく割愛された模様
幕間のブロリーにトドメ刺そうとする悟空さん
めちゃくちゃ外道に見えますよ;

主人公がフリーザさんより酷いことしてはいけませんよ;

 

 

・拉致!

 

戦いが終わり平穏が戻ったZ戦士たちですが・・・
新たな異変が彼らを巻き込みます
魔人ブウ拉致作戦の指揮を執る「復活のF]やスピンオフコミック「銀河パトロール ジャコ」で活躍した
銀河パトロールの「ジャコ」
・・・の仲間でエリートパトロールの「メルス」が襲来!
スルメですね♪)

ただの隊員ではなく、麻酔銃使用とはいえ悟空&ベジータ王子の
Z戦士最強コンビを軽く手玉に取り魔人ブウと一緒に拉致するほどの
実力を見せ
強盗3兄弟の「マカレニ兄弟」(名前がそれぞれ「パスター」「ペンネ」「ゲッティ」だそうで)も
悟空&ベジータ王子の助けがなくても拿捕可能な手はずを
人質救助をこなしながらもこなすほど


これ本当に好きです

それはスパゲティとやらでやる味付けであって、
焼きそばやラーメンにまでやるのはたぶんお前だけだぞ?


美味しいからいいのです!

 

・「モロ」の復活

あなたじゃないです;

そんな彼らですら「魔人ブウ」
・・・と言うよりも彼の中身の
「大界王神」を引き出さないとどうしようもない相手
それが脱獄しました

「星喰いのモロ」
(地球防衛軍の「アースイーター」とは違いますよ?)
惑星の生命のエネルギー強制的に奪い捕食してきた存在です
私の手持ちに「デスギドラ」って子がいましてね・・・
なんとなく似てるような・・・

ただし彼はデスギドラと違い動物の生命エネルギーも
容赦なく捕食します
(「動物から吸収するのは非効率的」という理由でデスギドラは植物のエネルギーを好む傾向にあります)

惑星そのものから指先一つで全生命エネルギーを吸い取り枯らし捕食することで
どんどん強くなっていきます
「大界王神」と対峙した時点で「イラギ星系」含む32oの惑星を「死の星」に変えたそうで・・・

ちなみに「イラギ」とは
アオザメのフカヒレの干物のことです

最終的に「大界王神」がその力の大半を犠牲に力を封印
それでも強すぎるため死刑にすることができず、
100万年ほど収監されていました
が・・・
「何者か」によって魔力がよみがえり脱獄したそうです

しかし「イラギ星系」含む320の惑星
・・・作れるのではないですかね、「あれ」を


「あれ」だと?

 

・クランベリ

ちがいます

フリーザ軍の脱走兵です
アニメでは「ブールベリ(ブルーベリー)」「ラーズベリ(ラズベリー)」と出たので
いつ出るかとドライフルーツ齧りながら待っていました


前から思っていたのだが、お前がよく食っているモノは「非常食」に本来該当するものではないのか?


非常時以外に食べてはいけない、というルールはないのです


そうか(こいつには何を言っても無駄だな)

ちなみにクランベリー(コケモモ)は
静岡が誇る霊峰「富士山」に残る伝説にも所縁のある果実でして・・・

隣の山梨とか言う県もお前と同じことを言って

キシャアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアア!!!!!

【しばらくお待ちください】

【大変長い説明になるので分かりやすくエビシャコが言いたいことを】
【コミック「ゆるキャン」の一場面を用いて表します】

OK?


分かった(それだけ説明するのに何故3時間もかけるのかが分からんが)

 

さて、話を戻します
モロさんを運ぶ宇宙船を操作する彼は
以前から「ドラゴンボール」を再び探すべく
ナメック星の場所を探し出し再び使うことができる仲間を
刑務所でも探していました

そんな彼の願いは「フリーザ軍の手の届かない遠くに行く」こと
まぁ、あのフリーザさんが脱走兵とか許すはずないですからね
普段ノリ勢い気まぐれな恐怖の独裁者と思われてますけど
管理に関してや取るべき行動の指針とかには真面目な人ですから

そのあたりはベリブルさんやコルド大王の教育の賜物ですね
ただ力が強いだけでは「軍」を維持管理などできませんから

 

 

・ナメック星の悲劇再び?

 

「ドラゴンボールZ」をご存知の皆様は知っていると思われますが・・・
「ナメック星人」は本来大人しく、水だけを飲む温厚な種族です
転生転職前の元祖ピッコロ大魔王や映画の「スラッグ」は別というか例外中の例外

ナメック星人お手製の元祖ドラゴンボールはボーリングの玉くらいに大きく
願い事も3つ

従来は
それぞれのドラゴンボールを持つ村の長老と
力・技・知識などで勝負し認められた者のみが貸与の権利を与えられるという
これだけで別の物語が一本作れそうな試練が必須なのです
最後の一個はナメック星人の長である「最長老」が所持しており
彼にも認められて初めて3つの願いをかなえる権利を手にすることができるのです

従来は

フリーザさんやベジータ王子は村を襲って力づくで奪い取っていましたが
こんなの反則以外の何物でもないですからね

もちろん、こういう事態を彼らが想定していないはずがなく・・・
願いを叶える「神龍」を呼び出すためと願いを言うためには「ナメック星人の言語」が必須
そして地球のドラゴンボールが地球の神の命と連動しているのと同じく
ナメック星のドラゴンボールは「最長老」の命と連動しています
そのため、調子に乗ってバカスカ殺しまくったフリーザさんは
全部集めた後で神龍が出てこないことで「何かあるんじゃないか?」と気づき
殺しまくったことを今更後悔
(この時点で生存しているのは寿命間近の最長老と護衛の戦士ネイルとデンデくらいという・・・)
ギニュー隊長らに船とドラゴンボールを任せ、自ら生き残りの場所へ向かうのですが・・・
行ってる間にベジータ王子と彼と組んだZ戦士チームが襲来
その上、ネイルの時間稼ぎに気付かず遊びまくった結果
気付いたときはギニュー特戦隊全滅してた上に神龍も呼び出された後
さらに間の悪いことに、すっ飛んで到着した時には
ちょうど最長老の寿命が尽きて目の前でドラゴンボールがただの石の球体と化した時で・・・


で↑こうですよ

多分この御方の場合、自分が最長老殺すという大ポカやらかしても
逆切れして同じ展開になっていそう・・・

この後、3回ほど変身してZ戦士を追い詰めますが・・・
調子こいてクリリンさんを殺したことで悟空さんがキレてしまい・・・
スーパーサイヤ人になった孫悟空の活躍でフリーザさんは打倒されましたが
ナメック星は追いつめられたフリーザさんが事前に放った「デスボール」で核を射抜かれていて
爆発寸前(スーパーサイヤ人化の時点で爆発まで5分ほど)
二人の戦闘中に「フリーザたちに殺された」ナメック星人は生き返らせてもらい
安全な地球に飛ばされました
そこでしばらく過ごした後、彼らはフリーザ軍残党ら悪人の手の及ばない遠くに去っていきました
が・・・今回またナメック星人たちに危機が迫ります

彼らの居場所は、悟空さんが「気を感知して瞬間移動で行き来が可能だった」ことから
お分かりいただけるように・・・
安全ではあるものの探そうと思えば見つけられないことはありません
彼のように「気を探知して探す」ことができる者なら
神龍が探し出した格好の隠れ場所と言えど例外ではないのです

と、いうわけで彼らの場所はモロさんにあっさりバレます
が、運よく悟空さんもその方角にナメック星人の移住先があることを悟り
しかもたまたま「モロ捕縛班」として行動中だったので急行
モロチーム到着前にギリギリのタイミングで到着しました

なお、前述した通り「フリーザたちに殺された」ナメック星人は生き返らせてもらいました
が、襲撃時点でフリーザ軍を裏切っていたベジータ王子は
「フリーザたち」とは無関係だったので彼に殺された人々は復活不能に・・・
しかし今のベジータ王子はそのことをとても後悔しているようで
進んでナメック星人を守る戦いに身を投じます

あのトガっていたころの彼の映像をぜひともトランクス君たちに見せて(ギャリック砲#

そして船から降りるモロさん
1000万年ぶりの新鮮な空気を堪能します

彼がまず行った事は「食事」
彼の視点だとナメック星人は「質の良いエネルギーを持つ獲物」だそうです
デスギドラが動物よりも植物を好むのと似たような感じかと


お前は動物質の物を好む性質だがな


それは好みの問題なのです(キリッ

モロさん、悟空さんたちを無視して手を伸ばします
その先には逃げ遅れたナメック星人の子供「エスカ」が・・・

つまりエスカルゴですか
よりによってそんな美味しそうな名前にするとか
それは狙われるに決まっているでしょう
しかも、恐らく生まれてまだ数年
小さくてすごく可愛いです!!


お前いつかウルトラ警備隊にお前が意図したのとは別の容疑で捕まるぞ?

まぁ、当然ながら悟空さんたちに阻止されるのですが
二人を「敵となり得る脅威」と認識したモロさん
マントを脱いで戦闘態勢!

ここでは書ききれないので
コケモモの伝説を含む内容については
後日コラムにまとめます

ではまた

 

 

 

 

ポチリとお願いします


人気ブログランキングへ
にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
にほんブログ村

 

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ