【まんが・コミック感想】小林さんちのメイドラゴン8 クール教信者【レビュー】【ネタバレ注意】

LINEで送る
[`google_buzz` not found]
[`yahoo_buzz` not found]

小林さんちのメイドラゴン8 クール教信者

 

カンナちゃんちの家庭事情解決編です

小林さんちのメイドラゴン8 クール教信者

あらすじと感想

 

こんにちは、こんばんは
エビシャコです

レビューまいります

 

・キムンカムイとカンナカムイ

 

 

魔術師「アーザード」同伴でキムンカムイ様がやってきます
が・・・
彼はカンナちゃんをあくまで「戦力」としか考えておらず
(キムンカムイ様たちのようなドラゴンたちはそれが普通らしいですが)
小林さんが当然激怒
塩対応されたせいでカンナちゃんもご立腹に

カンナちゃんやけ食い
人間を食いまくるよりはましですけど
凄い量のパンです

 

この人たちに比べればだいぶマイルドな食事風景ですね

 

・魔術師アーザード

 

混沌勢キムンカムイ様の傍にいながら
何故か調和勢ルミネースさんのとこにも行っています
なんと彼は、双方の勢力をスパイしている二重スパイなのでした
が・・・
ただの二重スパイならいいものの
キムンカムイ様には「相手は戦いを望んでいる」
ルミネースさんには「相手は人間をむやみに虐殺しこっちも滅ぼす気」と
双方の対立を煽る嘘情報を吹き込んでいました
調和勢でも穏健派のルミネースさんも動かざるを得ないよう
危機感をあおる形で

ちなみに、キムンカムイ様は
「相手が誰だろうと全力で受け止める!」という
腕っぷしおじさまなので
挑戦すれば受けて立ってくれます

男塾に入ったらすぐに適応しそうですね

「挑戦」は血なまぐさいことや物理とは限りません、例えば
戦や力比べ以外でも「文通」とかでも
(このおかげで小林さんちと彼との間でやり取りが成功することに)
なので、別に武力衝突でなくても
議論とかでもOKなわけです
「怒って手を出したらその時点で負け」とルールを設定すれば
彼は絶対に物理攻撃ができません

アーザードの動きはイルル様がこっそり後を尾行して発見
アーザードもイルル様に気付きます
アーザードはなんと、逃げずにイルル様に攻撃を選択
亜成体とはいえ「混沌勢最過激派」に所属していた彼女を相手に
無謀な挑戦と思われましたが・・・
イルル様に深手を負わせて撃退しました

 

アーザードはドラゴンに有効な「聖剣」
「竜の攻撃は防ぐ」聖骸布の衣服を着ていました
これが勝因のようですが・・・
相手がトール様だったら「竜の攻撃防ぐ」と言ってしまった時点で
負け確定でしょう
と、いうのは
こういう「OOOの攻撃は効かない」アイテムと言うのは
逆に「OOO以外の攻撃には紙装甲」なことがほとんどです
つまり、特定の属性や種類に専門的に特化して強い反面
専門でない属性や種類にはてんで弱いわけです
なので、トール様でなくても
例えば小林さんや才川さんが
普通に石を投げただけであっさり負傷するでしょう

それに、服がカバーしていない部位
例えば頭などを狙われても大丈夫かどうか・・・ですね
多分大丈夫じゃないでしょう
「OOOの攻撃は効かない」アイテムは
融通利かないのが常なので

 

・カンナちゃんの決意

 

イルル様が傷つけられたこと
カンナちゃんを巻き込もうとしていることで
トール様はアーザードを殺す決意をします

不殺非戦穏健派でも「身内に手を出される」はブチキレて「アイツぶっ殺す!」となる効果的手段ですので

さらに彼女が知人や小林さんたちと話し合ったり
ファフニール様に特訓してもらったりしてる間に

カンナちゃんは「父親からの手紙」(アーザードが書き換え済み)
呼び出されてキムンカムイ様の世界へ

そのために、カンナちゃんは才川さんに別れを切り出しますが・・・

賢明なブログ読者の皆様
分かりますよね
こんなことしたら

どうなるか

例えば
燃料満載のタンカーの貯蔵庫の蓋を開けて
松明投げ込んだら
どうなるか

大爆発ですよね
吹っ飛びますよね

と、いうわけで
こうなります

「バーサーカー=サイカワ」爆誕!!


顔から出るものを全部出して
首をおかしな角度に傾けながら
カンナちゃんを全力で追いかけ
飛び掛かり!

カンナちゃん
今までの決意もドラゴンとしての一応の矜持も
全部かなぐり捨てるレベルで
ガチで恐怖します

信じられますか?
ドラゴンが涙目になって
悲鳴を上げるしかできない状況と言うのを
想像できますか?

この場合の対応としては
キムンカムイ様を相談役として呼ぶのが
良さげかもしれません
ドライに見えてまっすぐな性格なので
この才川さんも全力で受け止めて
良い話し相手になってくれるでしょう

友人として付き合うと
尊敬に値する結構良い人物だというのが
この巻を読み進めると分かります

子供への接し方が人間でなく
ドラゴン基準なんでおかしなことになってるだけで

しかし才川さん
本当に、何者?

 

・「いたずら」炸裂

 

小林さんとトール様はカンナちゃんを追ってキムンカムイ様の世界へ
ちょうど両陣営がにらみ合うど真ん中へ出ます
「終焉帝の娘の出現」に「キムンカムイ軍の増援」と恐れ戦く調和勢
まぁこっちはいいとしまして
問題は・・・混沌勢
「トールは離反した逃亡者」という誰が流したかわからない噂を鵜呑みにして
調和勢ごと潰そうと目論みます
あとで粛清されますね、これは
「終焉帝もぶっ倒して、オレが混沌勢のニューリーダーだ!」と
宣言したというウワサが広まるのはそうかからないでしょう

(・・・スタースクリーム、あなたは座っててください)

(シーコンズとメガザラックはそこで待機)

事が事だけに、終焉帝様 御自ら赴いて問い質す流れになるのは
想像に難くありません

そんな中、カンナちゃんは以前「いたずら」で壊した
龍玉の再生をすべくキムンカムイ様の館にいました
カンナちゃんと二人きりになったアーザードは
自分の目論見である
「両勢力を争わせて潰す」を暴露します
そしてカンナちゃんを殺そうとしますが
そこへ小林さんからカンナちゃんへ連絡
そして、カンナちゃんは小林さんちから「あるもの」
持ち出していました
カンナちゃんはそれをONにします
結果・・・
両陣営のど真ん中にて
アーザードの目論見は暴露されました
「ボイスレコーダー」というアーザードも知らない文明の利器は
「声を録音してそのまま保存する」と言う性質のため
シンプルすぎる故に改変不可能
そしてそれが功を奏し、ルミネースさんもまた
アーザードの裏切りを確信するのでした

「調子こいた敵キャラは墓穴を掘る」の典型例ですね

 

・決着

 

カンナちゃん経由で裏切りをキムンカムイ様にまで知られ
追い詰められたアーザードは「龍玉」を暴走させ
魔力の性質を良く知る周囲のドラゴンを暴走させ操ります
が・・・
そこにエルマさんとファフニール様が
滝谷さんの依頼で増援として到着

ドラゴンたちを彼らに任せ、トール様はアーザードのところに飛びます
アーザードはキムンカムイ様を従えていました
なお、キムンカムイ様のドラゴンとしての姿は
アイヌ語のそのままの名前(ヒグマの神)の通り
巨大なクマのような御姿でした


畏怖と尊敬の念を
抱かざるを得ません

ルシファー様ほどではないとはいえ

な に か ?

 

それと
カンナちゃんは全然似てませんね


彼女の真の姿はちょくちょく出ますが
どう見ても「クマ」とはかけ離れています
むしろ哺乳類ではなく両生類か爬虫類系
となると、彼女は母親似でしょうか?

話を戻します
トール様と同格のキムンカムイ様を操作することで
勝ち誇るアーザードでしたが・・・
小林さんの事を全く勘定に入れてなかったこと
彼女が何をしてくるかを全く考えなかったことで
またも墓穴を掘ることに
小林さんは魔術師の才能があったわけですが・・・
その一生分の才能と魔力全部をつぎ込んで
巨大な龍玉をその場で形成
キムンカムイ様をソレで思い切りぶん殴って
決着を付けました

手駒をすべて失ったアーザードは逃亡を図りますが
その前にルコア様が現れます
二人はどうやら、知人同士のようで・・・

アーザードがドラゴンたちを壊滅させようとした理由
それは、かつてドラゴンに襲われて犠牲になった妹の
復讐のためでした
が・・・
すでにその復讐の念はかなり歪んだものになっていると言わざるを得ません
「傍観勢」であり世界の監視者の一柱であるルコア様がやってきた時点で
彼はすでに「やりすぎた」と明らかに分かるわけですが
小林さんと言う「異世界に住むドラゴンと無縁だった一般人」が
たまたまトール様に出会ってそこへトール様がメイドとして転がり込んで
彼女を頼って家出したカンナちゃんもやってきて・・・
という具合で形成されていった争いと無縁の小林家
彼はわざわざ世界を渡ってキムンカムイ様らを利用してまで介入し
一員であるイルル様を傷つけカンナちゃんを無理矢理引きずり込んで
小林さんたちが介入せざるを得なくしたのですから
完全に「復讐の対象」の範囲外の人たちにまで
「かつての無力だった自分」にまで手を出しています

これはもう復讐とは呼べませんし
何より彼自身が彼がもっとも忌み嫌う「他者を見下し踏みつぶすドラゴン」に
成り果てていると言っても過言ではないでしょう

「怪物を殺すものは自分が怪物にならないよう気を付けよ」

「深淵を覗く時は深淵もまたお前を見ている」

肝に銘じましょう

それとですね
小林さんちに手を出したのが彼の最大の敗因だったかと思われます
カンナちゃんを引き込む真似やイルル様を傷つける事さえしなければ
トール様たちは介入しなかったでしょうし
キムンカムイ様もカンナちゃんに連絡を入れることもなく
そもそも異世界の出来事なので彼女たちは知る由もなく
全て終わった後で知る事になったとしても
不思議ではありません
つまり、余計な気さえ起こさなければ
少なくともキムンカムイ様のいる世界のドラゴンは壊滅し
彼の目論見は成就していたのです
彼は最初から最後まで自分で自分の首を絞めて破滅したわけです

ルコア様はただ前に立っただけでしたが
トール様が追い付くのに十分な時間稼ぎになりました

ここでも彼は墓穴を掘ります
ドラゴンに有効な「聖剣」と「竜の攻撃は防ぐ」聖骸布の衣服
最後までこれに頼りきりだったことが敗因でした

トール様はそれに対し
「両刃の剣でも刃以外の部分では斬れない」という武器の特徴と
「竜の攻撃は防ぐ」聖骸布の衣服に守られていない頭部を狙うことで
「聖剣」をへし折ってアーザードを殴り飛ばし
決着を付けました

戦闘経験の差ですね
ちなみにトール様は「聖剣」と会うのはこれが初めてではなく
小林さんと初対面した時に
直前の戦いで唯一神にそれを刺されて瀕死でした

(訂正追記)失礼しました、正確には「神剣」でした

(ボソ・・・)カンナちゃんの親権をめぐる争いだっただけに(違

訂正してお詫び申し上げます

それはマジでやばいのでやめてください

 

・残った「謎」

 

初めて「一撃でノされる」という体験をして
半ば呆然としているキムンカムイ様
さらに小林さんと話をして「違い」に打ちのめされます
恐らく生まれて初めての「敗北」を認め
小林さんにカンナちゃんを託す決意をしますが・・・
カンナちゃんはそんな彼に娘として泣きつきます

恐らく初めて彼女へ「父」として接するキムンカムイ様

不思議なことではありません

彼は彼女の誕生時に自分の名前「カンナカムイ」を譲るという行動をしていました

つまり元々、自分でも知らないうちに娘である彼女に特別な感情が芽生えていたのでしょう

そして今回それにようやく気付き、目覚めたという事ですね

「名前を譲る」「自分を別の名に変える」、

矜持が高く言葉の意味を知るドラゴンにとってそれは自分の命を捧げるに等しい行動と言えます

よほど特別な相手でもない限り、決してしない事です

二人はようやく本当の意味で
「父娘」になれたのでしょう

カンナちゃんを置いて一足先に帰る小林さんたちでしたが
カンナちゃんはキムンカムイ様に
「今しかいられない人と一緒にいるように」と言われ
小林さんたちを追いかけて帰宅するのでした

そしてその頃、小林さんちでは
お留守番のイルル様に才川さんが
顔から出るものを全部出して
カンナちゃんを求めてやってきていました

才川さん、さりげなくイルル様の
核ミサイルクラスのおっぱいを揉んだり顔埋めたり・・・

それより150ページ一番下のコマの顔見て
旧支配者の方々を見知っていて
SAN値チェック不要なはずのエビシャコが
腰を抜かしましたよ?

それと8巻ひっくり返したらすごいスタンド出してましたね
私の半自律スタンドが怯えて出てこなくなったんですが
なんなんですか本当に!?

落ち着いて!!

 

さて、大団円と思われますが・・・
アーザードの家族を殺したというドラゴンが謎です
まずトール様ではありません
ルコア様は話しぶりからすると
ドラゴンに襲われて瀕死だったアーザードを助けた存在とみるべきでしょう
(そもそも「神」の一柱なのでアーザードも警戒はそれほどしなかったと推測)
ファフニール様に襲われて生きてる人間がいるはずないですし
エルマ様は人間を捕食するよりも人間の食べ物が好きで
人間と一緒にいる事を選んだので
戦争に加担しない限り人を襲うことそのものをしないでしょう
イルル様だったら対峙した時点でアーザードが言い出さないわけがないので
これも除外
キムンカムイ様かカンナちゃんであったら
こんな「双方を争わせて潰す」をせずに調和勢だけに加担していたでしょう
それに、イルル様の家族を殺した相手と言うのも
現時点ではっきりしていないわけで・・・
(アーザードがやったとしたらイルル様を相手した時に
絶対に言ってるはずなので)

さらに、混沌勢に広がっていたウワサ
「トールは離反した逃亡者」
もちろん、嘘です
そして勢力トップは他ならぬ彼女の父である終焉帝様
トール様が彼の娘である以上
そんなウワサを流すこと自体「反逆の意思あり」とみなされるに足る
危険行為かつ自殺行為です
では、一体誰がそんな話を流したのか・・・?
さらに、トール様とエルマさんの会話で
「100年後の戦争」というワードが出ます
キムンカムイ様は本来、それにカンナちゃんが壊した龍玉を使う
予定であり、集めている軍勢もそれに備えてだったそうで・・・

これらの謎は
これから明らかになるかもしれませんね

ではまた

 

(追記)

エルマさんがあちこち傷だらけの状態なのに対し
両手ポケットに入れた状態で
調和勢リーダーのルミネースさんまでも片足であしらい
なおかつ無傷のファフニール様・・・
エルマさんってトール様と同じくらい強いドラゴンなんで
確実にファフニール様はこの御二方より実力はかなり上・・・
本気で殺す気で調和勢相手にしてたら
数分とかからず壊滅させていたでしょう

ポチリとお願いします


人気ブログランキングへ
にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
にほんブログ村

 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ